Web2.0 Strategy
(Web 2.0: ストラテジー)

 

1. User Create Value

2. Networks Multiply Effects

3. People Build Connections

4. Company Capitalize Competences

5. New Recombines with Old

    「新」が「旧」と再結合する

5.1 Styles of Innovation

     イノベーションのスタイル

5.1.1 Competitive or Collaborative Innovation?

     競合的イノベーションか、協働的イノベーションか?

5.1.2 Styles of Collaborative Innovation

     協働的イノベーションのスタイル

5.1.3 Democratized Innovation

     民主化したイノベーション

5.1.4 Crowdsourcing Innovation

     クラウドソーシング・イノベーション

5.1.5 Open Source, Ecosystem, and Platform Innovation

     オープンソース、エコシステム、プラットフォームのイノベーション

5.1.6 Online Recombinant Innovation

     オンラインの再結合イノベーション

5.1.7 Bridging, Not Disrupting

     破壊ではなく「橋渡し」として

5.2 Integrating Ecosystems:       

         Apple's iPod

5.3 Working with the Carriers:

         Jajah

5.4 More Recombinant    

      Innovation: The iPhone

5.5 Lessons Learned

5.6 Questions to Ask

6. Business Incorporate Strategies

-----------------------

【References】 

・"Web 2.0: A Strategy Guide"

 by Army Shuen

 O'REILLY, 2008.

5.1.2 Styles of Collaborative Innovation

5.1.2 協働的イノベーションのスタイル

In the new-style online collaborative innovation, the entire perspective of innovation changes. 

We move away from a situation in which new and old companies compete in an industry for competitive advantage in capturing new and old markets using different kinds of innovative technologies. 

Instead, we have big and small companies whose users collaborate, often across industry boundaries, in innovative ways. 

So, the fundamental axes of the collaborative innovation matrix are different from those of the competitive innovation matrix

 一方、新しいスタイルオンラインの協働的イノベーションの場合、イノベーショ

ンの展望全体が異なってくる。1つの業界の新旧の企業が新旧の市場で、異なる革

新的技術を駆使して優位を競う時代は終わった。かわりに、ユーザ同士が協働する

大手企業と中小企業が、業界の垣根さえまたいで手を組むようになってきたのだ。

「協働的イノベーション」の分類を図示するとすれば、その縦軸と横軸は先に示した

競争的イノベーションのマトリクスとは異なってくる。

The styles of collaborative innovation are distinguished by whether the collaborative interaction is between

 ・Crowds of users, called user-led or democratized innovation. 

 ・Dissimilar companies, called recombinant innovation. 

 ・Crowds collaborating to solve problems for companies, called crowdsourcing. 

 ・Companies that provide new platforms on which innovation communities and ecosystems can form, including open source, ecosystem, and platform innovation

協働的イノベーションのスタイルは、次のように分類できる。

 ・ユーザ主導イノベーションまたは民主化イノベーション

   協働的イノベーションが群集(クラウド)のあいだで発生する。

 ・再結合イノベーション

   新旧の企業間の協力によってイノベーションが発生する。

 ・クラウドソーシング

   群集が企業のために問題を解決する。

 ・オープンソース、エコシステム、プラットフォームのイノベーション

   イノベーションを起こすコミュニティやエコシステムが形成されるよう、企業

   が新しいプラットフオームを従僕する。

This yields a number of different paths for innovation, as shown in Figure 5-3. 

異なるイノベーションの経路をマトリクスに示すと、図5-3のようになる。

Figure 5-3. Types of online collaborative innovation

図5-3 オンラインの協働的イノベーションのスタイル