Thiland-3_ja


NBTC ACT

ラジオ周波数を割り当てて、放送と通信サービスを規制する組織に作用し

 

 非公式訳

無線周波数を割り当てるために組織に作用し

放送を規制し、

電気通信サービスは、2553(2010)できないこと

プミポンアドゥンヤデート、REX;

17日に与えられた目のDecember BE2553の日;

65ビーイング番目の現在の統治の年。

プミポンアドゥンヤデート国王陛下は、丁重にそれを宣言することを喜ばしく思います:

それは、無線周波数スペクトルを割り当てると放送、テレビ放送と電気通信サービスを規制する組織法を改正するのが有利であるのに対し、

この法律は、第35条と一緒に第29の点で、第36、第41条、第43、第45条、第46条第47、第61及び第64の人の権利と自由の制限に関連して特定の規定が含まれていますタイ王国憲法のように法律の効力の規定により許可すること。

次のようにそれは、従って、、で、国会の助言と同意を得て、王によって制定される。

セクション1この法律は、"組織に関する法律ラジオ周波数を割り当てて、2553(2010)、BE放送及び電気通信サービスを規制する"と呼ばれています。

第2節この法律は、官報での公表の日の翌日から施行する。

第3節無線周波数スペクトルを割り当てると放送、テレビ放送と電気通信サービスは、2543(2000)BE規制する組織法は廃止する。

第4節この法律では:

"無線周波数は、"人工的なガイドなしスペースで伝播される300万メガヘルツ未満の周波数の電磁波である電波やヘルツ波を意味する。

"電気通信"は看板、信号、執筆、数字、画像、音声、コードや無線周波数、ワイヤー、光学、電磁気システム、または他のシステムによってによってあらゆる性質の知性の放出、送信または受信を意味する;

"無線通信は"ヘルツ波によるサイン、信号、執筆、数字、画像、音声、コードまたはいかなる性質の知性の放出、送信または受信を意味する;

"音の伝送は、"無線通信は、公衆によって直接受信のための音を発したり、送信することを意味します。

"テレビの伝送には、"無線通信は、公衆によって直接受信のサウンドと映像を送信することを意味します。

"音声放送サービスは、"どちらか無線周波数の手段、ワイヤー、光学、電磁気、またはその他のシステム、またはそれらの組み合わせ、または他の同様のサービスで、受信装置によって受信のために公共のニュースサービスやプログラムを提供するサービスを意味します音声放送サービスとしてNBTCに​​よって処方。

"テレビ放送サービス"とは、無線周波数、ワイヤー、光学、電磁気、またはその他のシステム、またはそれらの組み合わせにより、公共ニュースサービスや受信装置を用いて視聴するためのプログラムを提供するサービスを意味する、または他のテレビ放送サービスとしてNBTCで規定された同様のサービス;

"無線通信業務は"ではない標識、信号、執筆、数字、画像、音声、コードまたはヘルツ、特別な電気通信業務を目的とした波やアドホック目的によるいかなる性質の知性の受信および放出のためにサービスを意味します電気通信事業、または放送事業に関する法律に基づく音やテレビの放送サービスに関する法律に基づく電気通信事業;

"電気通信サービスは、"標識の放出、送信または受信を提供するサービス、信号、執筆、数字、画像、音声、コードまたはいかなる性質の知性ヘルツによる、ワイヤー、光学、電磁気、または他のシステムを、意味するまたはその組み合わせではなく、音声放送、テレビ放送、および無線通信サービスを含むNBTCがで電気通信サービスとして規定通信衛星のサービスまたは他の事業を含むものとします。

"周波数割り当ての表は、"音声放送、テレビ放送、無線通信、電気通信サービスまたはNBTCで指定された条件の下で他の目的の任意の周波数帯の割り当てを意味します。

"周波数プランは、"音声放送、テレビ放送、無線通信、およびNBTCで必要な条件下で使用する電気通信サービスの無線周波数チャネルの割当を意味する。

"周波数の割り当ては、"NBTCで必要な条件下で使用する周波数の割り当てや無線周波数プランの表で指定されている無線周波数や無線チャネルを使用するラジオ局、テレビ局や無線通信局に与えられた権限を意味します。

"コミュニティは、"共通の場所に住む人々のグループを意味し、都市部や農村部のどちらか、および共通のまわりで組織された人々のグループを含むものとする

共有の地理的な場所にある関心、または通信を介して結合。グループは、適切な管理のもと、グループを代表しての明示した意思を持つ合法的かつ道徳的な活動に継続的に協力し、社会的および文化的結束で起因する。

"ファンドは、"公益のために放送と通信の研究開発基金を意味する。

"長官は"国営放送と電気通信委員会の委員(s)を意味します。

"有能な関係者は"この法律の下で任務を遂行するために国立放送通信委員会によって任命された者をいう。

第5節。総理大臣は、この法律の執行を担当し、制御を有するものとする。

第I

国営放送と電気通信委員会

パート1

委員のコンポーネント、資格及び禁止事項

。第6節国立放送通信委員会がなければならないが、次のように11委員で構成され、短期で"NBTC"と呼ばれる。

(1)1つの音声放送サービスの専門家、およびテレビ放送サービスの別の;

(2)電気通信サービスの専門家2;

(3)2つの法律の専門家、放送と通信サービスを規制するために有益な二人の経済学者。

消費者保護や人々の権利と放送サービスを規制することは有益となる人々の自由の促進、および電気通信サービスを規制するために有益な別の専門家で(4)ある専門家;

放送と通信サービスを規制する有益なものとなる教育、文化、または社会開発(5)ある専門家。

 

NBTCの事務所の事務総長はNBTCの秘書でなければならない。

セクション7。委員は資格を有するものとし、次のように禁止事項のいずれかの下であってはならない。

A.一般的な資格

(1)出生によるタイ国籍をビーイング。

(2)年齢のない未満35年からビーイングが、年齢のではない70以上歳。

B.の禁止事項

(1)政治的地位を保持している人というわけではありません。

(2)政党の任意の位置の保持するわけではない。

(3)精神が病んでたり、精神的な弱さも、処理されない。

(4)薬剤に常習しているわけではありません。

(5)破産されていたり、破損の理由に破産をされていないもの。

(6)判決によって刑を宣告されたことや裁判所の令状で拘束されているわけではありません。

(7)過失、ささいな犯罪や名誉毀損を通じて利用規約違反を除いて、最終的な判決によって刑を宣告されていないもの。

(8)、追放却下または正式なサービス、国家機関や国営企業や民間機関から削除する義務の不正直なパフォーマンスや総誤動作の理由でまたは公式サービスで不正行為またはmalfeasantをコミットしたものとみなされていないもの。

(9)判決または裁判所の命令により、命令されていないものその彼または彼女の資産は、異常な富や資産の異常な増加の理由に国家に帰属する。

(10)憲法裁判所の裁判官、選挙管理委員長、オンブズマン、国家腐敗防止委員会のメンバー、国家人権委員会の国家監査委員会やメンバーの一員であるわけではありません。

(11)上院の決議によって解任されていないもの。

(12)であることや、会社またはパートナーシップ、または1つの期間のために放送や電気通信事業を行う他の法人で、過去に取締役会のメンバー、役員、顧問、従業員、株主またはパートナーがされていないものと前の年は第10項の下またはセクション15の下に選択されている前にノミネートされたこと。

(13)政治的立場を保持しているから禁止でていないこと。

セクション8。コミッショナーはしてはならない

(1)恒久的な地位を保持したり、給与を受けて政府の役人である。

 

 

(2)国家機関、国営企業、または局所投与の公式または従業員である、または国営企業や国家機関の取締役や顧問のメンバーである。

(3)メンバーの任務を遂行するには、直接または間接的に関心の株式や対立を持っているほか、独立した職業や専門職に従事。

 

パート2

NBTC長官候補の取得

指名による

セクション9。第4条に基づく委員として選択される指名の適当な者の利益のために、以下の団体、機関または団体は、上院の事務局との登録に適格であるものとする。

(1)ではない5年未満のための法人として登録されている放送の専門職協会;

(2)ではない5年未満のための法人として登録されている電気通信事業の専門職協会;

(3)法人であるとない5年未満のためのマスコミ、ジャーナリズムやマスメディアの学位コースを提供する高等教育機関。

(4)法人であるとない5年未満のため、電気通信で学位コースを提供する高等教育機関。

法人であり、ではない5年未満のために法律の学位コースを提供しています(5)高等教育機関。

法人であり、ではない5年未満のために経済学の学位コースを提供しています(6)高等教育機関。

(7)非政府組織は、利益や消費者の権利を保護したり、権利と人々の自由を促進するという主目的を持ってではなく、5年未満のための法人として登録されている共有の収入のために動作していない。

、利益や教育、文化や社会の発展に関連する主な目的を持っている、、5年未満ではないために法人として登録されている共有の収入のために動作していない(8)非政府組織

 

段落要素の配下にある専門職協会は、そのメンバーが放送や通信サービスの専門家である職業に関連する主な目的を持っている必要があります。

団体または登録下の(1)(2)(7)の対象と(8)機関は、見かけの作業記録との継続的な活動を行う団体または団体でなければならない。いくつかの主要な目的を有する任意の関連付けまたは本体は、によるとその関連付けや体のただ一つのカテゴリは(1)(2)(7)または(8)登録される可能性がある場合。

上院の事務局は段落かに記載の任意組合、協会又は身体を登録しているときに、それは完全なものとみなされます。裁判所の判決は、その後、登録が無効であることを裁判所の判決の前に上院の事務局で撮影した行為を危うくしてはならない。

任意組合、研究機関や体が段落かに記載の登録に反対されたことは、行政裁判所でのケースを提出する権利を有するが、そのような手続は、本法に基づいて指名または選択の中断や延期の原因としてはみなされないもの。

団体の登録は、段落のいずれかに記載の機関または団体は、上院の事務局の事務総長が定める基準、手続及び条件に従うものとする。

上院の事務局は、公的に登録された団体、機関または団体の名前のリストを公表するものとする。リストには、上院の事務局の事務局長が定めることができるようにさらに補正するまで有効でなければならない。

セクション10。選定と任命の原因が発生したときは、上院の事務局は、少なくとも7日間連続してラジオ、テレビ、新聞や電子メディアを通じて公表するものとする。NBTCコミッショナーの候補として適切な人物を指名しようとする第9条登録機関または団体は、次の基準に従って、上院の事務局の事務局長が定める時間内に本人の同意の手紙と一緒に名前を提出しなければならない団体、:

(1)第9項(1)及び第9項(3)下の高等教育機関の下の各専門職協会は、第6節(1)によると二人指名する権利を有する。

(2)第9項(2)及び第9項に基づく高等教育機関の下の各専門職協会は、(4)第6項(2)によると二人指名する権利を有する。

(3)第9項(5)下の各高等教育機関は、第6節(3)によると法律問題の提起において明らか作業記録や知識と専門知識や経験を持つ二人が指名する権利を有する。

 

 

(4)第9項(6)の下の各高等教育機関は、第6節(3)によれば経済学の提起において明らか作業記録や知識と専門知識や経験を持つ二人が指名する権利を有する。

(5)第9項の下の各非政府組織は、(7)第6節(4)によると二人指名する権利を有する。

(6)第9項の下の各非政府組織(8)第6条(5)に従って指名する二人を受ける権利を有する。

 

の段落かに記載の任意組合、協会又は第9項に基づき登録機関ではなく、指名任意の候補何らかの理由で実施されて選択のプロセスを危うくしてはならない。

セクション11。第10項に定める時間が経過すると、上院の事務局は、7節と10節の遵守を検証するために候補者の資格を検査しなければならない。候補者のいずれかが第7項または第10項に従って、適切な資格を欠く場合には、事務局は、事務局の事務総長によって指定された期間内に他の候補者を指名するそれぞれの団体、機関または団体に通知しなければならない上院。団体、機関または団体は、指定された時間が経過したとき、候補者を指名するが失敗した場合、それは彼らがそのような指名を行う権利を放棄するものとみなす。

場合に応じて段落を1つまたは第10項に従って立候補期間が経過し、あらゆる候補者が死亡、または指名して本人の同意を取り消された、または何らかの理由により失格とされた場合は、上院の事務局は、しなくても進むものとするとき他の指名を得る。

セクション12。立候補期間が経過すると候補者の数はセクション13(1)(2)(3)(4)の下にカテゴリが指定され、(5)として以下の2倍以上の場合は、事務総長上院の事務局は、セクション10で指定された期日からのようではない以上30日間に指名の期間を延長するものとします。

段落要素の配下にある拡張期間が経過した、と候補者の数は依然として段落一つに指定された数よりも少ないときは、内閣総理大臣、防衛省の事務次官の事務所の事務次官と事務次官の情報通信技術省は協力して資格を持ち、セクション6とセクション7段落いずれかで指定されるように各カテゴリの数を満たすために応じて禁止事項のいずれかの下にない委員として選択される適当な者を指名するものとする。

。セクション13場合によっては第10項、11項または第12条の下で立候補期間が経過した、上院の事務局は、以下の手順に従って、自分たちの中で選出するためにすべての候補者の会合を手配する。

 

下と候補者、(1)第9章(1)に基づく専門職協会から第10項(1)に基づく候補者は第6節(1)に基づくNBTC委員、健全な放送サービスとテレビ放送のサービスの1つのそれぞれに自分たちの中で二つを選任しなければならないセクション9(3)下の機関から第10項(1)第6節(1)に基づくNBTC委員、健全な放送サービスとテレビ放送サービスの1つのそれぞれに自分たちの中で二つを選任しなければならない。

(2)第9章(2)に基づく専門職協会から第10項(2)下の作品は、第6項(2)に基づくNBTC委員に自分たちの中で二つ選出するものとし、第9項に基づく研究機関から第10項(2)に基づく候補者( 4)第6条(2)に基づくNBTCメンバーであることが自分たちの中で二つを選任しなければならない。

(3)第10条(3)及び第10条(4)に基づく作品は別々にセクション6(3)の下でNBTC委員、4つの法と経済学の分野でそれぞれに自分たちの中で8を選任しなければならない。

(4)第10条(5)下の作品は、2つの通信サービスを規制する放送サービス2つを調整するために、そのうち6節(4)に基づくNBTC委員に自分たちの中で4つを選出するものとする。

(5)第10条(6)下の作品は、第6項(5)下NBTC委員に自分たちの中で二つを選任しなければならない。

 

投票は、上院の事務局の事務総長が定める基準及び手続に従うものとする。得点順にランク最高得票を得た者を選定する。

段落の1と第2段落に基づいて人を選択すると、下に選択した人は、(1)(2)(3)(4)及び(5)第(6)(1)(にしたがって、有資格者とみなす2)(3)(4)及び(5)と決定を最終のもの。選択は、委員として選択するのに適した人の彼らの指名を行うために、登録団体、機関または団体にその情報が公表の日から九十日を超えない期間で完了しなければならない。

パート3

NBTC委員のリストの取得

選択によって

第14章NBTC委員の選定と任命の原因が発生したときは、委員として任命される、有資格者を選択する義務を持って精査委員会がなければならない。精査委員会は、次のように15名で構成されています。

 

国家人権委員会の(1)会長。

(2)国家経済社会諮問委員会の議長は、

(3)首相府の事務次官。

(4)防衛省の事務次官。

(5)情報通信技術省の事務次官。

(6)タイ国立電子コンピュータ技術のディレクター;

(7)技術者評議会の会長。

タイの障害者の評議会(8)議長;

(9)タイのコミュニケーション芸術協会の会長。

ラジオやテレビの専門職協会の連盟の(10)会長。

非政府組織の調整委員会の(11)会長。

(12)取締役会の取締役の広範な、タイの研究所の会長。

(13)タイの放送ジャーナリスト協会の会長。

(14)コミュニティ連盟の会長。

(15)消費者保護団体の連盟の会長。

 

議長と精査委員会のメンバーはNBTCの委員会などのアプリケーションの対象とはならない、と段落要素の配下にある組織では、パート2で指名を行うために、登録の対象とはならない。

精査委員会のメンバーは、委員長及び精査委員会の秘書になる他の一つに自分たちの中で一つを選出する。

それは精査パネルのまたは任意のメンバーが、その彼の義務を実行できない場合に全体のメンバーを持つことができない場合、全体のメンバーの半分以下ではない精査委員会は、その残りのメンバーで構成される。

上院の事務局は、メンバーの選定と任命のために事務局のユニットでなければならない。

セクション15。この章の下で精査のプロセスでは、上院の事務局は、少なくとも連続した30日間にラジオ、テレビ、新聞や電子メディアを通じたセクション6に従って有資格者のアプリケーションのためのオープン告知をしなければならない。

委員として指名することがアプリケーションのための人の資格は、セクション10の下の団体または機関によって指名されている者であってはならない。

段落かに記載の指定された期間が経過すると、精査委員会は、第6節(1)(2)(3)(4)によるとメンバーの二重数のコミッショナーとして任命するための適当な者を選択しなければならないし、(5) 。

選択の基準と手続きは、上院の事務局の事務総長が定める。得点順にランク最高得票を得た者を選定する。

第13段落三つの規定を適用する準用を精査委員会の委員のための適当な者の選択に。

精査から破損した者は、行政裁判所で彼のケースを提出することができるが、これは特に支配や行政裁判所によって発注されている場合を除き実行されるどのような手続の中断や延期の原因とはならない。行政裁判所は、支配や秩序、選択した人物が修飾されていないことや禁止事項のいずれかになるか、違法に選択されている場合には、その人は、行政裁判所は、決定又は命令をした日から、オフィスから削除されなければならない。

パート4

委員の選定と任命

セクション16。第2部によると指名によるNBTCコミッショナーとして任命するための適当な者の名前のリストを受信すると、選択によって3部によると、上院事務総長は、一つに言った名前のリストをコンパイルしなければならない。第6節(1)(2)(3)(4)で指定されていると(5)のようにコミッショナーとして任命するための適当な者の数は、名前のリストは、言った人'と一緒に、以下のメンバー数の2倍以上ではない場合明らかにそれらはセクション6に従って修飾されることを宣言する証拠と一緒に記載されている必要がありますバイオデータや作業記録は、、名前がセクションに基づいてリストの取得の日から三十日以内に、上院の大統領に提出しなければならない13と上院の更なる検討と解決のためのセクション15。

パート2、またはパート3に記載の選択に応じて指名のプロセスは13段落3つのセクションで指定された期限までに完了していない場合には、上院の事務局の事務局長は、適当な人の名前のリストを提出しなければならない。として三十日以内に、はっきりと上院の大統領に、それらはセクション6に従って修飾されることを宣言する証拠と一緒に記載されている必要があります人のバイオデータや作業記録、言ったと一緒に期日までに得コミッショナーとして任命上院の更なる検討と解決のためのセクション13とセクション15に基づいて経過した日から。

セクション17。上院は、第6条委員として任命するための名前のリストを受け取った日から六十日以内に上院の事務局の事務総長から提出された名前のリストから指名した者を選択する決議を通過しなければならない。この目的のために、それぞれの順序で最も高い得票を受ける者が委員として選択されなければならない。投票は無記名投票により行われるものとします。選択された人はそれに応じて通知しなければならない。

段落いずれかの下に、指定された時間が経過すると、選択された委員の数はセクション6で指定した数値より小さい場合、上院の大統領は、総理大臣に届け出なければならない。首相は、それによって内閣総理大臣に通知の日から三十日以内に第6項に基づき委員の完全な数を得るために配慮し、行動に関する関係閣僚会議への名前のリストを提出しなければならない。

段落つまたは場合によっては第2段落の下に委員として選ば人は、委員として選択された人の完全な番号を取得の日から報告されるものと、その結果を満たし、15日以議長二副議長を選出する総理大臣に。首相は、それによってポジションを言わ任命ロイヤルコマンドのために王に名前を提案するものとします。

第18項。ケースでは第17条の下で選択された人が第8条(1)(2)または(3)、王は首相の助言で、任命されるに応じて禁止事項のいずれかの下にある、ときだけその人第8条(1)または(2)、または第8項(3)にしたがって職業または専門職の婚約が消滅したことに満足の証拠をadducedしましたに従って位置から辞任した。これは、選択されての日から十五日以内に行われなければならない。その人が指定された時間内に職業や専門職に従事する辞任または消滅していない場合、それはその人が委員として選択されていないものとみなすと ​​上院は、事務総長から提出された名前のリストから別のメンバーを選択しなければならない第16条によると上院の事務局。

パート5

任期及び休暇

____________________________

セクション19。委員会は、国王によって任命されていると一つの用語のために奉仕するものの日から六年の任期のためのオフィスを保持するものとします。

任期満了に事務所を明け渡す委員は、王は新しい委員を任命ロイヤルコマンドを発行するまで職務を行うために継続してオフィスに存続します。

九十日未満ではない期間の任期の満了前に、上院の事務局は、遅滞なく新たな委員の指名プロセスと会合の約束を取り決めるものとします。

。部20は、満期時に事務所の休暇に加えて、委員会は、ときには、その地位を明け渡す。

(1)死亡。

(2)七十年の年齢を達成した。

(3)辞任。

(4)第7章の下で禁止のいずれかに失格となる中またはされている。

(5)第8項の違反;

(6)第21条の下で上院の決議によって追放されている。

(7)カウンタ破損で有機法に基づく上院の決議によって除去されている。

 

下のオフィスの休暇(1)(2)または(3)彼の確認のために王に引致しなければならない。オフィスの休暇が下にある場合(4)(5)(6)または(7)、問題はロイヤルコマンドは、オフィスから委員を除去するために王に提案されなければならない。ロイヤルコマンドは、人が失格された日から効力を生ずる、または禁止のいずれかにされている、または違反する行為を行うの日付、または上院はオフィスを退去する人のための解像度を持っている日付、または述べて彼はケースとして削除された日付は可能性があります。

段落要素の配下にある原因がある場合は、残りの委員は、職務を遂行し続けることができると、それはNBTCは、既存の委員で構成されていることとみなさが、6人以上でなければならない。

長官は任期を完了する前にオフィスを返上場合には、後任に指名された者は、彼が代わる人の事務所の未経過期間のためにオフィスに存続するもの。残存期間3年以内である場合には、彼には、複数の用語の約束の対象となります。

議長または副議長は、段落要素の配下にある原因のときには、その地位を返上、NBTCの委員は、会長または副会長であることが自分たちの中で一つを選出し、首相が提案れる予定の彼の承認のための総理大臣に通知しなければならない場合にケースとして、会長または副会長としてその者を選任するための王の名前があ​​ります。

第21節。衆議院議員または各ハウスの既存のメンバーの合計数未満の四分の一が上院を通過することを要求するために、上院の大統領を申し立てる権利を持っていないの上院決議は、総誤動作または義務の性能に重大な過失によるオフィスから委員を除去する。

段落要素の配下にある上院の決議は、上院の既存のメンバーの総数の四分の三以上であることの投票で可決されなければならない。

セクション22。 NBTCは、効率的に法律で定められた任務の遂 ​​行に失敗したすべてのイベントが生じるには、次の人は上院がすべてNBTC委員を除去する決議を渡すよう要求するために上院の大統領を申し立てる権利を有するものとオフィスから:

(1)の衆議院のメンバーではない小さい家の既存のメンバーの総数の4分の1;

(2)の上院のメンバーではない小さい上院の既存のメンバーの総数の4分の1;

サービスのユーザーが段落かに記載の行為によって影響を受けている2万人以上(3)少ないわけではありません。苦情は、上院の大統領で定める基準に従って上院議長に提出する必要があります。

段落要素の配下にある上院の決議は、上院の既存のメンバーの総数の三分の二未満ではないの投票で可決されなければならない。決議を行う際に、セクション72に準拠して上院に提出されたモニタリング及び評価委員会の報告書を考慮に入れる必要があります。

新しい委員が就任するまで、すべての委員は、段落要素の配下にある原因のときには、その地位を明け渡す場合には、退去委員会は、必要な場合にしかオフィスに存続します。

パート6

委員会の会議、パワーズと義務

セクション23。ミーティングの実施、解像度とNBTCの行う業務はNBTCが定める規則および規制に従うものとすること。

検討中の問題に利害関係を有する委員は、会議に出席する権利がないものとします。

その職務を行う、NBTCは、1つまたはその代理として行動する複数の委員を任命することができる。NBTCは、委員がその職務を行うために委託されていることを理由に一切の責任を拒むことができない。

セクション24。事項にNBTC、BCおよびTCの職務の遂 ​​行にかかるソフトウェアに関する、あるいは公共の利益に影響を与えては総会の決議によって行われるものとします。個別に、グループとしての意思決定の会議とその結果の分はNBTCととしてNBTCで定めるその他の適切な平均値の事務所の電子メディアを通じて一般に公開されなければならない。

公式情報公開法に基づいて開示対象となっていない会議の議事録に記載された情報は、NBTCは、その特定の情報がリリースしてはならないという決議を渡すことができます。

会議の議事録と段落要素の配下にある意思決定の結果の開示は、解像度を通過の日から起算して三十日以内に行われなければならないが、必要な場合には懲役15日間延長することができる。この点では、延長の理由と正当化を与えられなければなりません。

セクション25。コミッショナー(s)はカウンタ破損で有機法の下での高位の地位を保持している者とみなすと ​​刑法の下で有能な公式のものとする。

セクション26。議長、副議長及び他の委員は、フルタイムの仕事を行うものとする。

勅令で指定された会長、副会長及びその他の委員は、月次ベースで報酬を受けるものとする。

議長、副議長及び他の委員は、勅令で指定したレートを超えない範囲で他の地域で、その職務を行うから生じた旅行の免税額を支払うことができる。

セクション 27。NBTCは、次のように権限と義務を有するものとする。

(1)周波数管理のマスタープラン、周波数割り当ての表を定式化するために、放送マスタープラン、電気通信マスタープラン、周波数プラン、および電気通信番号計画。

(2)音声放送、テレビ放送、無線通信、および電気通信サービスの事業のために無線周波数を割り当てるには、

(3)音声放送、テレビ放送、および通信サービスの特性と分類を規定すること。

(4)ライセンスと規制する音声放送、テレビ放送や通信サービス、または無線通信サービスの事業における無線周波数や無線通信機器の使用をするために、およびライセンスの基準と手続き、条件、またはライセンス料を規定する。

(5)ビジネスとビジネスの他のタイプの同じタイプに干渉を起こさずに、無線周波数の効率的な使用のための基準を規定すること。

(6)サービスのユーザーは品質、効率性、適時性、信頼性と公正性とサービスの選択肢を持つことができるように音声放送、テレビ放送や通信サービスの業務のライセンスを取得し、規制するために、およびライセンシングの基準と手続き、条件、またはライセンス料を処方;

 

 

(7)ライセンスと規制する電気通信番号の使用をするために、およびライセンスの基準と手続き、条件、またはライセンス料を規定する。

(8)基準と相互接続するための手順、および基準との両方のビジネスの同じタイプとビジネスの他のタイプのための音声放送、テレビ放送や通信サービスの事業に適用されるアクセス料金や接続料金を、設定する手順を規定すること、サービス利用者、サービスプロバイダーおよび投資家に対して公平でなければならないこれ、または電気通信サービスプロバイダの間で公共の利益のために関して。

(9)音声放送、テレビ放送と公共の利益に考慮して、サービス利用者とサービスプロバイダへの公正でなければならない電気通信サービスの料金体系と価格体系を設定するには;

(10)音声放送、テレビ放送、電気通信および無線通信サービスのための基準と必要な技術仕様を設定するには;

(11)音声放送、テレビ放送や通信サービスにおける反競争的行為や不正競争の防止のため対策を処方すること。

(12)部50に従った普遍と同様に、通信サービスの規定のメジャーを処方すること。

(13)演算子によって悪用されるから人々の権利と自由を保護するために、、右の促進へのアクセスの人々の自由と平等を、そして周波数の使用、通信の手段で通信するためにプライバシーと自由の個々の権利を守る、音声放送、テレビ放送や通信サービスの

(14)国内および国際レベルで、周波数の管理に関する事項を調整すること。

(15)の周波数の干渉に関する問題を判別して解決するには;

(16)監視し、音声放送、テレビ放送や通信サービスの事業に関する助言を提供する。

(17)マスメディアの企業間や知覚情報や多様性へのパブリックアクセスを妨げるの公共の自由を妨害する効果を持つ任意の他の人物によるクロス市場の支配を所有権を保持またはブロードキャスト、合併に関する規制を定めるために情報の;

(18)多様な形態にラジオやテレビ事業のライセンシー、放送局、そしてマスメディアの専門家の形成を促進するために

 

 

倫理観と倫理観の下に職業や職業に関係する自主規制を定めるために任務を持つ組織の;

(19)セクション58によるとルールまたは通知を発行すること。

(20)第55条に基づく資金の融資を含むNBTC予算、事務局の予算を承認すること。

(21)第55条の下で基金管理委員会によって提案されているよう基金​​のための財政配分を決定し、承認する。

(22)の情報を提供し、タイ及び外国政府または周波数の管理に関する事項における国際機関の王国との間の交渉や意思協定に参加するには、音声放送、テレビ放送、通信サービス、またはその他の関連約束。

(23)の発行、または改正、周波数の割り当てと周波数、音声放送、テレビ放送、および電気通信サービスに関連する他の事項との関連法案は、内閣に助言する。

(24)NBTCの権限と義務に基づく規則、通知または命令を処方すること。

(25)として、この法律又は他の法律に規定の他の行為を実行する。

 

合併の規制を規定するには、(17)下右保有又は市場支配力を渡り、NBTCは、関係公共と関係者からヒアリングを開催する。

項に規定する権限と義務の行使は、一つに反したり、放送事業法、電気通信事業法及び無線通信法と矛盾するものではありません。

そのようなルール、通知または命令は政府官報で公開されている時に施行する。

セクション28。 NBTCは、一般的に法的強制力でなければならない音声放送、テレビ放送や通信サービスの監督に関する規則、通知、または受注を発行する前にその考慮それらの意見を取るために利害関係者と公衆からのヒアリングを開催するとビジネスにおける競争に関連してまたは公共に大きな影響を持つことができます。NBTCは、背景情報、の理由、正当性、および問題の概要だけでなく、聴覚から得ることが予想される問題を提供するものとする。公聴会にかかる時間は、緊急の場合またはNBTCは、その公聴会に割り当てられた短い時間を確保可能性があることを説得力の必要性を除いて三十日未満であってはならない。

NBTCの事務所はNBTCの解像度や配慮が言ったに関して、取得した情報で構成される公聴会の概要調書を作成しなければならない

理由はと提案されたアクションを含む様、。このレコードはNBTCの情報ネットワークシステムの事務所を通じて公表するものとする。

セクション29。この法律の下でテレビ放送や通信サービス、事業の健全な放送のためのいかなる費用やサービス料、ネットワークアクセスや接続料のレートを設定し、放送事業法又は電気通信事業法では、NBTCは十分な注意を持っているもの消費者の公共の利益と負担に、サービス、最適化や資源の効率的な配分を提供するコスト。

セクション30。に従って提出の要求や苦情に関連NBTCの事務所のNBTCとスタッフの事務局長を含めて、この法律の下で設立さNBTC、BC、TC、他の委員会と小委員会の職務を行うNBTCまたはNBTCの事務所は、民間の主体となす、と期限は、同法、規則、規制、通知または契約で指定されていない場合、NBTCが持つように管理しなければならないことが法律、規則、規制、通知または契約締め切りは、指定され、公衆に認識させる。期限が指定されていない任意の問題に関しては、当局が要求を受信した日から十五日以内に完了する必要があります。

NBTC、BC、TC、この法律の下で設立された他の委員会と小委員会は、NBTCの事務所のNBTCとスタッフの事務総長は、後でその指定された以外の日付にその職務の実行を延長した場合のそれはすべての人への損傷を引き起こす正当な理由がなければ、段落一つにして場合、NBTCの事務所は、その人に補償をする責任を負うものとします。そのような補償のためにお客様が支払った金額の合計は、この法律の下で設立されたNBTC、BC、TC、他の委員会と小委員会から請求されるもの、の原因となるNBTCの事務所のNBTCとスタッフの事務局長そのような損害が行為または故意または重大な過失による控え行為から発生した場合のケースのような遅延があります。

セクション31。音声放送、テレビ放送と通信事業者によって悪用されるから消費者保護の利益のために、NBTCは不公平な治療とみなされる可能性のある行動をとるからそれらを防ぐために、演算子本契約を点検する義務を有するものとする。NBTCは知識、専門知識と経験放送サービスの、そして消費者の保護の電気通信サービスの申請において提出の消費者保護の任務のNBTCの行為に有益を有する者で構成される二つのサブ委員会を設置しなければならない。分科会は、NBTCで必要とされる申し立て苦情やその他の業務に関する事項で判断し、提言を行うの任務と権限を有するものとします。

音声放送、テレビ放送と電気通信事業者が不快感を作る不当な利益の形で彼らのネットワークや広告を使用して、またはさせることによって、消費者に不当な扱いとみなされる可能性のある方法で行動する場合には、指定されたことを意味いずれかによってで

NBTCは、NBTCは、そのような行為を取ってから控えるように演算子を発注する権限を有する。

セクション32。プライバシーや通信の手段で通信するために自由の個々の権利を保護することの利点は、NBTCはで通信するために、個人情報、プライバシーの権利と自由に関連する電気通信サービスのユーザの権利の保護のための措置を規定する権限を有する電気通信の手段。

違法傍受、メッセージの利用または開示、情報や通信の手段によって、他のデータの違反がある場合には、それはNBTCは、刑事訴訟法の下で損傷を受けた者であるものとみなす。

電気通信事業のライセンシーは、第2段落の下に犯罪者である、または、犯罪が段落twoが気づいたり、妥当な時間内に法律の規定により措置をとることを控えて下にコミットされていることを知っている場合には、NBTCは持っているもの彼の電気通信事業免許を一時停止または取り消すことが電源。

セクション33。 NBTCは、小委員会を任命する力、ワーキンググループを持っている、またはこの法律又は割り当てられている可能性が他のタスクの下に任務を遂行するために有能な職員を割り当てるもの。

小委員会とワーキンググループは、セクション7 B.(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)の下にある禁止事項になっていて、(してはならない11)。

セクション34。この法律の下で職務を行うには、NBTC、BC、TC及びモニタリング評価委員会は、調査の目的のために事実情報、文や関連する文書や証拠を求めるためにどのような状態の機関や人を召喚する権限を有する。

第II

ビジネスオペレーションの規制

パート1

放送委員会

。セクション35で構成される短い"BC"で呼ばれる1つの放送委員会、がなければならない:

(1)会長はNBTC副会長からNBTCが任命する。

(2)4委員は、から構成されるものとする会長または副会長ではない委員からNBTCに​​よって任命

 

 

第6節(3)及び第6項(4)に従って、あるコミッショナーに応じて2つのメンバー。

 

段落かに記載の委員会は、同時にTCに任命してはならない。

NBTCの事務総長は、秘書やアシスタント秘書必要に応じてNBTCの事務所の有能な職員を任命しなければならない。

セクション36。セクション23の規定を適用するにおいて準用する委員の総数の無未満半分が必要とされる定足数の部分がクォーラムを構成する場合を除き、BCの会議に。

放送委員は、彼/彼女の言葉を完了する前にオフィスを返上し、既存の委員は以下の三人ではない場合、残りの委員は、職務を遂行し続けることができる場合において。

セクション37。 BCは第27(4)(6)(8)(9)(10)(11)(13)(16)の規定によりNBTCのために行動する力と(18)持っているものとしてNBTCによって割り当てられた放送サービス、および他の職務に係る。

パート2

電気通信委員会

。セクション38:から成る短い"TC"で呼ばれる1つの電気通信委員会、がなければならない

(1)会長はNBTC副会長からNBTCが任命する。

(2)私たちの委員は、第6項(3)及び第6項(4)に従って、あるコミッショナーに応じて2つの委員で構成されなければならない会長または副会長ではない委員からNBTCに​​よって任命。

 

段落かに記載の委員は、同時にBCに任命してはならない。

NBTCの事務総長は、秘書やアシスタント秘書必要に応じてNBTCの事務所の有能な職員を任命しなければならない。

セクション39。第36の規定を適用する準用を会議とTCの職務の執行に。

セクション40。 TCは、第27(4)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)の規定によりNBTCのために行動する力を持っているとするもの(16)電気通信および無線通信サービス、およびNBTCによって割り当てられるように他の職務に係る。

パート3

放送規制

セクション41。音声放送やテレビ放送のサービスの目的のために無線周波数の使用を希望する者は、本法に基づいて許可を受けなければならない。

業務の目的のためにパラグラフ6人に規定を適用するものとなる限り、ライセンスアプリケーションおよびアクセス権は、基準、手順、およびNBTCで定める条件に従うものとする。

これは段落かに記載の無線周波数免許の申請がまた放送事業法に基づく音声放送やテレビ放送のサービスの操作のためのアプリケーションであるものとみなす。とNBTCは、無線周波数の使用を許可するときに、それをものとみなす申請者は、放送事業法の下音声放送やテレビ放送のサービスを操作することが許可され、個人が保有することを許可し、無線通信機器を使用して無線通信で無線通信ステーションにインストールされているものとみなすだけのような無線通信機器に対して、法アプリケーションで指定。

音声放送やテレビ放送のサービスの目的のために無線周波数を使用する権限が教育で、国家、地域および​​地方レベルでの最大の公共の利益に考慮して行われるものと、文化、国家の安全保障やその他の公共の利益は、自由とを含む公正な競争、とは広範囲にかつ適切に公共の利益のための企業のすべてのセグメントに国家通信リソースなどのユーティリティを配布する方法で実施されなければならない。

子供と青少年のための社会的な建設的な内容やプログラムに貢献し、ラジオやテレビのプログラムを促進するの利益のために、NBTCは、ターゲットグループのための適切な期間でこれらのプログラムを放送するためにライセンシーを必要とするライセンス条件を設定しなければならない。

音声放送や事業運営のような放送事業法の下で規定されているテレビ放送のサービスのライセンス、無線周波数の場合には、選択は、国、地域および​​地方レベルでの周波数帯の競売により実施されなければならない。オークションはNBTCで規定された基準、手順、日付、および条件に従って、各レベルに別々に行うものとする。

パラグラフ6歳未満の競売の対象となる者の資格を指定するには、十分な配慮は、サービスの供給効率的なスペクトル資源、反競争的行為の防止、公正かつ自由な競争の促進、効率的かつ最適な配分の恩恵を与えられなければならない消費者負担、及び潜在的なライセンシーは、地域および​​地方レベルで事業を運営するための権利の保護。

音声放送と既存の無線周波数との干渉や重複を引き起こす可能性のある原因またはテレビ放送のサービスのための無線周波数のライセンス供与は禁止されなければならない。

セクションは42。 NBTCは、スペクトルのライセンス料およびライセンスが付与されているときに納付しなければならないビジネスのライセンス料に分けて第41条ライセンス料を規定する権限を有するものとする。お支払いは、ビジネスオペレーションのためのスペクトルのライセンス料を除いて、放送事業法の規定に従ってライセンスの種類に応じて適切な速度で毎年行われるものとする。第41条パラグラフ6歳未満のオークションから受け取った金の合計は、第52条基金にライセンス供与し、送金されたことによって支払わなければならないスペクトルのライセンス料とみなす。

毎年支払われる段落の配下にあるライセンス料はlicensees'expenditureを控除する前に収入のない2%以上の総割合で効果的にスペクトラムの利用と事業運営のための規制コストに考慮してNBTCで定める。手数料は、その収入としてNBTCの事務所に送金されるものとする。

放送事業法の遵守を免除機関は、全体または一部のどちらか、段落のいずれかに記載の手数料を納めなければならない。それは、機関の目標に考慮して適切とNBTCは、そのような費用を削減しなければならない。

セクション43。音声放送とテレビ放送のサービスのための無線周波数のライセンスは、専用実施権者、譲渡することはできません。

音声放送やテレビ放送の事業運営のためにスペクトルを使用する権限が与えられているライセンシーは、自ら行うもの行わなければならない。全部または一部のどちらかのビジネスの管理は、彼/彼女に代わって行動する、他にレンダリングされるか、許されない。しかし、プログラムを実行するために他の人にタイムスロットを割り当てることがNBTCで定める基準及び手続に従い、許可されるものとする。

セクション44。音声放送やテレビ放送の事業運営のためにスペクトルを使用する権限を付与されているライセンシーがNBTCで指定された限られた時間内にそのようなスペクトルを使用してビジネスを実施していない、またはに関連しない他のサービスでこのようなスペクトルを用いているその目的、または、ビジネスオペレーションの条件に従わない場合、または、セクション27(11)と(17)で指定された禁止行為を実施する、または第43の規定に従わない場合、NBTCは是正する措置を講じるものとします状況や問題の全部または一部のスペクトルのライセンスを取り消す旨の決定。

パート4

電気通信規制

第45条。電気通信業務の目的のためにスペクトルを使用することを希望する者は、NBTCで規定された基準、手続き、期間、および条件にしたがって周波数帯の競売によりこの法律による許可を受けなければならない。第41条パラグラフ4および第一項の規定

7人は適用されるもの準用する。支出を差し引いた後のスペクトルのオークションからの収入が国庫に送金されるものとする。

これは段落かに記載のスペクトラムの免許申請の提出にも電気通信事業法に基づく電気通信業務用のアプリケーションであるものとみなす。とNBTCは、スペクトルの使用を許可するときに、それは申請者が許可されているものとみなす電気通信事業法に基づき電気通信事業運営を行い、人がアプリケーションで指定されている唯一の無線通信機器に対して、無線通信法の下に無線通信機器およびインストール無線通信局を所有し、使用を許可されているものとみなす。

NBTCは、控除前の所得ではない2%以上の総割合で効果的にスペクトラムの利用と事業運営のための規制コストに考慮して毎年支払われるものとする電気通信事業法及び料金の下にライセンス料を規定する権限を有するもの支出。手数料は、その収入としてNBTCの事務所に送金されるものとする。

セクション46。電気通信事業のためのスペクトルのライセンスは、ライセンシーの排他的な権利であり、譲渡することはできません。

通信サービスのためにスペクトルを使用する権限が与えられているライセンシーは、自ら行うもの、サービスを行うものとする。全部または一部のどちらかのビジネスの管理は、彼/彼女に代わって行動する、他にレンダリングされるか、許されない。

セクション47。通信サービスのためにスペクトルを使用するために許可された任意のライセンシーがNBTCによって、またはその目的に関連しない他のサービスでこのようなスペクトルを使用して、指定された期間内にそのようなスペクトルを使用してビジネスを実施または遵守しないしていない事業運営の条件、または、セクション27(11)で指定された禁止行為を実施する、または第46条の規定に従わない場合は、NBTCは、状況を是正または全部のスペクトルのライセンスを取り消す旨の決定を発行する措置を講じるものとします一部。

第III

計画策定のためのガイドライン

。セクション48は、少なくとも以下の項目を含むものとスペクトル管理のためのマスタープランがなければならない:

表の(1)詳細タイが使われるように持って来ることができるすべての周波数の割り当て;

インターナショナルスペクトル事項(2)実施体制;

(3)音声放送とテレビ放送サービス、通信サービス、およびその他のサービスに割り当てられたスペクトルの詳細。

 

 

(4)スペクトルのためのガイドラインは、スペクトラムの使用率を向上させるためのrefarming。

 

スペクトル管理のためのマスタープランは、政府官報での公表時に施行するとライセンスとスペクトル利用に関連するあらゆる事業のための基準と予備的な条件として使用するものとする。

NBTCは、監視と評価しスペクトル管理のためのマスタープランの実施をし、効率的なスペクトラム管理の利益のために言ったマスタープランを改定し、変化する技術の進歩に沿ったものとする。

スペクトル管理のためのマスタープランを作成するにあたり、NBTCは、国民から意見を収集するために、聴聞を行わなければならない、考慮し、それらの意見を取るために関係するスペクトルと州機関を使用して事業者。公聴会に要する時間は30日未満であってはならない。スペクトル管理のためのマスタープランの準備は必要に応じて国家安全保障に十分配慮をするものとする。

セクション49。電気通信事業の規制では、NBTCは5年間の実装の ​​指針となるように放送のマスタープランと電気通信マスタープランを作成しなければならない。計画では、スペクトル管理のためのマスタープランに従うものとし、最低でもスペクトルのライセンスとビジネスライセンス用の演算子、ガイドラインの中で、公正かつ自由な競争の発展と振興のためのガイドラインを提供するものとする。放送サービスの一環で、人々の部門は、各ライセンス領域に割り当てられている周波数のではない20以下%の割合で公共の利益と社会サービスのための非営利団体のための周波数を使用することが許されるものとする。

段落要素の配下にあるマスタープランの準備に、NBTCはオペレーターと州機関は、その考慮それらの意見を取るために関係、公衆からの公聴会を開催する。公聴会に要する時間は30日未満であってはならない。

広く一般の意見と相反するものNBTCの決定は、演算子または国家機関が第2段落の下に公聴会で発現する場合には、NBTCは公共の、演算子または州の機関だに詳しい説明と理由を与えなければならない。

マスターはとしてNBTCが定める予定であることを考慮する段落の3歳未満の公共、事業者や州の機関は、タイ王国憲法の規定とコンフリクトしています。行政裁判所でのケースを提出する権利をそこに持っているものとします。というマスタープランは、行政裁判所と行政裁判所の手続の制定法上のルールになることがあるものとみなされます。

段落一つ義務付ける政府官報で公表により、関係NBTCと州機関のもので、マスタープラン。

セクション50。電気通信事業法に基づき普遍的な基本的な電気通信および社会サービスを提供することの利点は、NBTCがそれている普遍的な基本的な電気通信および社会サービスのための計画を定めるもの

少なくとも操作のための推定予算を含む期間を実装する、サービスエリアとターゲットグループを指定するものとする。

段落要素の配下にある計画の準備として、NBTCは、当該他の国家機関と協議し、国会に宣言された政府の政策と一致していることを保証しなければならない。

NBTCは、段落かに記載の電気通信サービスの提供のために電気通信事業を運営することを許可ライセンシーから充電されなければならない費用の額を定めなければならない。この点で、配慮は、その電気通信事業のオペレーションからはライセンシーの収入を考慮する必要があります。

NBTCは、ユニバーサルサービスというの提供にライセンシーをサポートするために適用されるもの第53(4)の下USO基金からの費用の額を定めなければならない。

部51。第49段落一つに指定された割合でスペクトルを利用する人々の部門の能力を向上するには、NBTCは、社会サービスのタイプに放送免許を取得するために修飾する可能性を持つコミュニティをサポートするための基準と手続きを設定するものと、利益、および品質の地域サービス事業をサポートする。この目的のために、構成されている公共的、国家機関からのヒアリングをそこに保持するものとする。

コミュニティサービス事業の収入は、寄付、駅や広告や放送業務を扱っていない他のソースへの貢献から導出されるものとする。

質の高い社会サービス事業を支援する上で、合計所得"これ以上の演算子の半分以上の割合で、特定のプログラムでは、行政ではない"ステーションのための貢献がなければならない。さらに、それぞれの寄与の配布のために考慮して、サービスと拠出から派生した予算の支出の効率性の質の評価をそこに持っているものとします。

第IV

放送と通信研究

公益のための発展基金会

。セクション52は、以下の目的で"公共の利益のための放送、および通信の研究開発基金"と呼ばれるNBTCのオフィス内に設立された基金がなければならない:

(1)音声放送、テレビ放送や通信サービスにアクセスする普遍的に人々に開き、ならびに第51条の下でコミュニティのサービスとサポートのコミュニティサービス事業を推進する。

 

 

(2)通信資源の開発、放送と通信分野における研究開発だけでなく、スペクトル利用の面でメディアの技術とペースを維持するのに人々の能力を高めるために、情報技術、バリアフリー設備を、促進支援する高齢者、または電気通信産業と関連産業だけでなく、として恵まれない。

(3)促進し、放送と通信部門、情報技術の人材育成をサポートするだけでなく、放送やテレビの事業運営に関する法律の下に職業や専門職の倫理基準を設定するための責任がある組織の実施のための;

(4)、サポートして促進し、放送、テレビと通信サービスの消費者を保護すること。

(5)安全かつクリエイティブメディアの開発基金にいくらかのお金を割り当てることにより、安全でクリエイティブメディアの開発基金に関する法律の下で実装をサポートする。

 

セクション53。第52条基金は、から構成されなければならない:

(1)開始まで政府によって割り当てられた資金を、

第41条パラグラフ6歳未満の周波数帯の競売から(2)お金。

(3)お金は部65の第2段落の下に割り振られたこと。

(4)お金は、放送事業法及び電気通信事業法に基づき基金に送金。

(5)過料は、この法律の下で犯罪者と放送事業法及び電気通信事業法に課せられた。

(6)お金や基金に寄付された財産。

(7)部91の下に転送されているお金や財産;

放送と通信サービスの研究開発からの収益を含む(8)の利益と基金の収益は、;

基金に転送される(9)他のお金とプロパティ。

 

(7)及び(4)に基づく資金はもっぱら第52(1)の下で目標を遂行するために使用しなければならない。

(4)それぞれの事業によって割り当てられた下の資金は、放送やテレビのビジネスのどちらに使用されるものとする放送とテレビ事業からのものを除き、その事業に有利に使用しなければならない。

セクション54。で構成される基金の管理委員会がなければならない

(1)委員長としてNBTCの会長。

 

 

首相府(2)事務次官、国家経済社会開発委員会、監査官"部の部長、およびメンバーとしての国立電子コンピュータ技術センター所長の事務所の事務局長。

(3)音声放送における人材育成とメディアの専門職の知識と経験を持っているある専門家、下のメンバーによって選択されたテレビの別の(1)及び(2);

下のメンバー(1)及び(2)によって選択された恵まれないための電気通信サービスを含むユニバーサル基本的な電気通信サービスの供給や農村地域における知識と経験を持っている(4)1つの専門家、;

(1)及び(2)の下でメンバーが選択した(5)1つの消費者の権利の保護や人々の権利の知識及び経験を有する専門家と自由昇進。

(6)(1)の下知識やプロモーションとメンバーによって選択された障害者や恵まれないの権利の保護の経験を持ち、(2)1つの専門家

 

NBTCの事務総長は、メンバーと秘書であると次官補としてNBTCの事務所の有能な公式を任命しなければならない。

パラグラフ1(3)(4)(5)と(6)下のメンバーは7章B.(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(下の任意の禁止事項であってはならない8)(9)(10)と(11)。メンバーは、3年間の任期のためのオフィスを保持するものとし、再任されることがありますが、以上の2期連続のために役立つ場合があります。

第23条の規定を適用するにおいて準用する基金管理委員会の会合に。

セクション55。基金の管理委員会は、基金の管理の任務と権限を持っているし、その承認を受けるためNBTCのセクション52で説明した目的のために資金の配分に関する勧告を提供するものとする。NBTCの意見は、基金管理委員会のものと異なる場合には、NBTCは、さらなる検討のための理由を与えなければならない。

基金管理委員会は、割り当てられた資金の総額を含むリクエストのエンティティと受信者に関する情報を与えることによってNBTCの事務所の電子メディアを通じて公衆への1つ第一項の規定により資金の配分とパフォーマンスの詳細を開示しなければならない。

メンテナンス、支出、財務報告および会計システムは、基金管理委員会が定める規則に従うものとする。

第V

国営放送と電気通信委員会のオフィス

セクション56。国家機関の地位を有する法人であり、公共の法律の下で政府機関を申し立てることができない短い"NBTCのオフィス"に呼ばれる国立放送通信委員会の事務所、がなければならない管理、または状態予算手続またはその他の法律上の法の下で、企業とは、議長の監督の下です。

NBTCの事務所の事務は、労働保護、労働関係に関する法律、社会保障に関する法律及び労働者災害補償に関する法律に関する法律の対象とはならない。

。部57 NBTCの事務所は、次のような任務と権限を有するものとする。

(1)NBTCの収入と支出のオフィスに責任をもつ。

(2)NBTCの年間予算のオフィスを準備し、承認のためのNBTCに​​提出する。年間予算はNBTC、BC、TCとNBTCの事務所の公務の遂行に関していかなる予算を含めるようにしなければならない。

(3)監視し、スペクトル利用をフォローアップ。

(4)調査と解決の問題をまたはNBTCで定める基準に従い、検討のためNBTCに​​勧告を提案するために、放送と通信事業のオペレーションを受信し、スペクトラムの使用に関して苦情を検討する。

(5)研究、スペクトル、スペクトルの使用、放送及び電気通信事業の業務に関連する情報をコンパイルし、分析する。

(6)NBTC、BC、TC及び基金管理委員会の管理業務に責任をもつ。

(7)NBTC、BC、およびTCからの委託を受けて他の行為を行ってください。

 

。セクション58 NBTCは、一般的な管理、人事管理、予算、財務およびプロパティと、次の事項を含むNBTCの事務所、の他の事業に関して法令や通知を発行する権限を有する。

(1)NBTCと、それらの作品の職務の範囲の事務所内での作品の分裂;

 

 

(2)この法律に基づくポジション、給与体系とNBTC、役員およびNBTCのオフィスの従業員だけでなく、報酬や他のメンバーと小委員会のメンバーの支出の事務総長の他の報酬の最高設定;

(3)選定や募集と予定または給与の規模の増加の利益のために職員の能力の評価、失敗した性能評価のために雇用の終了時の雇用契約と補償の拡張のための基準は、

(4)懲戒処分、請願や苦情を含む人事管理;

(5)のために行動し、オフィスを持っている人として機能している。

(6)制服とNBTC役員および従業員のオフィスのドレスコードの設立;

(7)NBTCだけでなく、報酬の率の職務の執行に有益な専門家や専門​​家などの人の雇用と任命。

(8)予算、財産とNBTCのオフィスの棚卸資産の管理と管理;

福祉や他の援助の(9)の規定。

 

段落要素の配下にある規制や通知が議長によって署名されなければならないと政府官報で公表時に施行する。

部59。 NBTCの事務所が適切と判断するような情報のネットワークシステムまたはその他の手段を通じて公衆にNBTCのNBTCとOfficeの管理に関連する情報を開示するものとし、少なくとも以下の情報を開示しなければならない。

所定の条件を含む(1)各ライセンシーのライセンス。

(2)セクション65歳未満のNBTCの事務所の毎月の収入の要約;

(3)NBTCのNBTCとOfficeの毎月の支出の概要;

(4)各NBTCメンバー、BC、TC、小委員会、および顧問の詳細な報酬。

(5)調査研究や他の作業の結果は、外部機関に委託。

(6)苦情、消費者及びライセンシーからの苦情に関して、進捗状況と検討結果、および保留中の事項の番号のリスト;

(7)調達の結果は、詳細と関連する契約のNBTCの事務所で実施した。

 

セクション60。 NBTCの事務所は、事務所の仕事のパフォーマンスを担当し、会長に直接責任があるものでなければならず、また、関係者や事務所の従業員の優れたものとするNBTCの事務総長を有するものとする。

事務総長は、その事務に事務所を代表するものと向かい合って第三者。この目的のために、事務総長は、NBTCによって規定し、政府の官報に掲載された規則に従って、任意の特定の行為を、実行するすべての人に権限を委任することができる。規制が他の人に自分の力を委任する事務総長の強制のように規定してはならないと述べた

部61。議長は、NBTCの同意を得て、NBTCの事務総長を任命し、除去しなければならない。事務総長は任命の日に年齢のない未満35年以上でなければならないと資格を持っているとNBTCで指定されている別の資格を含む第7条禁止事項の下であってはならない。

セクション62。事務総長は任命の日から5年間の任期のためのオフィスを保持するものとし、再任されることがありますが、以上の2期連続のためにオフィスを保有してはならない。

。セクション63は、第62当期の終了時に事務所の休暇に加えて、事務総長は、ときには、その地位を返上。

(1)死亡。

(2)年齢60年である;

(3)辞任。

(4)破産いる。

(5)刑期に最終的な判断によって投獄されたこと。

(6)部61の第2段落に基づく禁止事項のいずれかに失格またはされている。

(7)管理ミス、不正行為、機能不全またはそのタスクを実行できないことを理由に委員の総数の三分の二未満ではないの投票によって、NBTCメンバーの決議によって解任されている。

 

第64条。 NBTCの事務所の事務総長及び職員はカウンター汚職で有機法に基づく国家公務員とみなす。

NBTCの事務所の職員が資格を持っているとNBTCで規定された規制の下で禁止事項の下にされていないと、取締役会、執行役員、顧問、会社またはパートナーシップの従業員、株主やパートナーのメンバーであってはならないものとします放送や通信事業を実施またはその他の法人。

事務総長は、カウンタ汚職で有機法に基づく高位の地位を保持している者とみなす。

この法律の下で職務を行う、事務総長と有能な職員は、刑法を官吏とする。

セクション65。 NBTCの売上高のOfficeは以下から派生しなければならない。

(1)スペクトルのライセンス料および第42の第2段落及び第45条パラグラフ3歳未満の事業免許料;

(2)NBTCとNBTCの事務所の任務の遂行から未収収益または利益は、

(3)収入はNBTCのプロパティの事務所から派生。

(4)マネーとプロパティは、Officeの作業のためのNBTCが定めた規則に従って、NBTCの事務所に寄付。

政府から(5)補助金。

国民教育の法律の下で教育基金のためのオフィスの効率的な実施のための支出、必要な負担費用、および第52条基金に割り当てられているお金と技術開発によって控除後(1)及び(2)の下でOfficeの売上高はものとする国庫に送金される。

Officeの売上高は、必要な負担の費用を含むオフィスの効率的な実施、十分でない、と他のソースが使用できない場合には、政府は必要に応じて事務局に国家予算を割り当てるものとする。

セクション66。部65段落3歳未満NBTCのオフィスのための国家予算の配分の利益のためには、オフィスでは、年間歳出予算案の下で事務局に補助金を付与するために閣僚会議に概算予算年間予算を提出しなければならない。やケースなどの追加予算案は可能性があります。この点に関し、閣僚理事会は、毎年恒例の歳出予算案や追加の予算案に対して、その提出にOffice充当予算にコメントすることがあります。下院や上院は住宅"配慮のための情報を与えるために、事務総長の存在を要求することができる。

第67条。 NBTCの事務所は(4)によると第65(1)(2)によるとOfficeの売上高から、交換の調達により取得されたか(3)または寄付しているすべての不動産を所有に属するオフィス。

下の国有財産のためにRachaphatsaduの土地に関する法律に基づくRachaphatsaduの土地局によって占有されて、オフィスでは、統治の世話をし、使用、保守、およびNBTCが定めた規則に従ってゲインを求めるの権限を有する。

NBTCのOfficeのプロパティは非賦課できるものとする。

セクション68。 NBTCの事務所の財務会計は、会計専門職の連合によって支配国際会計基準に準拠して作成されるものとし、財務、会計との内部監査がなければならない

NBTCが定めた規則に従ってNBTCの事務所の在庫。

段落いずれかの下に内部監査を実施するには、そこには、三で構成される内部監査委員会以下でなければならない資格を持ち、セクション7とに応じて禁止事項ではない内部監査の専門家からNBTCに​​よって任命された人以上のメンバーセクション8。オフィスは、その職務を行う委員会を支援するために内部監査委員会に直接責任を内部監査員として適切な数値でその職員を任命しなければならない。

内部監査委員会は、要求に応じて内部監査委員会と内部監査員の作業を容易にするものの義務とNBTCの事務所のNBTCと職員の事務所のNBTC、事務総長のその行為に無関係でなければならない。

内部監査委員会は、180日ごとに監査結果のNBTCを通知しなければならない。

割り当ての用語は、内部監査委員会の事務所と会議の休暇は、NBTCが定めた規則に従うものとする。

セクション69。 NBTCの事務所は、会計年度の終了後、その貸借対照表、財務諸表と会計の本を準備して六十日以内に監査役に提出しなければならない。

各年度において、監査総長のオフィスが監査役になるとお金とNBTCの事務所の財産の支出を監査する。監査報告書では、それは予算の支出の効果の分析が含まれており、支出の目的と目標に応じて、その成果の度合いに応じているか否かのようなステートメントを与えなければならない。監査報告書は、その後NBTC、内閣と国会に提出しなければならない。

NBTCの事務所は、州の監査上の有機法に基づく監査単位でなければならない。

第VI

パフォーマンスと管理のフォローアップ、点検評価

。部70は、パフォーマンスのフォローアップと議長と次のように見かけの作業記録や知識と専門知識や経験を持っている他の4つのメンバーから成る評価委員会がなければならない:

(1)1つの音声放送サービスの専門家、およびテレビ放送サービスの別の;

電気通信サービス(2)ある専門家;

 

 

消費者保護(3)ある専門家;

Comments