Thiland-4_ja


放送事業法

2551(2008)できないこと

                                                
 
プミポンアドゥンヤデート、REX;

    26日に与えられた目の 2551年、BE月の日。

                                           63ビーイングRDの現在の統治の年。

                    

プミポンアドゥンヤデート国王陛下は、丁重にそれを宣言することを喜ばしく思います:

 

それは、放送事業についての法律を持ってするのが有利であるのに対し、

 

この法律は、セクション32、セクション33、セクション35、セクション36、第41条、第43、第45条と併せて、セクション29の点で、第46条の個人の権利と自由の制限に関連して特定の規定が含まれていますとタイ王国憲法の第47ので、法律のおかげで可能にする;

 

              次のようにそれは、従って、、で、国会の助言と同意を得て、王によって制定される: 


              セクション1この法律は、"2551(2008)、BE、放送事業法"と呼ばれるものと


              第2節この法律は、官報での公表の日の翌日から施行する。

 

第3節以下は、廃止する。

           (1)音声放送とテレビ放送法は、2498(1955)する;

           (2)音声放送とテレビ放送法(第2)、2502(1959)する;

           (3)音声放送とテレビ放送法(第3号)、2521(1978)する;

           (4)音声放送とテレビ放送法(第4)、2530(1987)してください。

 

            第4節この法律では:

              "放送サービス"はラジオ周波数を割り当てて、放送と通信のサービスを規制する組織法上の放送事業を意味する。

"テレビサービス"は、無線周波スペクトルを割り当て、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制するための組織上の法の下でテレビ放送を行う事業をいう。

              "無線周波スペクトルを使用してラジオ放送事業やテレビ放送事業は、"ラジオの放送事業やテレビ放送事業は、無線周波スペクトルを割り当てるために、組織の法の下で無線周波数スペクトルの割り当てを要求すると、音を調節するために必要なことを意味放送、テレビ放送と通信のサービス;

"ラジオ放送のビジネスやテレビ放送事業は使用しない無線周波数スペクトルは、"組織に関する法律に基づくスペクトル無線周波数スペクトルを割り当てるためにrap8dio周波数の割り当てを要求するために必要とされていないラジオ放送事業やテレビ放送の事業を意味し、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制する。

              "ネットワークは"ワイヤー、無線周波数スペクトル、光ファイバケーブル、電磁導電性によって、送信機のセットまたは駅から受信装置へのパブリックニュースや番組を放送するため放送事業者が使用する音や視覚的な放送の装置の相互接続システムを意味する波やその他の手段;

"ネットワークの所有者は"彼はラジオやテレビ放送事業の演算子であるか否かを、自分自身のネットワークまたはネットワークを運営する権利を有する者を意味する。

"駅"は、送信とプロバイダー自身のネットワークまたはその他のネットワークを介してにもかかわらず、ラジオやテレビの放送事業の公共情報やプログラムを提供するために使用される場所を意味します。

 

"基金は"無線周波数スペクトルを割り当て、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制するための組織に関する法律に基づく公益基金のための放送の発展を意味する。

"ラジオとテレビジョン放送事業のためのマスタープランは、"無線周波数スペクトルを割り当て、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制するための組織上の法の下で、ラジオやテレビ放送のビジネスのマスタープランを意味します。

"周波数は"無人災導体を持つ空間に伝播される300万メガヘルツ未満の周波数の電磁波である電波やヘルツ波を意味する。

"委員会は、"無線周波数スペクトルを割り当て、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制するための組織に関する法律に基づく国家放送委員会を意味する。

"メンバーは"国家放送委員会のメンバーを意味します。

"オフィスは"国立放送委員会の事務所を意味する。

"事​​務総長は"国家放送委員会の事務総長を意味します。

"有能な関係者は"この法律の下で任務を遂行する国家放送委員会によって任命された者をいう。


              第5節では。  委員会は、有能な公式や問題の通知を任命する力があるもの は、この法律の下で職務を行うために。

この法律に基づく委員会の通知は、関係者のヒアリングの配置に従うものとします。

通知は、官報で公表時に施行する。

 

第6節では、。  総理大臣は、この法律の執行を担当し、制御を有するものとする。

 

 

 

 

 

                                                                    

第I

ラジオとテレビジョン放送事業のオペレーション

                                                

セクション7。  ラジオやテレビ放送事業を運営する者は、この章の規定により委員会から許可を受けなければならない。

委員会は、この法律の下で、ラジオやテレビ事業とみなされるものとビジネスの特定の種類を規定する権限を有する。

セクション8この法律に基づく許可申請者がタイ国籍になっていて、アプリケーションの提出の日前までの三年間はまだ失効して放送事業免許で免許の停止も、ビジネスでのビジネスであってはならない。

セクション9放送事業免許は、ライセンシーの制限、譲渡不能な権利でなければならない。

ラジオとテレビ放送のビジネスライセンシーは、自ら約束を実施しなければならない。 時間配分は、他の人にプログラムを実行するには、この法に基づき委員会が定める基準及び手続に従い、許容される。

 

パート1

無線周波数スペクトルを使用してラジオやテレビジョン放送事業

                                               

 

               セクション10。    次のように無線周波数スペクトルの使用を必要とラジオやテレビの放送事業の免許の3つのタイプが存在しなければならない:

(1)                公共サービスを運営するライセンス:公共サービスを提供することを主な目的を持っている放送事業に付与されたライセンスであること。これは、3つのタイプに分類されます。

()   タイプワン公共サービスライセンス:知識、教育、宗教、芸術、文化、科学、技術及び環境の促進を目的とした放送事業に付与されたライセンスであること、他の職業の拡張子の農業及び振興、健康、衛生、スポーツや人々の生活の質の向上;

 

(b)の   タイプ2つのパブリックサービスライセンス:国家安全保障または公共の安全のために意図放送事業に付与されたライセンスであること。 

(C)   三公共サービスのライセンスを入力:政府と一般市民、そして議会と国民の相互理解を促進するためにニュースや情報の普及を目的とした放送事業に付与されたライセンスである;促進する可能性がニュースと情報の普及をニュースや情報障害者のための有益なサービスと恵まれないまたは利益団体、非営利活動を行うかの条項の規定に、国家元首として君主と政府の民主的政権の人々への教育の配布と提供その他の公共の利益のためのニュースと情報;

(2)    コミュニティサービスを運用するライセンス:それは受信者のコミュニティや地域のニーズに対応して有益であることを提供する、公共サービスの事業と同じ目的を持っている放送事業に付与されたライセンスであること。 

(3)    ビジネスの約束を運営するライセンス:利益は委員会が定める基準に従い、行うために意図放送事業に付与されたライセンスされ 、以下の少なくとも3つのタイプがあります:

(A)   国家レベルでビジネスを運営するライセンス:そのサービスエリア、国の全地域をカバーするラジオやテレビの放送事業に付与されたライセンスであること。

(B)   地域レベルでのビジネスを運営するライセンス:ラジオまたはそのサービスエリアが地方のクラスタをカバーするテレビ放送事業に付与されたライセンスであること。

(C)    地域レベルでのビジネスを運営するライセンス:そのサービスエリアのみ個々の州をカバーするラジオやテレビの放送事業に付与されたライセンスであること。 

 

セクション11公共サービスの事業を運営するライセンスの申請者は、次のとおりとする。

(1)省庁、機関、部門、憲法の下で独立した機関、地方行政、公共機関または法律の下で義務またはに従い、ラジオやテレビの放送事業を運営する必要性を有する状態の企業ではない、他の州の機関委員会が定める基準;

 

(2)協会、財団や他の法人は、客観的な持っているタイの法律の下で設定するのみで、公共の利益のものである活動を実施し、 委員会によって規定された自然と基準に従って、公共サービスの約束のための適切な;

委員会によって規定された自然と基準に従って目的や社会への知識の普及を学習し、教育の利益のために(3)高等教育機関。

 

セクション12コミュニティサービスを運用するために許可申請者が協会、財団や非政府組織であり、公共の利益のために非営利事業を運営する目的、またはのグループを持っているタイの法律の下で設定する他の法人でなければならないコミュニティを強化するグループに構成する法人ではない地域住民は。 オペレーションは、委員会によって規定された自然に従い、コミュニティサービスの提供のための適切なものでなければならない。

              段落いずれかに該当する事業の性質を規定するには、委員会は、事業の予防を含めた地域社会や地域の人々の多様なニーズに対応するはずのラジオとテレビ放送事業の効率的な運用を促進することの利点に十分な注意を持っているもの買収。

 

セクション13ビジネスの約束を操作する許可申請者がタイの法律の下で設定する法人でなければならないと、次の資格を有するものとする。

(1)地域や地方レベルでのビジネスの取り組みを操作する許可申請者は、場合によっては株主や投資家の少なくとも一つの三分のそれぞれの地域や地域に住所持っている法人でなければならない、と持っているもの安定した財務状況、会計監査制度と委員会によって発行された通知の対象操作の安定性を確保することができる他の資格;

(2)(1)におけるもののほか、ビジネスの他のタイプを操作するために許可申請者は、ラジオやテレビ放送の事業を主な目的を持っているタイの法律の下で設定する国営企業または会社でなければならない。

 

 

 

 

第14章第11条(2)に基づく許可申請及び(3)及び第12項では、有資格及び第8条に基づき失格とされていないことに加えて、資格を有するものと次のように失格を有していない。

(1)権限のある人はタイ国籍のものでなければならない。  

              (2)は、取締役または申請者の許可を得た者は、過去に取締役または放送事業免許が三年に管理業務の彼または彼女のパフォーマンスの結果として取り消されたとはまだアップされている他のライセンシーの許可を得た者を行われていない先願の提出日まで。

 

セクション15第13条の許可の申 ​​請者は、資格を有するとセクション8とセクション14に失格は規定がないことに加えて、以下の資格を有するもの:

(1)タイ人が法人の総資本の少なくとも四分の三以上の額で投資や自己株式の株式を持っている法人ビーイング。

(2)タイ国民は、法律に基づいてどちらかのパワーを持っている法人なので、関連のまたは法人の総株主の議決権の少なくとも四分の三の議決権の合意による論文。 

第13条に基づく申請者が会社である場合には、取締役および認定取締役の総数の少なくとも四分の三は、タイの国籍のものでなければならない。 

第13条に基づく申請者が合資会社または登録合名会社である場合には、マネージングパートナーまたはマネージャーはタイの国籍のものでなければならない。 

委員会は申請者のタイ国籍のない人がビジネスの買収の性質を持つ任意の他の行為を犯してから禁止を課すことができる。

この節の利益のために、それはタイの国籍の人が外国のビジネス上の法律の下で外国人とタイの国家が成立するか一票としてカウントされるものに投資する各共有ではない者をいうものとみなす。

 

セクション16出願人がラジオやテレビの伝送の駅のシステムと方法を特定するだけでなく、ラジオやテレビを提案するものにより、ライセンスアプリケーションおよびライセンスの承認のための手順は、委員会の通知で定める基準、手続及び条件に従うものと検討のための委員会への放送サービスプラン。

段落要素の配下にある通知は、ラジオやテレビジョン放送事業及び無線周波スペクトルを割り当て、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制するための組織に関する法律に基づく無線周波数計画のマスタープランに従うものとする。

 

セクション17無線周波数スペクトルを割り当てるための組織に関する法律に定めるとすると無線周波数スペクトルの使用を必要とする放送事業免許を与える場合には、委員会は、事業の使命や目的に十分配慮し、割り当てられた周波数を有するもの次のように音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制する。

(1)公共サービスのライセンスの発行は、法律の下で職務に十分な注意を取るか、公共部門に割り当てられた周波数を使用して、公共の利益のため必要に応じてはならない。

(2)コミュニティのサービスのライセンスの発行は、民間企業に割り当てられた周波数を使用することで多様なニーズ、資源と地域社会の公共利益に十分配慮を講ずるとともに、

(3)ビジネスの約束のためのライセンスの発行は、民間部門に割り当てられた周波数を使用してニュースやドキュメンタリーの適切な割合を提供する事業の特定の種類の公正かつ自由な競争とサポートの推進に十分配慮を講ずるとともに、

 

第18項ラジオとテレビ放送のビジネスライセンスは、費用対効果の持続時間に十分な注意を持って委員会、ビジネスの約束の目的、申請者の事業開発のための方向性、消費者の要求に、対等な競争で定める基準に従い、長期のものでなければならない演算子だけでなく、プログラムの品質評価の結果。

            ラジオ放送事業の免許は、7年を超えない期間を有するものであること。

テレビ放送事業免許は15年を超えない期間を有するものであること。

第2段落に基づくライセンスの有効期限の場合には、ライセンシーは、パラグラフ3歳未満のライセンスの有効期限の場合に対し、ライセンスの有効期限前に更新申請は、少なくとも九十日ではなく、一年以上を提出しなければならない。ライセンシーは、ライセンスの有効期限前に更新申請は、少なくとも九十日ではなく、二年以上を提出しなければならない。   

段落fourの下でアプリケーションを受信すると、欧州委員会は、委員会はのライセンシーに通知するまで、ライセンシーがそのサービスの操作を続ける可能性がある時に、アプリケーションを受信の日から六十日以内に注文の申請を検討し、通知するものと中止命令。中止命令を発行するには、委員会は、サービスの提供に比例して事業費を請求するものとします。

パラグラフ4およびパラグラフ5歳以下のライセンスの更新申請やライセンスの更新の承認のための手続は、委員会が定める基準、手続き、条件や期間に従うものとする。

 

セクション19ライセンス料は、無線周波スペクトルを割り当て、音声放送、テレビ放送や通信サービスを規制するための組織上の法の下で委員会で定める。

              ライセンシーは、無線周波数スペクトルを使用し、委員会によって決定されるレートで、ライセンスの種類によってラジオやテレビの放送事業を行うために毎年手数料を納付しなければならない。

第2段落の下のビジネスライセンス料の設定は、オペレータまたはサービスのユーザーに過度の負担をもたらすものではありません。 委員会はそのようなリソースの公共の利益、最適化、希少性と配分手続きに十分な注意を持っているものとします。

             人は彼のラジオやテレビの放送サービスがにとって有益なニュースやドキュメンタリーを提供することを委員会に示すことができれば委員会は、申請者または段落1と2の下でライセンスの課金料や関税からこの法律の下でライセンシーを減らすか、または免除することができる委員会が規定よりも高い割合で公開。

              段落four下の基準と手続きは、委員会が定めた規則に従うものとする。

 

セクション20。オペレーティングラジオとテレビ放送事業では、広報局、タイプワンとタイプ3の公共サービスのライセンス保持者は、州機関または状態の作品や操作に関連する広告やニュースの発信から除いて広告収入を生成してはならない企業、協会、財団やで定める基準に従い、直接および間接的に広告の資格、有用性または関連製品の品質をかけずに、組織、会社や業務内容のイメージを引き受けるか、ポーズを公益と非営利を目的とした他の法人、委員会。 

営業、ラジオやテレビの放送事業では、タイプ2つのパブリックサービスのライセンス保持者にのみ利益の意思を重視せずに事業のための十分な広告収入を生成するものとします。

 

セクション21は。動作するラジオやテレビの放送事業では、コミュニティサービスを運営するライセンスの保有者は、広告から収入を生成することを禁止するものとする。

 

セクション22。委員会は、関連する直接的および間接的な広告や他の収入を基に算出した総収入の2%を超えてはならない委員会が定めたレートで基金に毎年配分を行うために、営業許可証の保有者の義務を定めなければならない。ラジオとテレビ放送事業を認可。

サブスクリプションベースでの事業の場合には、段落要素の配下にある毎年恒例の配分は、直接および間接的な広告や基準に基づいて加入者にサービスの提供に関連するその他のサービス料から派生した加入者の費用、総収入から算出されるもの委員会で定めるものをいう。

 

セクション23。事業の営業では、事業者は広告、ビジネスサービスの提供、加入者の費用またはその他のソースからの収入を生成することがあります。

広告とビジネスのサービスの提供で構成されている段落の配下にある約束の場合には、委員会は、自然の基準に関する通知で処方する電力と広告とビジネスサービスの提供に専念することができる時間の最大量を持たなければならないしかし、これは十二を超えないものと時間と一日のための広告のための時間の総量あたりの分半は時間あたり10分の平均を超えてはならない。

サブスクリプションベースまたは段落の配下にある他のサービスの料金の徴収に関する操作については、第28条の規定を適用する準用。 

ライセンシーは、パラグラフ3歳未満の委員会が定める基準に従って、サブスクリプション率やサービスの提供のサービス料金や条件を変更することがありますが、これは、既存の契約に基づく期間内に加入者の権利に影響を及ぼすものではない。

段落twoとthreeの基準を通知することにおいて、欧州委員会は、サービス提供およびライセンシーの異なるタイプ間の公正な競争だけでなく、ライセンシーとコンシューマーの両方に対する公平性のコストに十分な注意を持っているものとします。

セクション24。ライセンシーは、委員会が定める基準に従い、委員会に真実かつ正確な収益及び費用が含まれている財務状況のレポートを提供するものとする。

 

パート  2

ラジオやテレビジョン放送事業では、無線周波数スペクトルを使用していない

                                               

 

セクション25無線周波数スペクトルを使用していないラジオやテレビの放送事業の事業者は、資格を有し、第8項、第14条及び第15条失格使用してはならない。

ライセンスの申請者の資格または失格を決定する際に、無線周波数スペクトルを使用してラジオやテレビジョン放送事業のパート1に規定する基準及び手順が適用されるもの準用。

第26条第25条の下で、ラジオやテレビの放送事業免許の認可では、第18条及び第19条の規定を適用する準用

部27無線周波数スペクトルを使用していないラジオとテレビ放送事業の監督及び規制の利益のために、それはサービス料のサブスクリプションベースまたはコレクションで動作するにもかかわらず、委員会は、通知に以下の基準を規定する権限を有する。

プログラムとプログラムのグラフの(1)の割合; 

(2)収入の発生; 

(3)放送されていたプログラムの記録と記録保管の期間。

第28条ラジオや他のサービス料金のサブスクリプションベースまたはコレクションで動作する無線周波数スペクトルの事業の利用を必要としないテレビ放送事業を営む者ライセンシーの動作では、委員会は、通知に規定する権限を有するサービス料、広告とビジネスサービスの提供に専念することができる時間の最大量、およびサービス提供の条件のコレクションのための基準。

広告と段落要素の配下にあるビジネスサービスの提供から収入を生成するには、委員会は、広告とビジネス用では最大6回分時間と時間の総量で広告とビジネスサービスの提供に専念することができる時間の最大量を可能にするもの一日のためのサービス提供は5分時間の平均を超えてはならない。  

第2段落の下の時間の最大量を決定する際に、委員会は消費者保護、市場における競争、サービスのコストとの無線を使用する必要がラジオやテレビの放送事業のライセンシーとの間の公正な競争に十分な注意を持っているもの周波数スペクトルの事業と無線周波数スペクトルの使用を必要としないラジオやテレビの放送事業のライセンシー。

第22条、第23段落の1つ、パラグラフ4つ、および24章の規定は、第25条の下でライセンシーに適用されるものとする準用。

 

パート3

駅の管理

                                            

 

              セクション29。ラジオやテレビ放送の事業を行うには、ライセンシーはライセンスに沿った放送を監督し、監督する各ステーションのディレクターとして、タイ国籍の者を選任しなければならないし、プログラミング、プログラムの監督に責任を負うことに特色と委員会が定めた法律や通知に準拠して駅の放送。

セクション30。それが実証されていない限り、それは彼らがのどの部分を取るか、またはそのようには同意を与えていないことを自らの行為であるかのように、ライセンシーは、ラジオやテレビの放送事業の監督及び管理のステーションディレクターの何らかの行為に対して責任を負わないものとアクションと合理的な注意は、その予防のために払われています。

                       

パート4

モノポリーの予防

                                               

                                                                                                              

              第31条多様なソースに由来する、またはマスメディアの同時多様なカテゴリを独占するの方法で行為を犯してパブリックニュースと情報を得る機会の制限の方法で支配的な権力の乱用からすべての人を防ぐために、ライセンシーは、することを禁止するものとするクロス事業の部類に属する保持または委員会が定める割合を超える周波数を使用して、ラジオやテレビの放送事業でクロスメディアを保持する。

いずれかのライセンシーは、段落要素の配下にある委員会の通知の規定に違反している場合には、委員会は彼のビジネスの株式が当該届出に合致しているように90日以内にその補正のためにライセンシーを注文する権限を有する。

セクション32公正かつ自由な競争を促進し、ラジオやテレビ放送事業における競争の独占、削減または制限につながる行為を犯したからライセンシーを防ぐために、ライセンシーの事業活動は、ビジネスの競争と特定に関する法律に従うものとラジオやテレビの放送事業の性質に応じて委員会が定める測定する。

ラジオやテレビの放送事業における競争の独占、削減または制限する行為は、関連するビジネスや特別に反競争的行為の方法で音や視覚的な信号を受信するためにインストールされている材料や装置の稼働率でstakeholdingを含まなければならない。


第II

ラジオとテレビ放送のビジネスプログラム

                                               

 

部33無線周波数スペクトルを使用してライセンシーのオペレーティングラジオとテレビ放送事業は、次のプログラムのチャートを設定するものとする。

(1)    公共サービスの営業ライセンシーは、七%未満ではないの割合で公共のために有用なニュースやドキュメンタリー番組を設定するものとする。

(2)    コミュニティサービスを運用ライセンシーは、七%未満ではないの割合で受信者のコミュニティや地域のための有用なニュースやドキュメンタリー番組を設定するものとする。

(3)    ビジネスサービスを運営ライセンシーは、25%未満ではないの割合で公共のために有用なニュースやドキュメンタリー番組を手配する。

             

 

地域や地方レベルでのビジネスサービスを運営ライセンシーは、委員会が定める割合で独自制作された番組を持つものとする。

              段落要素の配下にある公共の利益のためのニュースやドキュメンタリー番組は、ニュース番組、政府の民主的な政権に対する知識と理解の促進のためのプログラム、教育の振興のためのプログラム、倫理、芸術、文化、そして社会と経済の知識と理解の条項を含まなければならない。生命と環境の開発、品質。

 

部34ライセンスの各種類について、委員会が定めるライセンシーは、ライセンス事業の目的に準拠してプログラムのチャートを手配する。

子供と青少年を保護するための魅力的な必要性の場合には、委員会は、特定のプログラムの放送のための通知期間に処方することがあります。

ライセンシーは、少なくとも15日前までに彼らのラジオやテレビの放送サービスの開始日に委員会にプログラムのチャートを提出しなければならない。

委員会はプログラムのチャートは、委員会が定める基準を遵守していないと判断した場合には、委員会は、その補正のためのライセンシーを命じなければならない。  委員会は、その補正されたプログラムのチャートを承認したときは、ライセンシーがラジオを開始することができますその委員会によって承認されたプログラムのチャートに沿って、またはテレビ放送サービス。

ライセンシーは、以前の委員会によって承認されたプログラムのチャートを変更したい場合には、このようなグラフが変更前に少なくとも7日間の検討のため委員会に提出されなければならないと段落の4つの規定を適用する準用

魅力的な必要性と緊急の場合には、ライセンシーは、委員会が定める基準に従い、グラフから逸脱するプログラムを進めることができます。

 

第35条災 ​​害や緊急事態またはブロードキャストまたは公衆への警告を発表する必要性と政府または関連する国家機関の要求に応じている委員会によって規定された、他のケースが存在する場合には、ライセンシーは、要求どおりに行うものとする。

 

 

 

部36の促進と保護の利益のために障害者や恵まれない人々にアクセスしたり、学習し、同じように、ラジオやテレビの放送番組の利用を行う権利です一般の個人に、欧州委員会は、ライセンシーが使用可能な適切なサービスを提供することを確認するなど一定の基本的な施策を設定するものとこれらの特定のグループの利益のために。

委員会は、必要に応じて速やかに行動するライセンシーのための追加措置を定めることができる。 委員会は他の手段によって資金や補助金や昇進からの財政支援を提供することを考慮してもよい。

段落障害者や恵まれない適したいずれかの下に定められた措置を行うことを視野に、欧州委員会は、公聴会を開催や対策の策定への参加を強化するものとします。

段落かに記載の障害者や恵まれないの利益のために適切なサービスには、フルタイムの本の読書のプログラムまたは公共のニュース番組のために手話通訳、スクロール表示やオーディオの説明を提供するテレビ番組を提供する放送サービスが行われることがあります。

 

部37国家元首として君主や国家安全保障、平和と秩序または公共の道徳上の効果を有するか、または物理のわいせつまたは重大な劣化の性質を有するとともに、政府の民主的な政権を転覆するために誘発される問題を含む番組の放送人々の精神的健康を禁止する。

ライセンシーは、段落のいずれかに記載の性質を有するプログラムの放送を検討し、一時停止する義務を有するものとする。 ライセンシーは、そのような義務に基づいて行動する失敗した場合は、委員会によって割り当てられたメンバーが、どちらか口頭または書面で、に権限を有するすぐに放送を中断し、委員会は、遅滞なく、問題の事実の認定のための調査を行なわなければならない。

委員が言った行為が使用者の過失によるものであると認める場合においては、委員会は必要に応じて、その補正のためにライセンシーを注文する権限を有するか、場合に応じてライセンスを一時停止または取り消すことができます。

 

 

 

 

 

 

第38条ライセンシーは、テープまたはその他の視聴覚資料や再演されるかもしれないし、有能な職員によって検査のための材料を保持するものと任意の手段により放送されている番組を録画する原因となるものとします。

段落1と記録の保存のための期間で記録の対象となるそれぞれのプログラムは、委員会によって規定された通知に従うものとする。 持続時間は、少なくとも三十日であることが必要とライセンシーに過度の負担が発生しないものとする。

 

第III

ラジオとテレビジョン放送事業の運営によって損傷推進と党の職業倫理と保護の制御

                                               

 

第39条委員会は、デューティ職業または専門職のための倫理基準を設定するには、前後の職業または専門の自己規制を設定する場合、組織の様々な形にラジオとテレビ放送事業に従事するライセンシー、生産者とマスメディアの専門家の形成を促進するために行うものとする倫理基準の下で。

段落要素の配下にある組織の倫理基準の策定は、ニュースや情報へのパブリックアクセスの保護と組織の専門家と労働の権利と自由の保護を含む、ラジオやテレビの放送事業者との関係で消費者の保護に十分な注意を持っているものメンバー。

段落要素の配下にある組織の職業または専門職の制御では、段落要素の配下にあるそれぞれの組織は、組成と職業と専門家メンバー、学者や外部の専門家の適切な割合に考慮して、倫理統制委員会を設置しなければならない。

第52条規定の場所に倫理基準を置いている段落の配下にある組織は、基金を通じて委員会でサポートされる場合があります。

 

 

 

 

 

セクション40。プログラムの放送虚偽の情報から、または権利の侵害で被害を得る人は、他の人の自由、尊厳、評判、家族やプライバシーの権利は、委員会に苦情を申し立てることができます。

委員会は、遅滞なく損害を受けた関係当事者の救済のための第39条に基づく職業や職業を制御し、組織へのご意見と一緒にケースを送付する。 委員会は第39条の下で職業や職業を制御する組織の行動を監視しなければならない。 時その組織から報告を受け、欧州委員会は、遅滞なくその結果を申出者に通知しなければならない。

この章の下で実施結果については、セクション51(1)の下にアクションの一部とみなす。

 

 

第IV

基本的なネットワークのインストール、

放送ネットワークのアクセスと相互接続

                                               

 

部41。第49項の規定による営業のラジオとテレビ放送事業において、ライセンシーは、直立の極を設定するかにある、または線、場所のダクトを敷く、またはその他の関連機器をインストールし、そしてこれに基づく権利を行使するため必要な場合セクション、ライセンシーは、設定または架設極、ラインを通さないで、ダクトを配置し、実装前に承認を得るために委員会に関連する機器を設置の方向と境界プロフィールの詳細を示す図を提出しなければならない。

              委員会はパラグラフかに記載の承認したときは、ライセンシーは、電気通信事業法の第IV章の規定は、適用されるものと2544(2001)、BEにより続行する権利を持つものとします準用。 ナショナルの電気通信委員会の権限と責任をしなければならないの電気通信事業を運営するライセンシーにバインドされている権限と責任委員会のこの法律に基づく任意の権利と義務は、この法律に基づくライセンシーの権利と義務でなければならない。

             

 

 

 

電気通信事業法の第IV章の規定によると、2544(2001)、BE、いかなる行為が犯罪であることが規定されており、そのために罰が課される場合には、同じことが同じでライセンシーに適用されるものとする罰則。  

                   

部42。ネットワークの所有者は、ライセンシーがアクセスできるようにする義務がある、または委員会が定める基準及び手続に従い、自分のネットワークと相互接続するものとする。

               へのアクセスやネットワークとの相互接続の拒否は、次に掲げる場合に限り行うことができます。

(1)    既存のネットワークが他のライセンシーによるアクセスや相互接続には不十分である。

(2)    アクセスまたは相互接続は、国家安全保障に影響を及ぼす可能性があります。

(3)    アクセスや相互接続の干渉やその他のネットワーク所有者やユーザーの放送事業への閉塞を引き起こす可能性があります。

(4)    その他の場合は、委員会で定めるものをいう。

              第2段落の下で彼または彼女自身のネットワークへのアクセスを拒否するネットワークの所有者は、そのような拒絶のための彼または彼女の根拠を証明する義務を有するものとする。

              ネットワークへのアクセスや相互接続の料金は、ネットワーク所有者のために、ネットワークアクセスや相互接続のために要求するライセンシーに対して、合理的かつ公平でなければならない。また、ネットワークアクセスや相互接続のために希望者の間で非差別が存在しなければならない。

             段落要素の配下にある基準と手続きを処方で、委員会は、当該ライセンシーとネットワークの所有者からのヒアリングを開催する。

 

             セクション43。へのアクセスや放送網との相互接続の拒否がある場合、またはネットワークへのアクセスや相互接続のための契約交渉で未解決の紛争がある場合には、当事者は、の決断を要求する権利を有する委員会が定める基準及び手続に従って委員会。委員会の決定は最終的なものとする。

               段落要素の配下にあるアクセスや相互接続を許可する決定が発生することがあります損傷を防ぐために、アカウントの安全と対策を考慮しなければならない。

              

段落要素の配下にある委員会の考慮中に、へのアクセスや放送網との相互接続の拒否は、第42第2段落に従ってでないことを信じるに足りる相当な理由がある場合、委員会は一時的なネットワークアクセスや相互接続を命ずることができる委員会が定める基準及び手続に従いインチ

              セクション44ネットワークへのアクセスや相互接続に関する契約は、以下の説明で規定を含まなければならない:

(1)   これは、他のライセンシーに対して差別や障害の原因にはならない。

(2)   相互接続のアクセスポイントまたはポイントでの技術仕様は、技術的に可能明記しなければならないとのアクセスや相互接続のために要求者に過度の負担を与えないようにすること。

(3)   要求し、ネットワークアクセスや相互接続を提供する人を明記しなければならない人の義務と責任;

(4)   ネットワークへのアクセスや相互接続の料金は、第42パラグラフの4つの応じて設定しなければならない。

(5)   のような委員会が定めるその他の説明を。

          ネットワークの所有者は、契約締結の日から十日以内に委員会に契約の写しを提出しなければならない。委員会によると、契約の規定は、段落いずれかの説明に準拠していないことがあると認めるとき、委員会は、指定された期間内にその補正のために発注する権限を有する。ネットワークの所有者は、委員会の秩序として行動する。しかし、放送ネットワークのアクセスまたは相互接続を要求する人が契約を改正を拒んだ場合、その契約が無効になるものとみなす。

セクション45。ネットワークの所有者は、公に委員会で定める手続に従い、その費用を含むネットワークへのアクセスや相互接続のための契約を開示しなければならない。

              部46ネットワークへのアクセスや、もはや相互接続の料金は、第42パラグラフ4および当事者に準拠している原因となっている事実に変更がある場合には契約をその上に達することができない、当事者は、委員会に要求を提出することができる意思決定のため。委員会の決定は最終的なものとする。

              セクション47。ネットワークの所有者がアクセスまたは相互接続を要求するライセンシーの放送ネットワークのアクセスまたは相互接続のために必要な正しい情報を提供しなければならない。

 

ネットワークの所有者は、通常のアクセスまたは段落の配下にあるネットワークの相互接続を妨げる行為をしてはならない。

ネットワークへのアクセスや相互接続に影響を及ぼす可能性のあるネットワークへのいかなる変更の場合には、ネットワークの所有者がアクセスまたはネットワークの相互接続を要求するライセンシーを通知しなければならない。 そのような変更は、サービス利用者への影響を引き起こす可能性のある場合は、、ネットワークの所有者は届け出なければならない。事前に変更それには少なくとも6ヶ月間。

セクション48。ラジオやテレビの放送サービスと環境保護を受けて、消費者の利益のために、政府機関、国営企業や土地、建物、建物、電柱や場所に位置する他の類似した構造を担当する他の国家機関なら音や視覚的な信号の伝送や放送に適した、音や視覚的な信号の伝送や放送のための材料や装置の設置の任意のライセンシーまたはネットワークの所有者のための使用を許可されている、同じことが、他のライセンシーまたはネットワークの所有者に付与される適切な報酬が行われたことを提供する。  第44の規定を適用する準用 

第一項の規定により財産を担当する政府機関、国営企業や他の国家機関は一つのみ、次の場合の任意のライセンシーまたはネットワークの所有者による土地、建物、建物、電柱や他の類似した構造の使用を拒否することができる。

(1)        材料や装置の追加インストールは、危険または妨害したり、既存のシステムの効率性を最小限に抑えることが発生します。

(2)        行為は、プロパティの使用に過度の負担または障害を引き起こす可能性があります。

セクション49。ラジオやテレビの放送事業及び電気通信事業との間のアクセスや相互接続は、無線周波数スペクトルを割り当てるために、音の放送を規制するための組織に関する法律の下に合同委員会が定める基準及び手続に従わなければならない、テレビ放送や通信サービス。

              セクション50。この法律に基づくライセンシーまたはライセンシーが電気通信事業やネットワークの所有者に法の下で電気通信事業を運営するライセンスを付与することである他の者に放送事業の性質と伝送や放送の公共ニュースや情報サービスやプログラムを提供することは禁止されていますこの法の下ではないライセンシー。

 

 第V

ラジオとテレビジョン放送事業の振興と発展

                                               

 

部51ラジオとテレビ放送事業を推進し、開発の目的のために、委員会は、以下の実施を行わなければならない。

(1)効率性とラジオとテレビ放送のビジネスラジオとテレビジョン放送事業のためのマスタープランの下、この法律の下で事業の結果の評価、多様な意見の表現、障害者のためのサービス提供と恵まれない、苦情処理と機会新しい演算子の市場参入のための;

人々の社会的利益と道徳に十分配慮してプログラムの質の(2)アセスメント;

(3)(1)に基づいて当該事業のライセンシー、専門家や消費者から意見を収集するために公聴会を開催し、(2)。

              段落要素の配下にある評価は、最低でも有効性、効率性、組織開発、公的支援や必要に応じてその他の詳細の面で事実を実証するものと委員会が定める基準及び手続に従うものとする。

 

部52委員会は、任意のプログラムが公共の利益のものであるか、あるいはプログラムの生産はセクション36の下で障害者との恵まれない人権の促進と保護に推進すべきか、任意の演算子は、処分をしたことがあると認めるとき、委員会は、アウトに関連する経費を助成し検討すること委員会が定める基準に従い、基金の。

 

                                                                       第VI

  規制の施行

                                               

 

第53条行為がこの法律に違反または不遵守にあることを疑うに足りる相当な理由があるときは、委員会と有能な公式は、次のような権力を持つものとする。

(1)       情報を提供したり、任意のドキュメントまたは対価の証拠を提供するために関係者を召喚する。

(2)       のステートメントを与えるか検討のため又はこの法律に基づく犯罪の手数料を立証する証拠として使用するための任意のドキュメントまたはオブジェクトを提供するすべての人を召喚するために書き込みに対処する。

(3)       建物またはライセンシーもしくは日の出と日没の間の任意の人物の動作、サイト、または違反に関する事実の認定の目的のためにそのような場所の営業時間中に、犯罪に使用されるオブジェクトの検索、のオブジェクトを入力する所有は、この法律に違反したり、所定のライセンス条件に違反した可能性のあるアクションを含む犯罪の委員会で使用する犯罪またはオブジェクトです。

(3)委員会及び有能な公式によって実行される事実の認定のために、裁判所が発行する捜索令状を取得する必要があります下の建物またはライセンシーの営業サイトへのエントリで。

検査が完了していない場合(3)の規定による検査を入力して加えた後、、有能な公式も日没後、または就業時間後に検査を続けることができます。

関係者は、必要に応じて委員会または有能な職員の職務の執行を促進するものとします。

            このセクションの下にある委員会または有能な職員の職務の執行は、委員会が定める基準に従うものとする。 

 

            セクション54職務の執行に、有能な職員は、関係者に身分証明書を提示しなければならない。

身分証明書は、委員会が定めた形式に従うものとする。


              第55条どんな人がライセンシーの音や視覚的な信号の伝送や放送への干渉を起こしている場合には、有能な関係者はそのような行為を犯して自粛したり、そのような行為を犯したために使用されるデバイスを変更するために人を発注する権限を有するまたは妨害のエリアの外という素材を削除したり、その補正の必要性に応じて特定の行動を執るべきことを命ずることができるまたは他の人物を注文する。 干渉物質がパーミットが他の法律の下で付与されている企業、である場合には有能な関係者は考慮して補正するためのそのような法律の担当当局に通知するものとする。

 

              セクション56。本法に基づく職務の執行には、メンバーと有能な 職員は、刑法の下で官吏とする。


               第七章

罰則

                                              

 

パート1

行政強制

                                               

 

第57条以下の過料が適用されるもの:

(1)   行政細かいカテゴリには1つは、千50以上のバーツであってはならない。

(2)   過料カテゴリ二人は少なくとも50千バーツであるが50万バーツを超えてはならない。

(3)   行政細かいカテゴリ3には、少なくとも50万バーツであるが、5万バーツを超えてはならない。

部58ライセンシーまたはすべての人-

(1)違反または第24条委員会が定める基準を遵守しなかったため。

(2)1つまたは段落3に違反またはセクションの44第2段落または部47段落を見事に露呈した格好。

(3)違反または第44条第2段落に基づく委員会の順番を遵守しなかったため。

過料カテゴリのいずれかに責任を負うものとします。

部59ライセンシーまたはすべての人-

(1)違反または第34段落五、第35条または第38条項に適合しなかった。

(2)違反または第34段落一つのセクション36または第45条の下に委員会が定める基準、手続き、対策または通知で見事に露呈した格好だ。

(3)  四、第37段落つに違反または第34条第一項の規定により委員会の命令に従うために失敗。

過料カテゴリは2〜責任を負わないものとします。

 

 

部60ライセンシーまたはすべての人-

(1)違反または第47条第2段落、第38段落のいずれか部50を遵守しなかったため。

(2)違反または第22条委員会が定める基準や通知を遵守するために失敗して、セクション23、セクション34の第2段落または第42段落オン;

(3)  違反または第43の委員会の順番を遵守しなかったため。

過料カテゴリ3にいかなる責任も負わないものとする。

部61行政罰金に犯罪がシーケンシャル犯罪であると委員会がそのような犯罪のために過料を課した場合には、犯罪者はその過料オーダーの発行の日から毎日のように、以下の罰金に処する違反の期間を通じてまたはそれを守らないかなされているの整流まで;

(1)   行政細かいカテゴリ一日あたり5000バーツを超えてはならない。

(2)   過料カテゴリ二人は一日当たり20千バーツを超えてはならない。

(3)   行政細かいカテゴリ3には、一日あたり5万バーツを超えてはならない。

委員会はすべての十五日罰金支払いを強制するために行うものとする。

部62事務所は行政罰金に犯罪に関係しており、委員会が定める基準及び手続に従い、犯罪のために行政罰を負うため、委員会に問題を参照する事実の収集のための責任を負うものとします。

行政処分を決定する際に、委員会は、犯罪とそのような行為による被害の委員会の状況に十分な注意を有するものとする。 委員会は、委員会が意見そのような行為である場合には過料を課すことなく、違反者を懲戒こと以下の記述からです。

(1)   過料カテゴリつに責任がある犯罪である;

(2)   ではないシーケンシャル攻撃。

(3)   初めてではなく、意図によってコミットされた犯罪である;

(4)   損傷は発生しません。

 

部63委員会は、任意のライセンスに関する過料罰則の賦課を命じたときは、委員会は、犯罪の繰り返し違反または手数料を防ぐために行動するか行為を控えるよう、適切な場所、ライセンシーを命ずることができる。

第64条それは次の事実を表示されたら、委員会は、ライセンスを中断または取り消すことができます。

(1)ライセンシーは、準拠した委員会の順番に従って行動することを無視している  第31条または第63;

(2)  ライセンシーは、第37条に違反し、深刻な被害の先例だています。

(3)ライセンシーは、この法律の規定を繰り返し違反や犯罪を犯したかの基準またはオーダーこの法律又は重大な損傷の場合という規定を遵守するために失敗しました。

(4)ライセンシーが違反し、又はこの法律に基づく刑事罰に責任がある犯罪を犯したとき。

(5)ライセンシーは、コピーの権利を支配する法則の下にコピーの権利に違反して放送の仕事に関連する罪を犯したの最終的な判断によって決定されている。

(6)ライセンシーは、セクション15に違​​反して事業を実施しています。

 すべてのライセンスの停止命令は、委員会でこれを定めるが、各時間で30日間を超えてはならない。

第65過料の対象となる人は過料を支払うことを拒否または全額の支払を怠った場合には、行政手続き上の法律の下で行政執行に関する規定を適用する準用。

パート2

    刑事罰

                                               

 

              部66 ラジオやテレビ放送事業を営むか、放送事業用無線周波数スペクトルを使用するか、許可を得ることなく、ラジオやテレビの放送事業以外のサービスを提供する人は、5年または罰金を超えない期間の禁固刑に責任を負うものと500万バーツまたは両方を超え、追加の金額は、違反が修正されていないそれぞれの次の日のために5万バーツを超えない。

第67条第9項に違反するか、または第31条または第32条に規定委員会の通知規定に違反したライセンシーは、3年または三百万バーツまたは両方、および追加の金額以下の罰金を超えない期間の禁固刑にいかなる責任も負わないものとする違反が修正されていないそれぞれの翌日の3万バーツを超えない。

部68他のライセンシーの音と映像信号の伝送や放送に干渉するいかなるライセンシーは、3年または三百万バーツまたは両方、30千バーツを超えない追加の金額以下の罰金を超えない期間の禁固刑にいかなる責任も負わないものとする違反が修正されていないそれぞれの翌日のための。

第69条ライセンシーの音と映像信号の伝送や放送に干渉するすべての人は、3年または6万バーツまたは両方と十数千バーツを超えない追加の金額以下の罰金を超えない期間の禁固刑にいかなる責任も負わないものとする違反が修正されていないそれぞれの次の日。

第70条。 作り出す何人も、輸入品は、販売または 上で動作するラジオやテレビのサービスの受信のための信号を受信したり、適応させるために他の人の使用のための受信機、機器または装置の販売又は引き受けるインストールのために所持しています委員会からの許可なしに、サブスクリプションベースでは2万バーツを超えている場合、または両方にない二年を超えない範囲または罰金にない用語の懲役に処する。

この節の規定は、その委員会で許可されている研究と教育の目的のために所持または段落の配下にある受信機、デバイスまたは装置の使用には適用しない。

部71妨げ、若しくは第53条に基づく委員会または有能な職員の職務の執行を円滑に違反した者は一ヶ月または罰金を超える千バーツまたは両方を超えない期間の禁固刑にいかなる責任も負わないものとする。

それは、この法律に基づく犯罪のいずれかの手数料を表示される場合には、委員会は、刑事訴訟法の下で損傷を受けた当事者とみなす。

この節の規定は、電荷をファイルまたはそのような犯罪者に対する法的措置を取るために真の損傷を受けた当事者の権利を禁止してはならない。

              

セクション72。その法人の犯罪の委員会が行為やマネージングディレクター、マネージャーまたはの操作を担当する者の資格で行為を控えることによるものであれば犯罪者が、法人である場合にこの法人は、その人はまたそのようなアクションが彼または彼女の承認または同意なしにコミットすることが証明されない限り、そのような犯罪に定める違約金にいかなる責任も負わないものとする。

             

                                                                 一時的な引当金

                                               

 

セクション73。   中間連結会計期間において、国家の広報の利益のために、ラジオとテレビ放送事業、第二章の章、私の操作の規定 ラジオとテレビ放送のビジネスプログラム、第VI章規制執行、および第VII章罰則、第20項、35条、第36および第38を除いて、広報を担当する政府機関としての広報部には適用しない。 それは存在するまで、サービスの既存の範囲に応じて、ラジオとテレビ放送事業を継続することラジオとテレビジョン放送事業のマスタープランの。

 マスターに記載されているようにラジオやテレビジョン放送事業のためのマスタープランが有効になるときは、委員会は、自然の広報部を統括する力を持っている大臣は、広報部の業務の区分と範囲を通知しなければならないラジオとテレビジョン放送事業のマスタープランに基づき実行するためにラジオとテレビジョン放送事業のための計画。

セクション74。   ラジオやテレビジョン放送事業のためのマスタープランで設定した日付が有効になるまで、政府機関、国営企業および他の国家機関この法律の施行の日に動作してラジオやテレビ放送事業は放送事業を継続するものとする。 もし政府機関、国営企業および他の国家機関が事業を継続したい、放送の事業計画は、ライセンスアプリケーションのために委員会に提出する必要があります。 委員会はに考慮して、政府機関、国営企業および他の国家機関にライセンスを発行するものと事業活動及び周波数の使用の必要性。

 

セクション75。   政府機関、国営企業および他の国家機関は、前に、この法律の施行日の放送事業者としてすべての人への認可、譲歩または契約を与えた場合、その人は、放送事業を継続する権利を有するものそれらの終了までこのような権限、利権や契約に関連する既存のスコープと右下にある。

委員会は、譲歩、その認可に関連する操作の既存のカテゴリや範囲の下、政府機関、国営企業および他の国家機関によって承認、譲歩または契約を付与されている人にこの法律の下で事業を運営するライセンスを付与するものとまたは契約。 当該事業を運営するライセンスは、その承認、譲歩または契約の有効期間の残存期間にのみ有効であると第19の下にライセンス料が免除される。

セクション16、セクション17、セクション18、この法律の第19条及び第22条の規定は、第2段落の下でライセンシーには適用しない。

セクション76。財務省は、タイ王国憲法は2550年、BEより前の日付に放送事業を運営するための承認、譲歩または契約の付与から未収収益の2%に等しい量で財源収入に移送しなければならない(2007)政府機関、国営企業および他の国家機関が承認、譲歩または契約終了までは、財務省に貢献するために必要であること発効。

セクション77。   5年間の期間がこの法律の施行日から経過した、欧州委員会は、セクション8の下に広告とビジネスサービスの提供に専念がの最大量を超過しないことがあります時間の最大量を改定しなければならない広告および第23条第2段落で指定されたビジネスサービスの提供に専念することができる時間。

セクション78。ラジオを割り当てる組織の下、国家電気通信委員会の周波数を割り当てるとタイ王国憲法の第47条の下で、ラジオ放送、テレビ放送と電気通信事業を監督する義務を持つ独立した公的機関の保留中の設立時周波数スペクトラムと2543(2000)、BE、音声放送、テレビ放送と電気通信事業法を規制するためには、一時的にこの法律の下に委員会の職務を行うものとし、次のような任務と権限を有するものとする。

整然と暫定章に規定する(1)を実行;

(2)委員会が定める無線周波数の使用を必要としないコミュニティラジオ放送とビジネスの事業の運営のための暫定ライセンスを付与します。無線周波数の使用を必要としないコミュニティラジオ放送とビジネスの事業ライセンスは、一年以内の期間を有するものであること。

(3)プログラムの割合を規定し、(2)の下でライセンシーのプログラムのチャートを承認する。

(4)  指定された送信電力とカバレッジエリアに準拠(2)に基づくライセンシーの音響透過または放送を監督する。

。セクション79は、   第78の下に職務を遂行するには、委員会が構成される放送小委員会を任命する権限を有する。

(1)  委員長として総理府事務次官。

(2)教育または代表者、国家評議会または代表者、広報部や代表者、県行政や代表者の部の部長の事務局長の省の防衛または代表、事務次官の省の事務次官、メンバーとしての国家文化委員会または代表者、およびタイ警察または代表者の長官の事務所の事務局長、;

(3)内閣によって任命されたシックス資格を有する専門家、3名のコミュニケーションの芸術、ジャーナリズムやマスコミュニケーション、公共の法律に2つ、通信技術やその他の関連分野から一との監督に有益な専門知識と経験を有する者のうちから、企業、メンバーとして;

(4)タイもしくは代表者、タイ放送記者協会または代表者の委員長、ラジオ放送やラジオ放送の専門職協会の連盟の会長または代表者のマスコミュニケーションの教員の協議会の会長から委員に任命された資格を有する専門家、として児童と青少年育成や代表者、農村開発や代表者、タイまたは代表者の障害者評議会の会長、および消費者の機関または代表者の連盟の会長でNGO調整委員会委員長、全国評議会議長メンバー。

国家電気通信委員会の事務局長は、小委員会のメンバーと秘書でなければならない。

 

小委員会第一項の規定によりいずれかの提言を行うことに義務を有するものとし、委員会の委託を受けて他の行為を実行し、第53の下の義務と権限を有するものとする。

会議に関連する部品、業務のパフォーマンスと退去オフィスでの行政手続きに関する法律が適用されるもの準用する 小委員会に

セクション80。  第78および第79条の下で放送小委員会の下に国家電気通信委員会の職務の執行は、日からで終了するものとタイ王国憲法の第47条の下で独立した規制機関の委員会または委員会オフィスを取りますが、これはこの暫定章に従い、職務の遂 ​​行中に、国家通信委員会放送小委員会で許可されている、あるいは実施の事業を害することなくです。

 

      が連署:

 

一般Surayud Julanond 

         首相

 

備考: -この法律の布告の理由は、政府のそれらの真の公共のメディアを作ることを目指し、パブリック、プライベート、コミュニティ、マスメディアを合理化すると、状態の通信装置の使用が公共の利益のためであることを保証する政策とのために有益です。人々に政治教育を提供する。 の規定に無線周波数スペクトルを割り当てると、音声放送、テレビ放送と電気通信サービスを規制するため、2543(2000)もする国家放送委員会(NBC)を設定する組織に関する法律ラジオとテレビ放送と電気通信事業の監督と規制を担当する国家電気通信委員会(NTC)の監督と規制の責任を負う。 タイ王国憲法の公布の際、2550(2007)、BE、という約束の周波数割り当てと監督を担当し、単一の独立した公的機関に関する重要な原則が変更されています。一方、放送事業に法律を制定するための努力は、実際の改革の基盤となる公共サービスの使命を達成するために、公共、民間及び地域社会のマスメディア。 従って、放送事業者の監 ​​督と規制の関係で、それ放送事業に法律を制定するために必要な説得力がありますその独立機関の職務執行の履行のための基礎として。 こういったこの法律を公布することが必要です。

Comments