Thiland-2_ja


Thiland通信、モバイル、ブロードバンドと予想


----------
免責事項:

読者は、損失、損害、費用およびその他の結果については全てのリスクと責任を受け入れ、  このレポートを使用してから直接または間接的に生じたいかなる情報、意見、への依存から  ここに記載されている推定値および予測を。ここに記載されている情報は得られている  信頼に足ると判断した情報源。ポールバッドコミュニケーションPty Ltdはのようなすべての保証否認  正確性、完全性またはそのような情報の妥当性をし、エラー、についても、一切の責任はないものと  ここに記載されている情報、意見、推定値および予測入力漏れや不備を。 この報告書の材料は、情報提供のみを目的としています。いかなる投資決定を行う前に、それは  読者が適格投資顧問会社と直接相談することをお勧めします。

見通し:

以下は、私たちのシナリオの予測手法のいくつかの背景を提供します。
このレポートは、私たちが長期的シナリオの予測が含まれています。長距離のシナリオを記述することによって我々は、  我々は市場の成長が発生すると思われる中でバンドを識別する。関連するテキストはどのような説明  我々はこのバンド内で最も高い成長傾向として参照してください。
この報告書の表に示すように予測は我々自身の過去の情報、などに基づいている  だけでなく、公式と非公式、国内およびから電気通信分野の統計に関する  国際的な情報源。我々は、このデータは約15〜20%の可能性偏差を仮定する。
GDPのすべての統計、売上高、などは内と一貫性を維持するために、米ドルで表示されている  市場の間に。同時に、我々は、これはいくつかの不規則性を導入できることを認めます。

無料コンサルティングサービス:

私たちのパブリケーションに対するサブスクライバは私たちの"フリーオーバー-フォン"コンサルティングサービスを利用する権利があります。あなたは  、この資料に記載される情報のいずれかまたはその他の関連に関連するあらゆる質問のためにそれを使用することができます  問題。我々は、電話であなたをアドバイスしたり、さらなるために必要な連絡先を提供します  情報。

インターネットのウェブサイト:
レポート上で継続的に更新された情報は、本報告書に記載されて、私たちのウェブサイトで利用可能です。

著作権:
ポールバッド通信Pty Ltdのレポートは貴重な市場を含む限られた出版物である  受注に対応して顧客のグループに提供される情報を。当社のお客様は認めます  ポールバッド通信Pty Ltdのレポートは、お客様の内部使用のためとしていること注文するとき  ではない一般的な出版物や第三者への開示のために。

このレポートのいかなる部分も、書面によることなく、貸与転売または非顧客に開示、与えられないことが  許可。さらに、いかなる部分も複製、検索システムへの保存またはいずれかで転送される  フォームまたはの許可なしに、電子的、機械的、複写またはその他のいかなる手段によって  出版。許可に関する詳細については、までお寄せください:ポールバッドコミュニケーションのPty株式会社、  5385ジョージダウンズドライブ、バッケNSW 2250、オーストラリア。

----------
エグゼクティブサマリー

タイの政治的な問題が続くように、政府はまだ3Gライセンスの発行に苦慮している
その電気通信部門の力強い成長のほぼ10年後、タイは深刻な経済でヒットした  世界的な金融危機の結果として2009年に低迷。同時に、国の  継続的な政治的な問題は、重要なと国民経済に悪影響を過ごしていた  主要な関心事であること投資の低迷。

当然のことながら2010年までとに2009年の携帯電話サービスの需要は冷却があった  2011年。その間に、携帯電話普及率は100%の普及率のマークを渡すことに成功していた。の成長  への復帰がないだろうが携帯電話市場は、2011年には再びピックアップされるに見えた  ブームの年。固定電話の開発は、政府の熱心さにもかかわらず、事実上非存在であり  、これを推進する。そこにブロードバンドインターネット市場におけるいくつかの興味深い活動をしていた、が、これはいた  比較的小規模な拠点から本質的に高成長。良いニュースは、ブロードバンドの急増ということでした  2007年に始まったが、2011年に継続されました。

広い通信部門では、方向の損失が市場に忍び寄るされている感じがあった。場合  、任意の一つがタイの通信業界を特徴付けることは、おそらくセクターにストップスタートアプローチであり  改革と再規制。重要なステップは、新しい電気通信法がされた時に撮影された  十年前に制定されたが、政府はこの法律の実施にゆっくりと移動。

最も重要なことは、国家電気通信委員会が最終的に設定されていることを2004年までではなかった  上、作業。いくつかの良い仕事は、その後の規制地域で行われていた、しかし業界では、  改革の遅れに不満が続いて、これらの遅延が作成する不確実性は大きいなっている  懸念。国家電気通信委員会は、長年にわたって努力してされているが、  手数料がされて以来、規制環境は、一貫した政策の持続期間を持っていない  確立された。その間に、緊急に必要な改革の一つは、待望の再構築  つの状態が所有する演算子、TOTとCATテレコムは、延期され続けた。これはことを意味して  譲歩の転換の重要なタスクも未解決であるために続けた。

2011年に国家電気通信委員会は、との事実上"死に体"レギュレータであり  、政府は最終的に国営放送と通信の作成 ​​に移行する  委員会。この新しい権限は2011年後半までの運用になるとなる可能性はなかったが、  国家電気通信委員会はそれが発見された"最新知識を得る"ために時間をかけて  ますます困難にその役割を遂行する。

最大の打撃は3G保持するために国家電気通信委員会の失敗に終わった  オークションをし、これらの待望のライセンスを発行する。3Gに関する状況は、であることが証明された  タイのための国家の恥。新しいこと、いくつかの方面で深刻な懸念もあった 最終的にインストールされているレギュレータは、真に独立した機関ではないだろうが。いずれにせよ、いずれかの効果は  すべて、これは外国人投資家がタイの通信市場についての慎重な残りていたということです。

市場のハイライト:
タイのモバイル市場は、全体のために、2011年初頭で72万加入に達していた  105%浸透。
力強い成長の個以上のストレート年後、携帯加入者が年々増加し  、国民経済が鈍化すると数字は2009/10に大幅に緩和していた。
約9%の適度な携帯電話加入者の伸びは2011年に予想されていた。
3G携帯のライセンスを発行するためにNTCで努力は障害物に遭遇し続け、開始時の  2011年のそれはプロセスが結論に少なくともあと12ヶ月かかることが予想された。
タイでブロードバンドインターネット市場は、より強力な加入者の成長のあと2年見た  すべての兆候が示唆された; 10分の2009、約30%の年率で実行されている拡張は、  ブロードバンドの成長が継続する。
ブロードバンドサービスの需要がようやく確かにタイで増加してなくなり、それはいた  (でまだ残っている低い全体的なブロードバンドの普及で比較的小規模な拠点から起こって  2010年末でわずか4%)。
固定回線市場は、ゼロに近い成長と、復活の気配がないていたが、これはブロードバンドサービスの需要は、銅のネットワークで新鮮なモメンタムを提供することを提案にもかかわらずされています。
インターネットセグメントを改革するために、タイの通信レギュレータの移動をしながら、特にインターネットゲートウェイの市場を開放、確かに肯定的なもの、多くの再編が行われる必要がありますが、この点で進歩が提案されたの設立ながら失速する可能性が高い新しいレギュレータが行われます。

タイ: - キー通信パラメーター - 2010〜2011

ピーターエヴァンス
2011年4月

このレポートのデータは、現時点で入手可能な最新のであり、現在の年のためにできない場合があります。

このレポートは、タイの電気通信およびデジタルメディア市場の動向と発展の包括的な概観を提供します。対象となる被験者は、次のとおりです。
主な統計;
市場および業界の概要;
規制環境;
主なプレーヤー(固定およびモバイル);
インフラ;
モバイル音声およびデータ市場;
VoIPを含むインターネット、;
ブロードバンド;
固定回線、携帯電話やインターネットの加入者のためのシナリオ予測。

----------
目次

章番号:ページ番号について:

1。KEY 1
2。通信市場 ................................................ ........................... 3
2.1国別の概要 3
2.1.1背景
2.1.2経済
2.2タイの通信市場.............................................. .......................................... 3
2.2.1概要
2.2.2背景
2.2.3政治的混乱と通信業界への影響
2.2.4政府の介入
3。規制環境 ................................................ .................................. 7
3.1規制改革 7
3.1.1背景
3.1.2電気通信法2001年
情報通信技術(MICT)の3.1.3省
3.1.4レギュレータ
3.1.4.1国家電気通信委員会(NTC)
3.1.4.2国立放送と電気通信委員会(NBTC)
3.1.4.3次五ヵ年マスタープラン
3.1.5コンセッションの変換
3.1.6税制
3.1.7民営化
3.1.8外国人所有
3.1.9相互接続料金
3.1.10国家の番号付け方式
3.1.11インターネットゲートウェイ
インターネットプロトコル(VoIP)経由で3.1.12ボイス
3.2法規制............................................... ........................................... 14
3.2.1第三世代(3G)携帯電話ライセンス
3.2.2 WiMAXの
プリペイド携帯電話サービスの3.2.3登録
3.3規制論争
4。固定ネットワーク市場 ............................................... ......................................... 17
4.1背景
4.2統計
4.3次世代ネットワーク(NGN)......................................... .................................. 18
4.4公衆電話
5。MAJOR
事業者向け5.1オペレーティング環境............................................. .......................... 20
5.1.1市場の概要
5.1.2歴史的背景
5.1.3モバイル市場
5.1.4オペレータの統計
5.2主な演算子
5.2.1アドバンストインフォサービス(AIS)
5.2.1.1概要
5.2.1.2キードライバー
5.2.1.3統計
5.2.1.4財務
5.2.1.5開発
5.2.1.6 3G戦略
5.2.1.7 AIS /アドバンスDatanetworkコミュニケーション(ADC)
5.2.1.7.1 WiMAXの
5.2.2 DTAC
5.2.2.1概要
5.2.2.2統計
5.2.2.3財務
5.2.2.4 3G戦略
5.2.3トゥルーコーポレーション
5.2.3.1背景
5.2.3.2会社の構造と金融の歴史
5.2.3.3財務
5.2.3.4固定回線サービス
5.2.3.5トゥルームーブ
5.2.3.5.1概要
5.2.3.5.2統計
5.2.3.5.3財務
5.2.3.5.4 3G戦略
5.2.3.5.5 PCTネットワーク
5.2.3.6トゥルーオンライン
5.2.3.6.1概要
5.2.3.6.2統計
5.2.3.6.3ブロードバンドサービス
5.2.3.6.4ブロードバンドの進展
5.2.3.6.4.1 WiMAXの
5.2.3.6.5価格戦略
タイCorpの5.2.4電話機構(TOT)
5.2.4.1概要
5.2.4.2統計
5.2.4.3ネットワークの拡張のアクティビティ
5.2.4.4 3G戦略
5.2.4.5提案民営化
5.2.4.6 TOTのブロードバンド
タイの5.2.5通信公社(CAT)
5.2.5.1概要
5.2.5.2ネットワークおよびビジネスの拡大
5.2.5.3提案民営化
5.2.5.4提案CAT / TOT合併
5.2.5.5 CATテレコムモバイル
5.2.5.5.1概要
5.2.5.5.2統計
5.2.5.5.3 3G戦略
5.2.5.6ハチソンCAT
5.2.5.6.1概要
5.2.5.6.2統計
5.2.5.6.3再構築
5.2.5.6.4買収計画
5.2.5.7 CATのブロードバンド
5.2.6タイの携帯電話、TOTとCAT
5.2.6.1 TOT / CATの合弁会社
5.2.6.2統計
タイの携帯電話合弁の5.2.6.3再編
5.2.6.4提案3Gネットワ​​ーク
5.2.7タイの電話&通信(TT&T)
5.2.7.1概要
5.2.7.2ビジネス開発
5.2.7.3会社と財務リストラ
5.2.7.4金融再生計画
5.2.7.5トリプルTブロードバンド/ジャスミン
6。通信インフラ ................................................ ...... 54
6.1ナショナルテレコムネットワーク.............................................. ........................................... 54
6.1.1概要
6.2国際インフラ............................................... ...................................... 54
6.2.1海底ケーブルネットワーク
建設中の6.2.2海底ケーブルシステム
6.2.2.1タイ米は、ケーブルのリンクを計画
6.2.2.2アジアパシフィックゲートウェイ(APG)
タイの6.2.2.3湾
6.2.3海底ケーブルの停止
6.2.4サテライトネットワーク
6.2.4.1概要
6.2.4.2 CATテレコムの役割
開発の6.2.4.3歴史
6.2.4.4 Thaicomの衛星ネットワーク
Thaicomの6.2.4.4.1政府の関心
6.2.4.5衛星放送テレビ
7。インターネット
7.1概要
7.2インターネットの統計
7.3 ISP市場
7.3.1概要
7.3.2市場の再編
7.3.2.1背景
7.3.2.2再編と改革
7.4タイのインターネットゲートウェイの交換............................................. ...................... 64
7.4.1概要
ゲートウェイ市場の開放7.4.2
7.4.2.1真のインターネットゲートウェイ(TIG)
7.5規制の問題
インターネットプロトコル(VoIP)..........................................比7.6ボイス............................... 66
8。ブロードバンド
8.1概要
8.2ブロードバンド統計............................................... .................................................. 0.67
8.3国家ブロードバンド政策.............................................. ......................................... 69
8.4デジタル加入者線(DSL)......................................... ....................................... 69
8.5ケーブルモデム
衛星を介して8.6インターネット
8.7接続可能な無線インターネット回線
8.7.1無線LAN
8.7.2 WiMAXの
8.7.2.1テスト
8.7.2.2ライセンス
8.7.2.3 NTCプロジェクト - 2010
8.8ファイバーツーザホーム(FTTH)....................................... .................................................. 72
9。放送市場 ................................................ .......................................... 74
9.1概要
9.2規制環境............................................... ............................................ 74
9.2.1提案された国家放送委員会(NBC)
9.2.2放送法2008
9.2.2.1国立放送と電気通信委員会(NBTC)
9.2.2.2 NBTC五カ年マスタープラン
9.3デジタルTV
9.4インターネットプロトコルテレビ(IPTV)......................................... .............................. 76
9.4.1高度なDatanetworkコミュニケーションズ株式会社(ADC)
真9.4.2
9.4.2.1ブロードバンドTV
9.4.3 TT&T
タイの9.4.4マスコミュニケーション機構(MCOT)
9.5自由に空気(FTA)テレビ........................................ .................................................. ..... 77
9.6有料テレビ
9.6.1真のビジョン(旧米国放送協会(UBC))
10。移動体通信 ................................................ ................................. 81
10.1概要
10.2モバイル統計
10.3コンクール
10.4法規制............................................... ........................................ 84
10.4.1携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
10.4.2仮想移動体通信事業(MVNO)
10.4.2.1ロクスリーのMVNOサービス
10.4.2.2エアアジア
10.4.3相互接続の取り決め
10.4.4ナショナルセキュリティ
10.5モバイル技術............................................... ................................................ 86
10.5.1 CDMA
10.5.2 PCTサービス
10.5.3汎用パケット無線サービス(GPRS)
10.5.3.1 AIS
10.5.3.2 DTAC
真10.5.3.3
GSM進化(EDGE)用10.5.4拡張データ
10.5.4.1 AIS
10.5.4.2 DTAC
真10.5.4.3
10.5.5第三世代(3G)携帯電話
10.5.5.1分析:タイが所定の位置に3Gを置くのに苦労 - 2011年1月
10.5.5.2 3Gライセンス:2010年の進展
10.5.5.3 3Gライセンス:2011年に進展
10.5.5.4 TOTのMVNOの戦略
10.5.5.4.1 AIS / TOT
LTE 10.5.6
10.5.6.1開発
10.6モバイル音声サービス.............................................. ............................................... 91
プリペイド10.6.1
10.7モバイルデータサービス.............................................. ................................................ 92
10.7.1概要
10.7.2ショートメッセージサービス(SMS)
10.7.3マルチメディアメッセージサービス(MMS)
10.8モバイルコンテンツとアプリケーション............................................. .............................. 92
10.8.1概要
10.8.2モバイルTV
11。
11.1予測 - 固定回線加入者........................................... .............................. 94
11.1.1概要
11.1.2予測 - 固定回線 - 2007 - 2008、2013、2018
11.2予測 - インターネットの加入者............................................. .............................. 95
11.2.1概要
11.2.2予測 - インターネット加入者 - 2007 - 2008、2013、2018
11.3見通し - 携帯電話加入者............................................. ................................ 96
11.3.1概要
11.3.2予測 - モバイル加入者 - 2007 - 2008、2013、2018
12。略語の解説 ............................................... ............................ 98

表の一覧

表番号:ページ番号について:
表1 - 国別統計タイ - 2011 .......................................... ................................. 1
表2 - 電話ネットワークの統計情報 - 2010 .......................................... ................................ 1
表3 - インターネットユーザーの統計 - 2010 .......................................... ......................................... 1
表4 - ブロードバンド統計 - 2010年9月.......................................... ........................... 1
表5 - モバイル統計 - 2010 ........................................... .................................................. 1
表6 - ナショナル電気通信当局............................................ ...................... 2
表7 - 固定回線と電話回線密度 - 1995年から2011年....................................... ......................... 17
表8 - オペレータによる固定回線加入者 - 2008年、2010年..................................... ................. 17
表9 - 固定回線加入者 - 地下鉄VS地方 - 2010 ..................................... ........... 18
表10 - サービスの公衆電話 - 2004から2010 ....................................... ...................... 18
表11 - プロバイダによる公衆電話 - 2009 ......................................... ............................ 19
表12 - 固定回線事業者と加入者 - 2009 ....................................... ................... 23
表13 - モバイル通信事業者、加入者との年次変化 - 2010 ...................................... 23
表14 - モバイル通信事業者、加入者と市場シェア - 2010 ...................................... ... 23
表15 - 主要モバイルオペレーターのARPU(プリペイドポストペイド、、ブレンド) - 2010 ................. 23
表16 - AIS:加入者と市場シェア - 2004; 2007年から2010年................................... ..... 24
表17 - AIS:携帯電話加入者とARPU(ポストペイドとプリペイド) - 2010 ...................... 24
表18 - AIS:ARPU(ポストペイド、プリペイドおよびブレンド) - 2007年から2010年................................. 0.25
表19 - AIS:非音声からの収入の割合 - 2008年から2011年.................................. ... 25
表20 - AIS:資本支出 - 2008年から2011年....................................... ........................... 25
表21 - DTAC:加入者と市場シェア - 2002 - 2003; 2005年から2010年........................ 28
表22 - DTAC:携帯電話加入者とARPU(ポストペイドとプリペイド) - 2010 .................. 29
表23 - DTAC:ARPU(ポストペイド、プリペイドおよびブレンド) - 2008年から2010年.............................. 29
表24 - 真の総収入 - 2004年から2010年........................................ ............................... 31
表25 - トゥルーコーポレーション:資本支出 - 2007年から2011年...................................... .................. 32
表26 - 真の固定回線加入者 - 2004年から2010年...................................... ...................... 32
表27 - 真の固定回線のARPU - 2004年から2010年....................................... ............................ 33
表28 - 真の公衆電話ARPU - 2004年から2010年........................................ .......................... 33
表29 - 真の移動:加入者と市場シェア - 2004年から2010年.................................... ... 34
表30 - 真の移動:携帯電話加入者とARPU(ポストペイドとプリペイド) - 2010 ........... 34
表31 - 真の移動:ARPU(ポストペイド、プリペイドおよびブレンド) - 2007年から2010年....................... 34
表32 - 真の移動:非音声からの収入の割合 - 2008年から2011年.......................... 35
表33 - 真のPCTの契約者 - 2004年から2010年........................................ ........................... 36
表34 - 真の固定インターネット加入者 - 2003年から2010年....................................... .............. 37
表35 - 真のブロードバンド加入者 - 2001 - 2002; 2004年から2012年.................................... 0.37
表36 - TOTの固定回線加入者 - 2005年から2010年...................................... ..................... 39
表37 - TOTの総収入 - 2005年から2010年........................................ ............................... 40
表38 - TOTの公衆電話 - 2005から2010 ......................................... .................................... 40
表39 - TOTのブロードバンドサービス - 2007年から2010年........................................ ....................... 42
表40 - サービスのTOTのブロードバンドインターネットポート - 2009 ....................................... .......... 42
表41 - TOTのブロードバンド加入者 - 2007年から2010年........................................ .................. 42
表42 - CATテレコムの加入者増加 - 2006年から2009年....................................... ........... 45
表43 - ハチソンCAT:加入者と市場シェア - 2003; 2007年から2010年..................... 46
表44 - タイのモバイルテレコムの加入者増加 - 2002年から2009年...................................... 0.48
表45 - トリプルTブロードバンドの加入者 - 2004; 2007年から2009年..................................... ..... 52
表46 - インターネットユーザー - 1996年から2011年......................................... .......................................... 61
表47 - インターネットの契約者 - 1997年から2011年......................................... ................................ 61
表48 - 国際インターネット帯域幅 - 2000年から2010年........................................ ............ 62
表49 - 固定ブロードバンド加入者と浸透 - 2001年から2011年................................. 67
表50 - ブロードバンド加入者と世帯 - 2010年9月..................................... 68
表51 - 主なブロードバンドの選手と契約者 - 2010年9月................................ 68
表52 - DSLの契約者 - 2002年から2010年......................................... ...................................... 68
表53 - キー放送の統計 - 2010 .......................................... ............................... 74
表54 - 有料テレビ加入者 - 1996年から2002年........................................ .................................. 78
表55 - 2002 - - プラットフォームによってテレビの加入者を有料2010 ...................................... ................ 78
表56 - トゥルービジョン/ UBC - 1998 - - TVの加入者負担2010 ................................... ..... 79
表57 - トゥルービジョン - 合計とFTAの加入 - 2007年から2010年.................................... .. 80
表58 - トゥルービジョン - 有料テレビARPU - 2003年から2010年..................................... ................... 80
表59 - モバイル加入者 - 1999年から2012年......................................... .................................. 81
表60 - モバイルサービスの収益とARPU - 1998年から2012年...................................... .......... 82
表61 - モバイル通信事業者、加入者との年次変化 - 2010 ...................................... 82
表62 - その他の携帯電話事業者、加入者との年次変化 - 2009年3月................ 83
表63 - モバイル通信事業者、加入者と市場シェア - 2010 ...................................... ... 83
表64 - 主要モバイルオペレーターのARPU(プリペイドポストペイド、、ブレンド) - 2009年から2010年...... 83
表65 - モバイル加入者 - プリペイドとポストペイド - 2006年から2010年..................................... 0.91
表66 - 予測の固定回線加入者普及率 - 2007 - 2008、2013、2018 ... 94
表67 - 予測のインターネットの加入者普及率 - 2007 - 2008、2013、2018年..... 96
表68 - 予報携帯電話加入者普及率 - 2007 - 2008、2013、2018 ........ 96
チャートのリスト
チャート番号:ページ番号について:
図表1 - AISの財務 - 2007年から2010年......................................... .......................................... 26
図2 - 真の移動の財務 - 2007年から2010年........................................ ................................ 32
図3 - 固定および携帯電話加入者 - 1999年から2010年....................................... ..................... 54
図4 - 固定ブロードバンド加入者 - 合計対DSL - 2003年から2010年.................................... 0.68
図表5 - モバイル加入者とARPU - 2002年から2010年....................................... .................. 82
展示品のリスト
展示番号:ページ番号について:
図表1 - 電気通信部門のためのタイの外国所有権の法律............................... 12
2を示す - 主な演算子を市場セグメントによって.......................................... ............................ 20
図表3 - 真Corpの主要株主 - 2010年3月........................................ ............. 30
図表4 - 海底ケーブルネットワーク - 2011 .......................................... ............................... 55
図表5 - Thaicomの衛星ネットワーク - 2011 .......................................... ............................. 58
タイでの許諾のISP - - 6出展2011 ......................................... ................................ 62
図表7 - 通信会社が運営するISPは.......................................... ............................ 62
図表8 - タイでの国際インターネットゲートウェイの演算子 - 2011 .............................. 65
図表9 - FTAのテレビ放送............................................ ................................................ 78
図表10 - 主な携帯電話事業者や外国人株主 - 2010 .................................... 83

アジアに関する私たちの情報の完全な概要については、アジア市場でwww.budde.com.au、または他のBuddeCommレポートで参照してください。
アフガニスタンアルメニアアゼルバイジャン
バングラデシュブータンブルネイダルサラーム国
カンボジア中国東ティモール
グルジア香港インド
インドネシア日本カザフスタン
キルギスタンラオスマカオ
マレーシアモルディブモンゴル
ミャンマー(ビルマ)ネパール、北朝鮮
パキスタンフィリピンシンガポール
韓国スリランカ台湾
タジキスタンタイトルクメニスタン
ウズベキスタンベトナム

アジアでの私たちの垂直市場のレポートの完全な概要については、以下を参照してください。
アジアの固定ブロードバンドとインターネット市場;
アジアの固定音声市場
アジアのテレコム予測;
アジアのモバイルデータおよびワイヤレスブロードバンド市場;
アジア - 移動体通信事業者;
アジアのモバイル音声市場;
アジアの通信インフラ;
アジア - モバイル、ブロードバンドとデジタル経済の概要アジア統計レポート:
アジア - インターネット、ブロードバンドおよびコンバージェンスの統計(テーブルのみ)。
アジア - モバイル通信統計(テーブルのみ)。
アジア - テレコムの固定回線の統計(表のみ)。

私たちの技術ライブラリーの完全な概要については、当社の他のBuddeCommのレポートを参照してください。
ブロードバンド技術ハンドブック;
デジタルメディア技術ハンドブック - デジタルTV、モバイルTV、IPTV、MPEG;
インターネット技術ハンドブック第1巻 - インフラ;
インターネットテクノロジーハンドブック第2巻 - ウェブ開発&オーディオビジュアルコーディング;
インターネット技術ハンドブック第3巻 - IPテクニック;
インターネットテクノロジーハンドブック第4巻 - IPv6の;
インターネットテクノロジーハンドブックVolume 5 - 危機をルーティング&アドレッシング;
モバイル通信およびモバイルデータ技術ハンドブック;
電気通信インフラ技術ハンドブック - 第1巻 - ラストマイル;
電気通信インフラ技術ハンドブック - 第2巻 - 長距離&データ;
ワイヤレスブロードバンド技術ハンドブック。

----------
1。KEYの統計

表1 - 国別統計タイ - 2011

表2 - 電話ネットワークの統計情報 - 2010

表3 - インターネットユーザーの統計情報 - 2010

表4 - ブロードバンド統計 - 2010年9月

表5 - モバイル統計 - 2010

表6 - ナショナル電気通信当局

----------
2。通信市場

2.1国の概要

2.1.1背景
タイはマレーシアで南にラオスやカンボジア、で東に、ミャンマー、ラオス、北に隣接し、東南アジアの国、である。国は、タイ湾と南へと西のアンダマン海に重要な海岸線を持っています。

タイは、2010年までに6800万周りにいた約513000平方キロメートル、人口の土地の質量を持っています。
国の公用語はタイ語です。その主な宗教は仏教です。

1985年から1995年の間にその経済のタイの開発に成功したが、輸出が経済に主要な貢献者で、大規模な工業化に基づいていた。同時に、国も手ごわい観光産業を築いてきました。

2.1.2経済
タイは1990年代後半のアジア経済危機後の良好な回復を行い、堅実な成長の5つまたはそう年を経験した。しかし、国民経済は、金融アナリストは、政府が対処するための改革のさらなる緊急の問題があったことを警告するとともに、2005年にある程度spluttered。

その後、2006年に入ってくる、国は深刻な政治危機のグリップに自分自身を発見した。タイの政治的な問題は、危機後の危機の引き金を続けており、潜在的な問題が明確に解決するのに時間がかかるとしていた。政治情勢は確かに経済の助けにはなっていなかった。

2009年までに、2008年の世界金融危機のクリープの影響は、タイに被害を取るし始めていた。
景況感は著しく政治的不安定の4年間で到達した国では、外部要因がその苦境に追加されました。2008年のGDP成長率は2.6%前後に落ちていたし、国際通貨基金(IMF)は、2009年に負になると予測していた(-3%)とそれが実際に-2.2%に収まった。経済に圧迫の重要な要因の数にもかかわらず、2010年に達成7.8%の控除GDP成長率以上のものを見た。経済は一般にしかし、不安定であると考えられた。タイのGDP成長率はその年に戻って4%に下がると、2011年の開始時に国際通貨基金(IMF)の見通し。

その間に、国は安定と効率的な政府の切実に必要です。別に進行中の政治的不安定の脅威から、世界的な金融危機の長引く後遺症はタイ経済にとって大きな問題である。

(2) 2タイの通信市場

2.2.1概要
いずれかのものは、タイの通信業界を特徴付ける場合、それはおそらくセクターの改革と再規制へのストップスタートのアプローチです。重要なステップは、通信で撮影された2000年に法律として採択されて動作しますが、歴代政権はそれ以来、その実装にゆっくりと移動している。
最も批判的にそれは座談新しいテレコムレギュレータ、国家電気通信委員会(NTC)が、最終的にセットアップして働いていたことを2004年までではなかった。

それ以来、いくつかの良い作業が行われており、規制地域で重要なステップ取られますが、両方とも外国人と地元の企業は、改革の遅れでイライラされており、これらの遅延が作成する不確実性はすべての関係者にとって頭痛の種となっています。2010年までに規制緩和の問題の範囲が直面する叫んでいた。大きな構造改革の課題の一つ - の役割の定義とTOTとCATの再編は、 - 依然として緊急の注意を厳しいものだった。委員会が最初に確立されてからNTCに公平に、しかし、規制環境は、一貫性のある方向の持続期間を見ていない。

2.2.2背景
NTCは最初に操業を開始した後、それは必然的に知識を得るには時間がかかりました。当然のことながら、  あまりにも、それは政府から一定の政策の方向性を探していました。しかし、これは来るべきではなかった。
最初に、軍事打ち倒したタクシンの政府2006年の後半、その後暫定政権  に続くが、2007年後半に選出された政府によって置き換えられました。

新しいサマック政権は、却下と与党の人民力党は、溶解し  、わずか12ヵ月後に憲法裁判所の決定。2009年初頭に、交換用の政府がした  首相としての民主党のMrアピVejjajivaで形成。 
(詳細については  政治的混乱や通信セクターへの影響、章2.2.3、5ページ参照)

それにもかかわらず、規制の方向がない場合は、タイの電気通信セクターを停止していない  国の経済全体の中で重要な要素であることを継続するから。の再編  1990年代後半の経済危機以降のタイの経済はかなりの焦点を求められます  特に、電気通信セクターを。通信事業者による債務リストラは継続的なプロセスであり、として  その結果、部門が現場に到着する外国企業の数を見ていた。

モバイル複占-アドバンストインフォサービス(AIS)および総アクセスの通信は、(のような取引  DTAC) -徐々に新規参入からの挑戦の下に来た。新しいプレーヤー、TAオレンジ  (トゥルームーブになったもの)と再構築塌湾、確かに作成された、ハチソンCATとして動作して  活況を呈してタイのモバイル市場への関心を、しかし2009年までにAISとDTACは依然として約75%保有する  間の総加入者ベースのそれら。競争が携帯電話では間違いなく増加していなかった間、  セクター、携帯電話はまた、固定回線よりも格段に高い率で成長していた。合計  の携帯電話加入者数は2001年に固定回線の接続数を超えて参戦。で  普及率は2009年に100%を通過した、携帯電話市場は、わずか7で八重に拡大してきた  年。

これとは対照的に、固定回線事業者の事業戦略は、より保守的とする傾向であった  既存のクライアントの間の付加価値サービス(VAS)のサブスクリプション率を増加を中心に展開  が同じで、それがますます困難にしながら収入を駆動するために入札の拠点加入者に  差し迫った業界の規制緩和の面でサービスプロバイダーを変更する。演算子は、期待された  革新的なマーケティングキャンペーンを通じて需要を牽引。

実質的な背面のデジタル加入者線(DSL)ブロードバンドサービスの展開に  ブロードバンドを推進する政府が支援する構想もある程度の影響が予想され  、固定回線のインフラ需要を。タイでのブロードバンドインターネットサービスの普及はしていた  ささやかな。2004年に情報通信技術(MICT)の省は強力な開始  安価なブロードバンドのプッシュをし、このキャンペーンでTOTを支援していた。これは、ブロードバンドインターネットを見た  市場のセグメントは、2004/05年の大幅な拡大を開始。初期の2011年までに推定さがあった  国の220万のDSL加入者は。これは全体の固定ブロードバンド加入者ベース外だった  270万。一方、固定ブロードバンドの普及率はわずか4%程度、市場が上にあったまだあった  はっきりと肯定的な成長経路。

右の市場全体とすべての市場セグメントにおける競争を増加させるとともに、通信事業者は、  貸借対照表および株主のための駆動値に集中し続けていた、彼らはまた、された  先に変更のために自分の位置を決める上で動作し続け。債務再編努力がされたとして  完成、同様に金融および株主のために高い規律を適用するために事業者に求めていた  支出と投資の制御、クライアントベースの成長、および新製品を開発し、  向上させながら、または少なくとも維持し、彼らの平均収入あたりのユーザー(ARPU)。

2.2.3政治的混乱と通信業界への影響
政治情勢は確かにタイの電気通信の発展において重要な役割を果たしてきました。戻って2001年の総選挙は、新政府が国を支配タクシン率いる、タイ愛国党として、選出しました。著しく、またシンコーポレーションの創設者だった、新首相、ビジネスマン、、国内で最大の通信コングロマリットは、野心的な改革のアジェンダに着手した。しかし、彼の政府は、主要な改革の数で行き詰まる重くなった。

政府二つの国営通信事業者、TOTとCATを民営化するという作業には失敗したものの、それは最終的な場所に最終的に2005年に現実のものとなる新しい通信レギュレータ、NTCを、置くことができた。

その間に、タクシンファミリーは買収が最終的にタクシンの政府に対して行動を起こす軍事用のトリガーを提供する新社でその株を売却。軍事クーデターでタクシン政権の崩壊とともに、同国の通信セクターの改革のための一般的なプッシュは、異なるパスを取るようになった。クーデター後、軍部が任命した政府は、AISとDTACの所有権の再構築を強制的に、電気通信分野における外国人持株比率の制限を強化するための法律を導入しました。政府は一つの問題ではっきりしていた:それは2つの国営通信企業を民営化するつもりはなかった。

軍は総選挙を保持するためにその約束を守ったし、新たな連立政権が新内閣で首相サマックSundaravej下で形成され、2007年末には選挙を以下 - とMICT大臣 - 2008年の開始時に宣誓 - にいる。初期の2008年までにタイの通信業界は、業界の信頼を確保するために前政権によって開始された規制の改革を支持し続けるために新政府を促していた。主な演算子も邁進し、業界で"土俵"に政策や規制を明確にするために政府に呼びかけた。

演算子は、政府の彼らのロビー活動で非常にボーカルになりました。DTACは、オペレータは新しい政府が取り組むことを期待するという5つの分野を概説。
接続料;
収益分配構造;
アクセス料金。
番号ポータビリティ;
第三世代(3G)携帯電話ライセンスの発行。

その後、2008年後半に、タイ憲法裁判所は彼の辞職を強制的に利害の対立の氏サマックSundaravejは有罪。氏ソムチャイWongsawatは、その後、タイの議会で首相に選出されました。二ヶ月後に別の同じように劇的な動きの中で、タイ憲法裁判所は与党国民の力党が解散されると、37のエグゼクティブメンバーは5年間の政治から禁止するという判決を下した。その決定を行う際に裁判所はまた、氏ソムチャイは、もはや彼の立場を保持できるようにしないという判決を下した。

氏アピVejjajiva、タイの民主党のリーダーは、首相となり、新内閣が正式に就任した。彼は2009年初頭に彼の連立政権を形成したときに、アピシット首相は、一般的にICTのための大臣を任命するの貧しい選択肢として見ていたものでした。この主要な省庁のリーダーシップのその後の欠如は、業界全体に深刻な懸念を引き起こした。

2010年までに政府は通信セクターの改革へのコミットメントを希釈しているように見えた。国営放送と電気通信委員会(NBTC)(2011年に発生する可能性)の確立は少なく、独立したレギュレータと政府の政策を実施する傾向になるであろうものを形成すると見られていた。

2011年2月に格付け機関フィッチは、タイの電気通信部門は2011年には財政的に強固なままにする一方、部門は主要な民間通信事業者の財務パフォーマンスに影響を与える可能性が高まって法律上および規制上のリスクに直面し続けたことを発表しました。TOTとCATテレコム - - 彼らのコンセッショネア、AIS、DTAC、Trueを移動、または権益の可能取り消しに対して特に、民間の通信事業者のための譲歩のレビューはstateownedテレコム企業による実質的な金銭債権につながる可能性があります。他の懸念は、新たな投資と株主の支持に影響を与える可能性のある外国の所有権法の締め付けを、含まれています。

2.2.4政府の介入
インターネットを含むメディアの検閲は、タイでより広範囲に成長してきました。政治ニュースの厳格な制御は、過去10年間、歴代政権の下でより一般的になっている。
記者は、国境なき(RSF)世界的な報道の自由インデックス2009は2004年に59位から落下させてしまった、175カ国からタイ第百三十位にランクされています。検閲は、驚くほど、2007年に軍が任命した政府の下、より一般的になっていない一方、RSFによるとそれもアピVejjajivaのより緩やかな政府とみなされていたもので、2009年に悪化している。

これは、いくつかの32000のウェブサイトが2002年からタイのインターネットユーザーにブロックされていたこと、2008年にタイの警察によって明らかにされた。タイ警察とCATテレコム - - インターネットの検閲を実施する責任を負うタイ政府は2つのボディで、洗練されたインターネットフィルタリングシステムを運営。

タイのプミポンアドゥンヤデート国王ビデオの後、2007年に侮辱的な人気のビデオ共有サイトYouTubeへのアクセスをブロックされたタイ政府は、サイト上に掲載されました。他の制限されたサイトは、タクシン首相の退陣についての物語を放映していた二人ともBBCやCNNなど外国の報道機関が含まれています。

コンピューター犯罪法は、2007年にタイで発効した。この法律は、驚くほどポルノを広め人々を処罰する規定が含まれていない、国家安全保障が脅かされたり、君主制を侮辱。劇的な動きで、2008年にタイの裁判所は、400のウェブサイトがシャットダウンされるように命令し、王室への無礼コンテンツを伝送するためのさらなる1,200ブロック。

RSFは、当局が君主制への中傷とみなさオンラインでメッセージを投稿するときに使用されるものに自分のコンピュータのインターネットアドレスに一致したと主張した後、それは一人のユーザーの逮捕を嘆いたことが2008年に言った。
それと同時に、観察者は調査のレコード番号が15年までの懲役を運ぶことができるlese majesteケース、中に実施されていた注意していた。

----------
3。規制環境

3.1規制改革

3.1.1背景
多くの発展途上の東南アジア諸国と同様に、タイ政府は強く、経済成長のための触媒としての電気通信およびケーブルテレビ/衛星イン​​フラの急速な拡大をサポートしてきました。早くも1991年に民間部門は政府があるなしに国の電気通信のための巨大な需要を満たすことができないということを考えると、BTO方式の(BTO)に基づき電気通信分野の拡大に参加するよう招待されました援助。

国のための強力な通信部門のビジョンをマッチさせるには、それはまた国の通信市場での建設的な改革を追求するために連続したタイの行政の重要な役割をしている。時にはそれが場所に独立した電気通信レギュレータを置くのにかかった時間という大きな失望のいずれかで、行うことが重大な進歩のための真の闘争している。

タイはまた、グローバルな舞台での深刻なプレーヤーを目指しています。国が1995年に世界貿易機関(WTO)のメンバーシップを付与されたとき、それは完全にWTOルールに準拠して、その電気通信業界の自由化を約束。それは実際には2006年までに完全自由化にコミットしていた。
長い間、それはタイの電気通信部門は抜本的な改革の必要性にあったこと、様々な利害関係者によって認識されています。

歴代政府は、1997年以来、改革の過程で苦労されていた。特に一つの問題、収益分配(譲歩)配置を撤廃する必要性が、改革の議題に高くなっている。いずれにせよ、利権システムは、タイのWTOのコミットメントに沿って変更する必要がありました。通信分野への民間セクターの導入は、建設的な動きをしていたが、地元の産業界では陽性と関係のネガの両方を経験した。それは改革が必要とされたことが確認された。

キー電気通信法案、更なる自由化の準備のためにタイの通信市場の法制度改革への重要な一、立法の承認を受けたときに改革のプロセスにおける重要なステップが発生しました。NTC - - そしてこの委員会の責任と権限をレイアウトする電気通信法2001年は、明示的に本質的な提案独立した規制機関を確立するためのフレームワークを概説した。同時に、放送法の形で関連する法律は、国家放送委員会(NBC)の作成に取り組んだ。

多数の遅延後NTCは最終的に2004年後半に設立された、2005年の開始時に操業を開始。(章3.1.4.1、9ページを参照してください)​​。

代わりにNTCで、同国の通信セクターの改革は、多くの必要な後押しを受けた。しかし、まだ規制改革プログラムの完全な実装に多くの障壁がそこに残った。

3.1.2電気通信法2001年
同時に法2001年に開発し、最終的に国の電気通信部門の管理と規制を制定していた通信は、2002年までトランスポート&コミュニケーションズ(交通部)の省の憲章の下で動作three電気通信国営企業を関与。これらの国営企業とそれぞれの役割は次のとおりだった:
タイの電話機構(TOT)、近隣諸国や他のVASに国内通信、国際電話を提供し、携帯電話用の900MHzと1900MHzの周波数範囲を制御する。
携帯電話向けに1800MHzの周波数を制御するデータの通信、無線通信、電信、テレックス、電話、携帯電話をはじめとする国際電話サービスを(近隣諸国を除く)を提供するタイの通信公社(CAT)、、;
投稿と電信局(PTD)、衛星とラジオの周波数を提供し、高度な通信技術の研究を行っ。

遅延の一連の後、タイの電気通信改革を断行し、最終的に確立するために立法  の独立した通信のレギュレータは、最終的に2001年に可決された。法案は重要なステップと考えられていた  業界が2006年に完全目標日までに自由化される前に通信セクターの規制緩和。

次のように電気通信法2001年の主な規定は次のとおりだった:
産業用レギュレータとして電気通信委員会の設立。それはすることだった  6年間のためのオフィスを保持することがそれぞれの人の、7名で構成される。他の  NTCに関する規定は、放送法(1999年)に発見されるべきだった。
電気通信事業を運営を希望する者は、ライセンスのためにNTCに適用され、提出しなければならない  投資計画および電気通信サービスを提供するために、そのプランの両方を。NTCは課すことができる  遠隔地にまたは不利な立場や特殊なグループに供給するサービス、必要条件  やその他の条件を。
NTCは、ライセンスの3つのタイプを発行する力を持つことでした。
独自のネットワークなしにオペレータへ。
セクションまたはセクションにサービスを提供する独自のネットワーク、の有無にかかわらず、オペレータへの  公共の;
全体としての公共へのサービスを提供するネットワークを持つオペレータに。
NTCは、一般に入手可能でなければならない、ライセンスを付与するためのルールを策定することでした。
同法は、ライセンス申請のための一般的な資格を設定します。
上記ライセンスの2番目または3番目のタイプのための申請者:
のように外国人事業法は1999年に定義された"外国人"であってはならない(広義には、これはそれが意味する  外国の個人や会社、または過半数を所有であるタイの企業であってはならない  外国人);
タイ人は、申請者の資本の少なくとも75%を所有している必要があります。
申請者の役員の少なくとも4分の3はタイの国籍を有するもの;
会社をバインドする力を持っている申請者の認定ディレクター/ sは、タイのでなければ  国民。

NTCのボードの選択は、法律に従うことでした。委員会は、その後に来ることができる  効果。予想通り、この法案はまた、独立したとして動作するようにNTCのためのガイドラインを提供する  レギュレータとライセンスベースのスキームへの収益分配システムから通信業界を変更することを。

高度に調節通信業界が経由して実行されたことにより、元の規制環境、  企業が構築され、支払われた、独自のネットワークや、転送されるの下、利権システム  に設定され、営業利益のシェアと引き換えに、国営の機関に所有権を変更。システムは、  オペレータが彼らのグロスの割合が支払わなければならなかったように通信会社の多くの問題をしていた  10%からできるだけ多く43%に至るまで、州政府機関への収入を。しかし、いくつかの民間事業者がいた  それは、既存の演算子が与えられることになるかは明らかではなかったとして、あいまいとして新たな法案を説明した  ライセンス。

新しい法律の中で最も物議を醸す問題の一つは、タイにおける外国人所有の制限された  49%の前の限界と比較して25%の企業。2002年には、しかし、政府が同意した  電気通信法を改正するために、タイ語では許可されて外国の保有上限引き上げ  、それによって2001年に組み込まれて提供反転、25%から49%に通信会社を  電気通信法を。

情報通信技術(MICT)の3.1.3省
重要な戦略的な動きとして見ていたもので、新しい省、情報省  通信技術(MICT)は、2002年にタイで設立されました。それと同時に、あらゆる  国家電子コンピュータ技術センター(NECTEC)と呼ばれる既存のボディにはなった  MICTの下に代理店。政府は省庁が責任を負うことを宣言していた  国家情報との平等なアクセスの提供、全国の人々にICTスキルを提供し  、通信インフラを、ITおよび通信産業の振興、電子商取引の増加  、競争力をし、電子政府のイニシアチブを通じて、政府の作業プロセスを改善する。置く  だけで、MICTのチャーターは、情報と通過国の効率性を高めることであった  通信技術。

3.1.4レギュレータ

3.1.4.1国家電気通信委員会(NTC)
電気通信法2001がついに場所でタイの通信業界の再編のためのフレームワークを置いした、それは優先順位が早い時期にNTCを確立するために与えられるために必要なことが明らかになった。NTCの役割と義務は、法に定められた。

新たなライセンスは、NTC立法が検討されていた全体の時間のために発行されませんでした。
この法案の通過に続いて、方法は2つの主要な改革のために、少なくとも理論的には、はっきりしていた。
コンセッション契約の提案変換。コンセッションの変換は、財政的に譲歩システムによってhamstrungされていたタイの電話・通信(TT&T)などの演算子を助けるために期待されていた。
事業者間の相互接続料の導入。これらの手数料の導入の遅れは、それらが各モバイル加入者に対してTOTにTHB200毎月の送信料を払う必要があるので、プリペイド式携帯電話などのサービスを提供するいくつかの演算子の能力に影響を及ぼしていた。

新しい国の規制機関なく、法案自体は役に立たないまま、理由は明らかに、すぐに場所にNTCを置くために、障害が懸念されるであろう。しかし、深刻な遅延は、セクター改革に大きな痛手を提供し、発生しました。

ついに2004年に完成に近づいてNTCの作成を、PTDは、NTCが含め設立後の4つの緊急の仕事を、持っていると述べた。
相互接続料の導入。
新しい電話番号の範囲の配分;
公正で競争力のある電気通信市場の作成(これは譲歩の変換プロセスを含んでおり、ライセンスにコンセッション契約の転換を監督し、新しいライセンス所有者に資産を譲渡関係);
ライセンスを発行するための管理プロセスをセットアップする。

タイの上院は、委員会に座って7名の選任を確認したNTCの作成は2004年に最終段階に入った。委員会は正式にその最初の委員長として軍全般Chuchart Promprasitを選出。王室の同意を待つ必要性から離れ、NTC事務局へのPTDの移転は、手数料の設定までを完了するために必要とされた。2005年の開始時にNTCが稼働していました。

その初期のアクションの1つで、NTCは、原則として2010年に期間2005をカバーするドラフト通信マスタープランを承認した。マスタープランは、公正な競争、透明性を確保するため、市場の独占を防ぐと同等のサービスへのアクセスを促進する規制のガイドラインを提供することを意図した。起草委員会は、公聴会のプロセスのためにそれを提出する前に、NTCからの推奨事項に従うマスタープランの一部を改正の過程にあった。

NTCは、正式に2010年にかけて2008年の電気通信企業のマスタープランを公表した。
計画は、"公正かつ自由な競争を可能にし、一般の人の参加拡大"でタイの通信市場を強化する上で権威のフォーカスと強調して確認した。レギュレータは、特にWiMAXの周波数のライセンスに言及した。

3.1.4.2国立放送と電気通信委員会(NBTC)
NTCの設定で、場所でも、NBCではないとの関与長く複雑なプロセスに続いて、複合国立放送通信委員会(NBTC)のための成長支援があった。規制の収束へのタイの通信レギュレータの態度が批判を集めていた。特に、NTCは通信、放送とメディアの融合のために準備不足と国は既に何もせずに、収束の話を10年を無駄にしていた国を離れていたと主張した。

さらに、マージされた放送と通信のレギュレータのための計画、提案NBTCは、根本的な問題を変更しないことが示唆された。NBTCはむしろインフラ部門とコンテンツ部門を持つよりも、過去に同様の電気通信のアームと放送の腕、中に内部的に分割されるためでした。その結果、誰も責任を取って喜んでであることないだろう、多くの"灰色の領域"があるでしょう。

2010年3月に下院のタイの家は、長い遅延の最終的な測定値が承認  周波数の割り当て、管理する新しいレギュレータとしてNBTCを確立することであった法律の草案  放送と通信を。法案の下で、11メンバーNBTCは、確立されることになっていた  NTCを交換する。

2010年後半までに中心的な問題は、"電気通信業界を規制するのは誰?"になっていた の遅れ  3Gサービスのライセンス供与はしていた遅延の長いシリーズのほんの一例になっていた  10年以上にわたってタイの電気通信業界に根強い。技術的にセクタがされて話して  NTCで規制されている。しかし、NTCは、政府が持つ機能不全の権威になっていた  、その提案された新しい規制当局、NBTCを確立するために移動する。新しいエンティティが最終的にされた  現実のものとなるように始めて。

重要なのは、NBTCは、独立規制機関の通常の方法で行動することが期待されていませんでした。 NTCは、確かに独立して動作しようとしたが、NBTCは、次のように多くを動作するように設計されて  中央政府の政策の執行者。これは、ほとんど増加3Gにつながると、例えばチップを渡したされた  ライセンス料。その間に、タイの通信市場は、ますます外国で見られていた  接続されている不確実性の高い危険なものとして、投資家。

2010年12月までにNBTCを確立するプロセスは、公式の以下の方法で最終的にあった  ロイヤルガゼットの周波数割り当て法の出版物。法律はの形成規定している  王室の承認の180日以内に十一メンバーNBTCを。新しいレギュレータがされます 2100MHz 3G携帯のライセンスを割り当てることが許されています。これにより、停止、ライセンスプロセスを続行できるようになります  NTCは周波数を発行する権限を持っていないことが判明した後。すべての責任を  NTCに所属するがNBTCに転送されます。

3.1.4.3次五ヵ年マスタープラン
2011年初頭では、これはNBTCは、すでに5年間のマスタープラン策定されたことが報告されていた  2011年5月に完成すると予想されたが。これはNBTCはまだであったにもかかわらずだ  暫定レギュレータやボードを使用せずに動作していた。計画の実施を開始することであった  就任新十一メンバーNBTCボードの三ヶ月以内。
マスタープランは、10MB / sのインターネットサービスを確保するなどのブロードバンドインターネットの目標含むように設定された  人口の少なくとも50%をカバーおよび100Mb / sのインターネットの確保、農村部の住民のための  タイの中の少なくとも15%をカバーし、都市住民のためのサービスを人口。全国の、計画は  その誰も5年以内に少なくとも2MB / sの速度へのアクセスが配信されるべきであると指定します。
さらに、計画の下で基本的な電気通信の音声サービスは99%のカバーすべき  人口とデータサービス90%。音声サービスの料金は、から少なくとも28%削減される  データのサービス料が65%下落するだろうとしながら、現在のレート。

3.1.5コンセッションの変換

タイは非常に通信業界は、複雑な経由して、長年にわたって実行されていた規制されている  し構築され、自身のネットワークのために支払ったと企業が転送されるの下、利権システム  の見返りに、二つの国営機関、TOTやCATのいずれかに彼らの所有権を独自の共有  、営業利益。

企業は、TOTとする、10%から43%に至るまで、彼らの収入の割合を払っている  ネットワーク自体が構築され、のために支払っていた会社を運営する権利のためのCAT。演算子はしていた  長い間、一部は他より安く支払ったとして、システムが不公正だという不満。また、TOTとの両方  が、あまりにも、携帯電話と固定電話のサービスを運営するので、CATは、競争相手として見ていた。
タイ政府は、電気通信における不正競争解決するために数年間努めてきた  テレコムによって民間事業者に付与された譲歩の細部の違いによる産業  国営企業TOTとCATテレコムを。しかし、政府と民間の違い  譲歩の評価上の演算子は、しようとする試みは以前の主要な障害物が形成されている  譲歩を変換する。

新しいライセンス契約にこれらの譲歩を変換するための歴代政府による努力は  継続されている。2009年後半のことで問題は通信であることを示すNTCとの未解決のまま  事業者が譲歩していたのICTマスタープランの下、2010年に変換表示される可能性がある  、2009年半ばに閣議決定された。

やや矛盾した声明の中で、NTCは市場自由化のための動き"がことを宣言  来年はより多くの譲歩がないと同じように、TOTとCATテレコムには影響しません。" TOTとCATは、  3Gライセンスの授与は、譲歩の所有者が移動できるようになることが文句を言っていた  状態で規制手数料を節約するために新しいライセンスへの譲歩から、顧客を  企業の費用。レギュレータは、計画の準備には2つの状態テレコム企業を奨励していた  譲歩するエンドに対応してそれらに譲渡された資産を最大限に活用するために  譲歩ホルダーを。

譲歩を変換するための努力は、財務省(MOF)が発表した2010年に続いて  変換して前進するために月に計画を。同省の国有企業の政策庁はしていた  関係省庁と議論されていた計画の細部の作業に割り当てられて  で民間事業とし、レギュレータの関係者だけでなく、TOTとCATテレコムではないが  、その段階。譲歩を変換する計画が提案された3Gと連携して場所を取ることだった  オークション。(チャプター3.2.1、ページ14を参照)

CATテレコムは、裁判所にNTCを取ったとするときしかし、すべてこれは2010年9月の後退に苦しんだ  が正常に3Gオークションを実施するために、レギュレータの権利に挑戦。これの起こりそうな結果は、  それは一度NBTC、提案された新しいレギュレータは、3Gオークションの実施を引き継ぐことだった  が確立されていた。新しいレギュレータは変換するために以前のすべての努力に戻って風にチップを渡したされた  危険にさらされて全体の戦略を入れて譲歩を。

2010年12月にTOTは、譲歩の紛争の解決のためにプッシュし続けていると述べた。それはしていた  のAISによって引き起こされる状態の代理店への申し立て損傷評価する内部パネルに設立  譲歩の改正を。このパネルでは、TOTがしていた提案MICTに提出する準備していた  AISの譲歩の改正からTHB110億を失ったが。

3.1.6税制
通信部門の継続的な改革の一環として、政府は、2003年に戻って発表していた  それは、民間通信事業者や国家の間の収益分配に関する条項廃止された  右のテレコム部門全体に適用される新たな税制を支持する機関を。

政府は広範な提供する電気通信業界の50%上限提案した  新たな税の異なるレベルを課す政府の柔軟性を与えるために設計されたフレームワーク  部門の別の支店に入る参加者。費用のほとんどは、しかし、期待された  50%よりはるかに少ないこと。それは既存の固定回線事業者と携帯電話会社がいることが報告され  、それぞれ、15%、それらの税引前利益の20%の間で金を払うことになる可能性があります。それはだ  不確実  、電話会社がシステムを最大限に得るために立っていた。

-消費税への歳入分与からのシフトは、タクシン政権の政策(2001年の一部であった国がしていたタイのWTOの義務に沿った通信セクターの自由化するために、2006年)  2006年までに達成するためにコミットを。その後改正税制の詳細の発表では、 MICTは固定回線と携帯電話事業者が2%の10%で税金を納付すべきことを述べて  、それぞれの収益、。

しかし、事業者が収益分配率との差異購入していただくことになる  州政府機関に税金を。民間通信会社が支払う合計金額は変更するつもりはなかった。
同省で概説提案税金取り決めの下で、、例えば、有料モバイルオペレータ場合  TOTに収入の25%、収益分配(譲歩)制度の下で、その後提案されたの下  スキーム、演算子が10%で税金を支払うことになるに政府、残りの15%に収入の  レベニューシェアを通してTOT。新しい税制は、以前に置き換えることが期待されていた  民間企業と国家機関の間で運営する収益分配譲歩のシステムを。

その後2006年に内閣総理大臣が率いる軍の任命政権はキャンセルSurayud  タクシン政府の電気通信消費税政策を。Surayud政府の物品税のキャンセルは、  TOTとCATテレコムは、完全な譲歩の支払いを受け取るために継続することを意味した。しかし、  TOTとCATは、その増加を考慮して財務省に彼らの配当を増やすことを余儀なくされた  収入。MICTが10%物品税と発表したときの戦略は、2007年初めに再び変更された  携帯電話事業者の収入に対する税が削除されます。物品税は、以前から控除ということでした  携帯電話事業者の収入と譲歩の下で、国有企業と共有  合意。

発表は次のようにかなりの収入を失った国有通信会社への譲歩として見られた  相互接続の改革の結果。改訂された相互接続制度が考慮して提案  を考慮し、コールごとに分単位の数だけ、それぞれの演算子への手数料の納付  携帯電話事業者がトラフィック量の実際のコストに反映と信じ呼び出し、接続  事業者のネットワーク間を。以前のシステムの下で、携帯電話加入者はどのようなネットワークを使用することが  大規模なネットワークを持つ演算子は、より高いコストが背負っので、接続料を支払うことなく、  彼らの小さなライバル。

3.1.7民営化

TOTとCATの提案された民営化については、章5.2.5.3、43ページを参照してください。

3.1.8外国人所有
2010年8月にNTCがいることを示唆し、欧州連合(EU)によって提出された苦情却下  通信部門の防止"外国の支配"を目的とした規則案は、タイの違反  世界貿易の下でサービスの貿易に関する一般協定(GATS)のコミットメント  機構を(WTO)。ドラフトでは、株式や管理職に縁石を置く提案した  外国人が保有する、及び既存の演算子と第3世代(3G)携帯の受賞者に適用することを目的とした  ライセンス。

レギュレータは、EUがルールは違反することによりGATSに違反したと主張で間違っていると述べた  メンバーは、公平とするためにコミットするの下- WTO政府調達協定を  政府調達の透明性-タイは、その特定に署名していなかった第一として  契約し、次にルールのため公共調達の懸念が、その代わりに適用していない  3Gの周波数を使用して商用サービスのための民間部門の競争。

特に異論の会社の上級管理職の国籍が必要という提案だった  の3Gオークション、AISとを含む、入札者のほとんどに影響を及ぼす可能性のある問題で考慮すべき  DTAC、それぞれシンガポールとノルウェーの国民によって制御されるが。NTCは認めている  オークションの主要な外国の関心は主に、の繰り返しと頻繁な遅延によりそうなった  過程と政治的紛争によって引き起こされるライセンス条件についての不確実性。

図表1 - 電気通信部門のためのタイの外国所有権の法律

タイ語ベースの通信会社の外国人経営の問題は、2010年に議論され続けた。月に  NTCは、それが外国人事業法としたラインにあったという規則案に準備したと述べた  テレコム事業法及び外国人投資家が通信を行うときに非表示にするには何もなかったことを確実にする  タイでビジネスを。

ドラフトは超える候補者と外国人所有権の利用として、外国の支配を定義して  法律によって許容レベルを。また、外国人株主やプロキシが募集するために権限があるということ  、企業で経営幹部をし、任命をし、投資方針を決定することができます。また、カバー  キーの政策決定ポストへの外国人株主との接続、外国人の採用を。ルールは  3Gスペクトル、ライセンス保有者と民間の電気通信事業権保有者の両方に適用されます。NTCは、  彼らがルールを破ることが判明している場合は状況を改善するためにそれらを注文します。

3.1.9相互接続料金

タイの電気通信セクターの構造が間に譲歩のもつれに大きく依存していると  国営企業と民間の通信事業者、それはの規制ことは驚くべきことではない  ネットワークと事業者間の相互接続料金は複雑のまま。

システムと、必要な変更について多くの議論がなされている。再び、それはの一つであった  産業は行動のためのNTCで待機していた問題。NTCは、待望の言った  接続料は、リファレンスの承認保留中の、2006年末までに解決すべきだった  RIOは支配商業的および技術的観点からレイアウト、相互接続のオファー(RIO)  通信事業者間の相互接続契約を。

承認後、事業者が相互接続を決定する二国間交渉を保持するためにした  レートを、任意の合意に至ることが失敗した場合、NTCが仲裁人として行動する。の導入  体制は、民間事業者がいること、アクセス料および利権料の除去につながるように設計されて  TOTとCATを支払った。

2006年中に、NTCとMICTは相互接続に関する法規への改革を約束した  システムを。以前のシステムの下で、携帯電話加入者が支払うことなく、任意のネットワークを使用することが  大規模なネットワークを持つ事業者がより高いコスト負担になりますので、接続料を  小さなライバルを。三大携帯電話事業者は、"相互接続と呼ばれる改訂版のシステム擁護し  、それが携帯電話会社へ公平だったと言って、料金を"。接続料制度は提案  考慮コール毎分の数を取り、唯一のそれぞれに手数料の納付  に当たって、電話会社が信じてコールを接続する演算子は、トラフィックの実際のコスト反映している  オペレータのネットワーク間でボリュームを。

新しいシステムを実装する主な課題は、求めていたTOTの反対、だった  それがTOTは、一方向からの収入を失う原因になるので、新たな体制の実施を遅らせる  、そのネットワークにアクセスするためには、DTAC、Trueを移動から収集された電荷。TOTとAISとの契約は、  それがアクセス料金を支払う必要はありませんでした。

TOTは、その下に、既存の演算子を使用して、新しい相互接続料金を適用することができる前に述べた  コンセッション契約が可能訴訟を避けるために、財務省からの指示が必要。TOTはまた信じて  、金利が唯一の新しい通信事業者に適用される場所でのコンセッション契約に起因する、こと  ではなく、既存の演算子に。TOTの契約に基づく既存の演算子は同意せず、それが、ことを明らかにした  新しい相互接続料金が実装されると、彼らは下に収益分配を払って停止する  彼らの譲歩。それがどのようにコメントして失敗していたので、TOT管理は、MOFを非難  、既存のコンセッション契約を扱う。

3.1.10国家の番号付け方式

NTCは、それが9桁から、国家の番号付けシステムを拡大したことを2005年に発表した  国の電話番号の次に迫り来る不足に対処するために、10桁。改訂  番号計画は、30万人がそのうちの接頭辞08で100万人の携帯番号を作成するように設計された  将来の使用のために予約することがあった。新しい番号計画は、2006年後半に活性化させた。

新しい番号計画に備えるため、携帯電話事業者が費やしていると報告されている  自分の電話番号のシステムをアップグレードする複合THB400百万円(米国1060万ドル)。AISは約過ごした  DTACと真の移動は、各THB100百万円(米国2.6ドル費やしている間、THB130百万円(350万米ドル)  百万円)。他の会社、ハチソン- CATとタイの携帯電話は、また、アップグレードにお金を費やした。 アップグレードは、主に課金の調整とITシステムを関与し、キャンペーンを発表するために  新しい番号のポリシーを。NTCは、その広報キャンペーンでTHB30百万円(米国796000ドル)費やして  改訂されたポリシーを導入する。

待望の番号ポータビリティのポリシーは、テレコム、ユーザーが自分の電話を維持できるように設定された  別のネットワークに切り替えた後の数字を。携帯電話の番号ポータビリティの詳細については  (MNP)制度、章10.4.1、84ページを参照してください。

3.1.11インターネットゲートウェイ

NTCは、ゲートウェイの演算子になるISPを参照していた2006年初めにルールを設定します。さらに用  IIG市場の開放について、7.4.2、65ページを参照してください。

インターネットプロトコル(VoIP)経由で3.1.12ボイス

NTCは2006年初頭の判決を出したその新しい取得せずにVoIPサービスを提供することを許可のISP  ライセンスを。タイでのVoIPサービスの詳細については、章7.6、66ページを参照してください。

3.2規制の動向

3.2.1第三世代(3G)携帯電話ライセンス

2009年までに3G携帯電話免許の授与のプロセスはまだ進行中であり、痛みとなっていた  タイの恥ずかしい武勇伝。批評家は、地域の他の市場の大半が指摘された  などのメディアで観察、さらに"小さなラオス"が3Gサービスの運用を持っていた;。すでに稼働している3Gを持っていた

NTCは、規制理由に、試験利用中の3Gサービスを開始するために2005年に通信事業者の要求を拒否  NBC / NBTCが明らかにされた状態になるまで不確実性を。世界の相互運用性をテストするアプリケーションが  マイクロ波アクセス(WiMAX)のタイでのブロードバンド無線技術のためにも減少した。 NTCは、新しいワイヤレス技術をテストするためのガイドラインを完了しましたが、まだ緑色与えるために持っていた  任意の申請に光を。

NTCは、その後、それが上に待望の規制解除するとしていた2006年半ばに述べ  年末で、それが2007年初頭に事業者に3Gライセンスを授与開始すると3Gサービスを。それはされて  続けて業界で示唆されているライセンスプロセスの遅れが低下していた  、特に水平線および演算子の4G技術の発展とともに、3G譲歩の値を  ライセンシングプロセスをバイパスする方法を模索。

3Gライセンスプロセスの遅れを確立するために、政府の失敗を非難されていた  国家評議会、政府の法的諮問機関が、こと2007年後半に支配していたものの、NBTCを  NTCが新たなレギュレータの不在でUMTSの周波数を割り当てることができます。これは事実にもかかわらずだ  、それが新しいレギュレータは、スペクトルの割り当てのための責任があることを意図していたことが  放送/マルチメディアアプリケーションに適しています。NTCはまた、進捗を監視できるようになる  ライセンスが授与された後、3Gネットワークを確立するのを。

その間に、NTCは、それがでスペクトルの45MHzのブロックを割り当てるために準備していたことを示している  2100MHz帯が(2x15MHzブロック、1965 - 1980MHz及び2155 - 2170MHzの範囲で、以前にされ  ていた国営タイの携帯電話、に授与続いて)3Gサービスを起動できませんでした。 委員会はまた、周波数、割り当てるための方法に関するパブリックコメント募集していた 事業者に授与されるライセンス数、およびライセンスの条件を。

NTCは、2009年第2四半期までに第3世代携帯電話サービスのために賞のライセンスに期待し、これは"新しいレギュレータの存在の有無にかかわらず"になるとされていることを2008年に発表した。それは規則案を2008年末までに完了することが提案された。後半に2009年までに3Gライセンスの発行に関する行き詰まりは、場所にアクションのないしっかりとした計画で、残った。

2010年までにNTCは、待望の3Gスペクトルのオークションは、その年の9月に行われるとと主張した。AIS、DTAC、Trueを移動 - - 割り当てられているオークションの日付のアプローチ、すべての3つのプライベート携帯電話事業者としての3Gライセンス、オークションに参加するために必要なTHB1.28億円(43百万米ドル)預金への応用を提出した。

わずか数日のオークションCAT前にテレコムは、提案されたNBTCは合法的にオークションを実施する権利をされていることを充電、オークションを停止するために法的挑戦を開始した。行政裁判所は、クレームを支持して先に進むからオークションを禁止する差し止め命令を与え、最高裁判所によって覆さ判決を持っているNTCの試みは失敗しました。この後退した後、ライセンスプロセスの制御は、それが確立された後に新しいNBTCに​​シフトする可能性が見えた。これは、潜在的に定着譲歩システムを克服する努力に後退した。

タイでの3Gライセンスの発行の詳細については、章の10.5.5、88ページを参照してください。

3.2.2 WiMAXの

2008年にはNTCは2009年に営業ライセンスの発行を視野にWiMAXベースの無線ブロードバンドインターネットサービスのライセンス条項と規制を完成させるために移動。NTCは、3ヶ月間WiMAXをテストするために14社に許可を与えていたし、そのテスト結果でニュースを待っていると述べた。

企業は真の移動、真のユニバーサルコミュニケーションズ、ノキアシーメンスネットワークス、エリクソン、ロクスリー、CATテレコム、TOT、Samart Telcoms -地方配電公社、太平洋横断タイ、トリプルTブロードバンド、新衛星と米国の通信産業が含まれています。長期的なWiMAXの試験はまた、メーファールアンとRajabhatマハーサーラカームの大学で実施されていた。NTCは、選択された商用WiMAXの帯域幅は、の範囲にあるかもしれないと述べた
テスト結果に基づいて、ため3.5GHzのに優先して、2.5GHzのは、これまでの衛星通信を妨害後者の範囲を受け取った。

2010年5月にNTCは、3Gライセンスの遅れに遅れたの計画を、2010年の後半にLTE / WiMAXのライセンスにストレートジャンプ、おそらく九月-渡すことで検討していると述べた。

NTCは、まもなく2009年後半に予定された3Gライセンスのオークションの後WiMAXのライセンスを発行する予定である2009年9月に発表した。章3.2.1で述べたように、3Gのライセンスは2009年に授与されていない、または2010年に。実際に、それはNBTC、新しいレギュレータは、2011年にいくつかの時間を確立されるまで発生する可能性はなかった。

タイにおけるWiMAXサービスのライセンスの詳細については、章の8.7.2、71ページを参照してください。

プリペイド携帯電話サービスの3.2.3登録

2005年に政府は、プリペイド式携帯電話の登録に関する新しい規則を発表しました。
商品として分類物品の規制の下、すべての携帯電話ユーザーは、合法的に自分の番号を登録する必要がありました。国の五の携帯電話サービス事業者は、エンド2005年までにすべての加入者を登録する必要がありました。

3.3規制論争

タイの通信市場は、間に数多くの紛争で、一定の法律上の戦場である  裁判所や仲裁人の前に解決される選手。例の数は、次のとおりです。
2005年:NTCは用THB13億(米国3.179億ドル)の補償のためのTOTの請求却下  、遠隔地の通信サービスへの投資を。電話会社はまた、NTCと交渉していた  億THB5.7以上から年間THB1.0億(米国2540万ドル)に、そのライセンス料を減らすために (米国1.446億ドル)。TOTの苦境への追加は、最大7つの訴訟に直面の見通していた  現職を主張する民間事業者からは、顧客のコールを伝送するために過充電していた  別のネットワークに。訴訟は、THB50億(12億米ドル)の合計要求値を持っていた。
2006年:仲裁裁判所は、True THB9億(米国2.3億ドル)利息支払いをTOTを命じた  ネットワークアクセスチャージを解決するために失った収入では1990年から2002年まで遡ると主張し、TOTは控訴  し、行政裁判所は、その後判決を覆し、カウンターにつながるから、クレーム  はTrue。
2007:真の移動の相互接続料以上のTOTとの戦いに勝った。TOTは、指示を受けた  場合は、上訴する予定はTrue(株)TOTにTHB9億を支払うために調停委員会  アピールがTOTアップTHB14億の責任となる障害が発生した。
2007:タイの行政裁判所は、そのfixedline間の接続を再度アクティブにするTOTを命じ  、その紛争が訴訟にされている間にネットワークと真の移動のモバイルネットワーク。TOTはしていた  真の移動とDTACから固定回線ネットワークから新しい携帯電話番号へのコールを無効に  両社がTOTに相互接続料の支払いを停止した後。MICTは、以前していた  接続を再度アクティブにするTOTを命じた。
2008:TOTはTHB24の合計はコンセッショネTT&Tを支払う仲裁裁判所によって発注された  返された収入、費用、2005年までの期間に遡り税で億円(750米ドル百万円)。に  加えて、TOTは、現在の有効期限まで、TT&Tに収入の一部を支払うよう命じられた  収益分配の譲歩。仲裁パネルは、TOTは、他の導入していると結論  でTT&Tによって構築され、維持インフラストラクチャ上で固定電話に加えて、サービスを  毎年50億THB1以上のコストが、で追加収入を共有するために提供されていなかった 民間オペレーター。
2009(月):真の移動は、以前に提出した訴訟に続く、と言った  TOTに対して行政裁判所、裁判所がTrue移動する補償金を支払うためにTOTを命じた。  具体的には、発行された真の移動の150万番号で相互接続するためのTOTを命じたNTCで、  THB 1万ドルの補償金を支払う。付与された賞に比例して管轄の料金を払い戻す  Trueに移動する。

の規制の問題に関する情報については:
モバイル市場、章10.4、84ページを参照してください。
インターネット市場は、チャプター7.5、66ページを参照してください。
放送市場は、チャプター9.2、74ページを参照してください。

----------
4。固定ネットワーク市場

4.1背景

国営TOTは、タイの国家通信インフラの構築にかなりの期間にわたって主要な役割を果たしてきました。全国の電気通信の責任早いレギュレータとして、TOTはタイの固定電話網の開発のためのBTO契約の下に2つの譲歩を設定します。TT&TはBMA外のすべての州の契約を受注している間テレコムアジア、地元のコングロマリット、CPグループ、およびその主要株主として、米国に本拠を置くベライゾンコミュニケーションズを持っていた同社は、バンコク首都圏(BMA)の開発を授与されました。1996年にそれぞれのネットワーク構築を完了した後、両方のテレコムアジアとTT&TはTOTにその完成したネットワークを転送され、それぞれのBTOの譲歩の"動作"の用語を始めた。

固定電話のコンセッショネアは、一度に全体のネットワークを構築する必要はなく、段階的な構築、ユーザーの要求に基づいていた。これは、コンセッショネアのための早い時期に高アップフロント支出につながったので、接続されている行から生成されたネットワークの利用率と収入を運転に集中しなければならなかった。

固定回線事業者にとって最大の課題は、競争や効率的に携帯電話事業者と共存できるかとなった。固定回線音声分野で長期的には、さらなる成長は主に新たな付加価値サービスの導入から来ることが期待された。

4.2 STATISTICS

表7 - 固定回線と電話回線密度 - 1995〜2011

表8 - オペレータによる固定回線加入者 - 2008年、2010年

表9 - 固定回線加入者 - 地下鉄VS地方 - 2010

4.3次世代ネットワーク(NGN)

国家のインフラストラクチャをアップグレードし、NGNの構築について、タイで多くの議論がなされている。
NTCは2009年にプーケットでトライアルNGNのネットワークを起動すると実際の行動の最初の兆候が発生しました。
このプロジェクトの主な目的は、からの移行の影響と利点学び、評価することである  レガシーネットワークNGNにして。この動きはまたしていた別の国家戦略と一致していた  優先順位の開発のためのICTセンターの一つとして、プーケットにノミネート。

前にこの動きに、TOTのボードは、2007年にTHB64億(20億米ドル)の投資を承認  比べて、2010年までに総収益の70%にブロードバンド収入の割合を高めることを目的とした  時点で30%を。TOTプログラムはTHB16億(米国5.06億ドル)合計支出が含まれて  NGNにそのコアの固定回線ネットワークを変換するために2010年まで毎年割り当てられている。オペレーターの予測 2010年(19億米ドル)億円THB50間(15億米ドル)とTHB63の売上高は、かつて  NGNは完全だった。2007年末TOTによる完全なNGNについてのレトリックにもかかわらず、約束していた  、その段階で必要な量の10%未満。MICTは、各国のブロードバンド開発に着手し  、2010年にポリシーを。ポリシーの詳細については、8.3節、69ページを参照してください。

4.4公衆電話

公衆電話のインフラは、長年にわたり、タイの通信市場の特徴となっています。によって  2009国における公衆電話の総数は近い〜300,000だった。これはよくダウンしてからだった  公衆電話市場が持ついくつかの平衡見つかる可能性があるとして、2006年初めに37万人のピーク  急成長のモバイル市場をし、演算子はより多くのコストになっていた公衆電話に調整された  効果的。としてより多くの公衆電話のサービスが事業者向けだった需要が慎重だった実際にそこにいた  彼らが既にインストールされている公衆電話からの競争に直面している。場合、固定回線事業者の場合は、  公衆電話が効果的に配置される可能性がある、彼らは高収入の源だった-通常はTHB2、000 4、000  月額電話機ごとに、少なくとも二重のビジネス電話回線によって生成された収益。

タイでは公衆電話サービスを提供するためにライセンスされている6人のオペレータがあります:
CAT;
TOT;
真(テレコムアジア);
TT&T
AIS;
Lensoゼンリンデータコム。

TOTは、タイの公衆電話の市場を支配し続けている。

表10 - サービスの公衆電話 - 2004から2010

表11 - プロバイダによる公衆電話 - 2009

----------
5。主要オペレータ

演算子の5.1オペレーティング環境

5.1.1市場の概要

バンコクには、国の人口の25%とその富の発電容量の85%とタイの社会経済的景観を支配している。ではない突然、歴代政府は国の残りの部分が残されていないことを確実にするための優先順位てきた。この点で、人口の大部分に到達する通信ネットワークのプロビジョニングと運用は重要な要素であり続けている。提供されるサービスは、アクセス可能と手頃な価格の両方にする必要があります。タイでは一般的にこの戦略で成功するために見ている。報道はまだ100%に達していなかったが、努力は賞賛に値すると考えられていたと確かに基本的な電話サービスは、増加に手頃な価格となっている
人口の割合。

2010年末(10%の固定浸透用)で700万前後の固定回線加入者で、国が直接、これらの国内の固定電話サービスをサポートする3つの固定回線事業者を持っていた。stateowned TOT社はトゥルーコーポレーション(旧テレコムアジア)は、固定の加入者の27%で2位になった一方、56%でこの市場の過半数を有しており、TT&Tは17%のセットを完了した。真Corpの市場はBMAとTT&Tのために閉じ込められていた間TOTは、バンコク首都圏(BMA)と地方の両方を含む全国にあった特に地方をカバーし、BMAから除外されました。

いわゆる"固定"ネットワークの活動、国際的な業務の他の領域におけるそれまでの間、我々は政府所有の両方、二人のプレイヤーを見つける。CATは、近隣諸国への接続を除いて、タイの国際電話を提供する唯一の権利を割り当てられていた、近隣諸国への接続は、TOTの管轄下に入った。

図表2 - 主な演算子の市場セグメント別

5.1.2歴史的背景

タイの電気通信ネットワークは、基本的には二つの大きな政府のの責任されていた  企業が、タイの電気通信機構(TOT)と通信 タイの公社(CAT)を。これら二つの組織が ​​のためにタイの通信市場を支配してきた  事業活動における直接的および間接的な関与の両方で、何年も。以前のこれら二つ上  のエンティティには、国の規制環境を担当していた。広義ではCATでした  TOTは、ローカルおよび長距離提供されていた間、全国の国際電話のプロバイダ  の呼び出しを。

通信市場の他のセグメントと同様に、政府はしていないことを実現するために来て  うまく国の固定電話の開発に資金や技術的なリソースを持つ  ネットワークを。結果として、TOTは、BTO方式の(BTO)の下に2つの譲歩を発行し  、固定回線網の開発のための契約。テレコムアジア、CPグループとの会社  の主要株主として、米国に本拠を置くベライゾンコミュニケーションズは、開発授与された  TT&TはBMA外のすべての州の契約を受注している間、BMAを。TOTとは異なり、CATはなかった  国際電話の提供のために譲歩を発行し、維持し続けていない  独自の権利で、同国の国際的なスイッチ。

過去10年間でタイの携​​帯電話市場での爆発は、固定​​回線事業者が市場シェアと収益を維持するために懸命に仕事を持って見ている。携帯電話の数は、2001年に固定された行数を超えてレース - TOTの以前の予測にもかかわらず、これは2005年前に発生しないこと!

固定電話の市場はまた、理由THB3、000(米ドル78)預金の消費者のために高価な接続料に加えて、事前に支払うべきあまり魅力的なされていた。モバイルネットワーク上のお客様は、直ちにそれをはるかに安価な選択肢となり、預金を支払うことを要求され​​ていませんでした。
しかし、TOTを含め、固定回線事業者は、そのような企業の市場のためのデータ伝送などのサービス、そして新たなマーケティングキャンペーンで反撃を開始。彼らはすぐにそれがタイでのサービスを表明するために来たとき、彼らは携帯電話サービスでそう簡単には対抗できないというのが受け入れ。

つのプライベートの固定回線事業者、真のCorpとTT&Tは、それぞれのビジネスモデルを見直し、市場の変化に適応しようとし続けている。2004年以降からのブロードバンドインターネットアクセスの需要が急増すると、2つの演算子は、固定回線、ブロードバンドインターネットサービスの両方のマーケティングで協力する方法を検討していたことを発表しました。

企業は協力が合併や合弁事業にはならないと述べた。変化するビジネスの風景を示す、真は2010年までに190万固定回線加入者と825000ブロードバンドインターネットの加入者を持っていた、しながら、TT&Tは120万、固定回線加入者と推定5万のブロードバンド加入者を持っていた。

5.1.3モバイル市場

タイのモバイル市場は、顧客のために積極的に競合する、二つの大きな確立された演算子、アドバンストインフォサービス(AIS)とトータルアクセスコミュニケーション(DTAC)を見ている。全体的な市場に混在影響で - TAオレンジ(後でトゥルームーブと呼ばれる)、ハチソンCATとタイのモバイル - 2002/03で、彼らは3つの新たなプレーヤーが加わった。

真の移動は24%を取得するために管理していた間、2009年初めに、大きな2つの演算子は、まだ、それらの間に市場全体の74%を保持していた。他のプレイヤーは市場のあらゆる重要な役割を開発していなかった。タイ経済の深刻な下降ダイビングに続く、2009年に入ってくる、国のモバイル市場における主要な景気減速の兆候があった。

オペレータは、最大2008年まで急成長市場となっていたもののシェアのために戦ったとして、タイの携帯電話のお客様は、オペレータが価格やパッケージに競合すると徐々に安価な料金と特別割引を提供されていた。トータルモバイル加入者ベースは2009年初頭では63万人に2000年のほぼ4万人の加入者から行った。

DTACとTAオレンジ/トゥルームーブは、特に、新規加入者を誘致するための積極的なマーケティングキャンペーンを繰り広げた。塌湾モバイルの背面上に構築されていたハチソンのCATのベンチャーは、、その符号分割多元接続(CDMA)サービスに問題が発生した後に市場での地位を確立するのに苦労。とタイの携帯電話は、多少混乱を招く場合、市場への挑戦、興味深いを捨てるために発足しました。

2008年初頭にタイの携帯電話市場が起こっていたかなりの策略の一部である様々なプレーヤーと、イベントが再形成されていた。TOTのボードは、それが彼らの携帯電話合弁会社タイモバイルのCATテレコムの42%の株式を購入する新たな提案を検討したことを発表しました。

CATの取締役会はすでにTOT 100%の所有者になるだろう取引で株式を売却承認していた  二人のようにしかし、契約は停滞していた。その6万加入者との苦闘のGSM事業の  条件に合意できなかった。CATは、年にCDMA2000 1Xベースのモバイルサービスに注力したいと  ハチソンとのパートナーシップ。TOTは、1900MHzの活用にタイの携帯電話の完全な制御を取得したい  国の最初の3G WCDMAサービスを起動するためのスペクトルを。CATは、年に42%の株式売却に合意していた  THB2.4億(米ドル77百万米ドル)、2004年評価に基づく価格でTOTにタイの携帯電話を。

同時に、TOTは上真コーポレーションとの覚書(MoU)に調印した  ネットワークリソースを共有し、共同で新しいサービスを開発するパートナーシップを配置。TOTは、以前していた  共同を含め、固定回線とモバイルサービスの統合型開発にAISと覚書似て署名  900MHzの周波数帯域でWCDMAサービスのオプションを。一方、CATは、と提携していた  技術と連携して、850MHzの帯域での裁判WCDMA / HSDPA技術にDTAC  プロバイダーエリクソン。TOTボードも経由して、ブロードバンドインターネット回線のテストを承認して  、既存のDSLブロードバンド事業を補完するため、電力線を。

3Gの待望の登場は市場にいくつかの緊張を引き起こしていました。AISは、2008年に警告していた  電気通信レギュレータが提供するDTACと真の移動の許可について慎重でなければならないこと  それは譲歩の条件に違反したとされる可能性があるため、850MHzの帯域でブロードバンドモバイルサービスを  法的紛争について。

CATテレコムが正式に国家電気通信尋ねた後にコメントが来て  DTACと真の移動は、高速パケットアクセス(HSPA)をインポートできるようにする委員会(NTC)の  機器が3Gサービスを提供する。AISは、が850MHzの帯域が800MHzの内だと言った  の割り当て、CATテレコムが所有し、モバイルサービスを提供するために、DTACに付与された周波数範囲  、3GがCATの譲歩の条件を破ることができる提供するために、DTACに未使用の850MHzのスロットを  改正を必要とする譲歩の条件と1992年の共同プライベート公開の下で内閣の承認  投資法。

AISは、真の移動の場合には、オペレータが1800MHzの帯域でサービスを提供し、開催しないことを述べて  800MHz帯への権利を。したがって、コンセッションの条件の明確な違反である可能性があります。AISは言った  法的問題を考えると、それはその上に大きな規模でのモバイルブロードバンドを提供するために消極的であったこと  、900MHz帯、したがって限られた商業打上げのためにのみチェンマイを選択していた。

HSPAの顧客は主に送信することを懸念されて以来、技術的な制限は、同様にそこにいた  他のAISの顧客に影響を与える混雑を作成する可能性のあるデータを、受信側。AISと他の  それは3G、2100MHzの使用に関するポリシーのすべての好む明瞭に来たときにオペレータが即興だった  国際電気通信連合(ITU)によって支持される3G標準だったバンド、。

活発な競争にもかかわらず協力の瞬間がありました。国の三大  携帯電話事業- AIS、DTAC、Trueを-彼らはブロックするように一緒に作業していた2009年に報告した  スパムSMSメッセージを。3つの演算子は、共同でアンチスパムのSMSでTHB30万ドルを投資していた  システム。

その間に、NTCはモバイル仮想ネットワークオペレータのためのライセンス規制の草案を作成した  (MVNO)。

中央管理後の民間携帯電話事業者は、3Gサービスのための選択肢を見ていた  裁判所が民間事業者への計画的な3Gライセンスのオークションに対して2010年9月の差し止め命令を発行した。

2010年11月にCATテレコムの取締役会は、原則的にその二を許可する承認しました  DTACと真のコンセッショネアが、、商業的に3G携帯電話サービスを提供することを。しかし、それはまだ  、2つのプライベートに最終的なゴーサインを与えることができる前に、関連する法的問題を研究するために必要な  企業。DTACとTrueの場合、すでにバンコクで試験的に部分的な3Gサービスを提供していた  の高速パケットアクセス(HSPA)の技術を使用して、約2年間とキー省  850MHzの。AISは、また使ってMVNOになることをTOT、その利権の譲渡者との契約を模索していた  iPhoneは2GサービスからのTOTの3Gにその顧客の一部を移行するだけでなく、TOTの3Gネットワークを  サービス。

5.1.4オペレータの統計

表12 - 固定回線事業者と加入者 - 2009

表13 - モバイル通信事業者、加入者との年次変化 - 2010

表14 - モバイル通信事業者、加入者と市場シェア - 2010

表15 - 主要モバイルオペレーターのARPU(プリペイドポストペイド、、ブレンド) - 2010

5.2主要オペレータ

5.2.1アドバンストインフォサービス(AIS)

5.2.1.1概要
AISは、2010年末の国の全体の携帯電話加入者ベースの約43%とタイの主要なモバイルオペレータです。大幅に市場の売上高の事業者のシェアは50%前後で報告され、さらに高くなった。

AISの主要株主は2010年11月のように21.28パーセントと42.55パーセントの株式とシングテルとシンコーポレーションだった。

もともと1986年に設立された、AISは、リースとコンピュータシステムを維持。その後、1990年AISで正常にTOTからモバイルネットワークのための20年間のBTO方式の(BTO)譲歩を買収した。それは、NMT 900技術を使用してモバイルサービスを提供し始めた。その譲歩は、後で25年に延長されました。譲歩の拡張子の条件は、AISは、1994年までにデジタル携帯電話サービスを導入するとそのTOTが市場に別の携帯電話のプロバイダを導入できるだった。

AISはライバル事業者からいくつかの厳しい競争下で、タイの主要なモバイルオペレータとしての地位を維持している。携帯電話のコストの削減及びそのプリペイドサービスの成功は、同社がその野心的な予測を満たすために続けて見てきました。オペレーターの市場シェアは減少傾向がAISの需要を満たすために拡大に焦点を保つように依然として堅調されています。

2010年9月にAppleのiPhone 4を起動した後、同社はデバイスのための約5万の顧客を報告した。

2010年9月四半期のプリペイド純​​増が、2009年9月期に追加296000よりも実質的に高いが467000に達し、この上昇は、タイの経済回復とプリペイド方式のインターネットSIMデータパッケージの成長に起因している、成長の数字は若干あったものの、 2010年6月四半期の478000ネットプリペイド追加からダウン。ポストペイドの正味の追加は、前四半期の20,000からがダウンして2009年の対応する3ヶ月間で84000から、2010年第3四半期で27000に達した。

しかし、演算子は、セクターの他の部分と一緒に、3G携帯電話ライセンスの導入計画の最も成長が非音声の分野で潜在的にあったとして、ブロックされた後の低成長に直面して期待していた。これは2009年に経験した貧しい年後に相場よりよい経済情勢を改善された市場をされているはず何にもかかわらずだ。

5.2.1.2キードライバー
AISは、2008年までに、その主要な成長ドライバーがいたことを指摘。
農村部の高浸透;
安定した価格環境での音声の収益を改善すること、
非音声サービスの強い15〜20%の成長率;
国際直通Dialling(IDD)事業からより高い貢献。

オペレータは、重要な市場のドライバーがにシフトすること、2010年に言った:
オンライン/モバイルソーシャルネットワーキングの継続的な開発動向;
固定電話、インターネットアクセスの利用が限られて;
装置コストの継続的な削減。
スマートフォンの使用が多く。

5.2.1.3統計

表16 - AIS:加入者と市場シェア - 2004; 2007〜2010

表17 - AIS:携帯電話加入者とARPU(ポストペイドとプリペイド) - 2010

表18 - AIS:ARPU(ポストペイド、プリペイドおよびブレンド) - 2007年から2010年

5.2.1.4財務
データのユーザー数は、最大2009年3月に、2009年末の530万および4.7百万ドルから、2010年3月までに570万に増加した。データサービスの売上高は、モバイルインターネットは、前年の24.5パーセントから34%に上昇から寄与歳で、37%増となりました。同社は、ソーシャルネットワーキング、ニュースアラートサブスクリプションはタイの消費者にとってより身近になっていたと述べた。

非音声のさらなるジャンプは、AISは、その段階でわずか30万人の加入者を持って、2010年6月までにほぼ800万の非音声サービスを使用して見た。

表19 - AIS:非音声からの収入の割合 - 2008〜2011

AISはよくダウンして2009年のTHB9.9億ドルから、THB5.0億で2010年の資本支出を報告した。同社は、大幅に設備投資を増加させるコミットする前に3Gライセンスの発行のための明確なタイムライン上で待っていると述べた。

表20 - AIS:資本支出 - 2008〜2011

図表1 - AISの財務 - 2007〜2010

5.2.1.5開発
2011年2月には中国移動と日本のことが報告されている  NTTドコモは、  財政的にAISの操作をサポートするためにビジネスモデルを提案に関心を表明していた。AISは、THB74億(24億米ドル)規模な損害賠償の支払不履行に波及リスクで、国家機関との契約に過去の変更から生じるの補償の請求書に見舞われる可能性に直面していた。それは2つのテレコムの巨人は、外国企業のための将来の役割を議論するMICTとTOT、AISのネットワークコンセッションの発行者が、会っていたことがわかった。韓国のSKテレコムは、タイ政府の開発に遅れないも抑えられている。MICTはTOTと妹子CATテレコムだけでなく、損害賠償請求訴訟についての講演を監督する委員会に提供する民間事業者からの補償請求の最終的な計算を待っていた。

5.2.1.6 3G戦略
AISは、次の3つの年のそれぞれに3GにTHB20億を費やすことが、投資はライセンスが付与されたときにのみ開始することを2009年初頭に示さした3Gモバイル展開することを約束しています。

にまでさかのぼる2005としてトライアルの3Gサービスを開始するにはAISによる要求が提案された国家放送委員会の状況が明らかにされるまで、規制の不確実性を理由に、NTCによって拒否されていた。AISは、2006年にはネットワークの改善のために確保4億米ドルを設定していた時に報告、3Gネットワ​​ークの展開のためだったそのうちの半分。

同社は当初、WCDMA / HSDPA技術を使用してアップグレードした30基地局900MHzのネットワークに限定範囲で、2008年にチェンマイの3G携帯電話サービスを開始しました。それは、チェンマイのベンチャーは、ちょうどその限られた帯域幅とは、ほんの少数の端末のみが3G対応だったという事実のために裁判と述べた。NTCは、機器の輸入を承認するには、スケジュールの背後で動作し続けたとして、それは、その後、それ以上の試験を延期されることが示された。

AISは、2100MHzのスペクトラムバンドで3Gの音声およびデータサービスの開発にTHB20億(米国6.1億ドル)を投資するつもりであると発表し、2008年に3Gの展開計画を更新しました。計画では、モバイルブロードバンドサービスのためにバンコクと高い人口密度と高い需要と、それらの地方を中心に、全国の3G基地局を配備するために呼ばれる。AISは、アップグレードされた900MHzのネットワークが音声ベースのトラフィックの代わりのNTCは、最終的に約束された2100MHzのUMTS営業ライセンスを発行したデータ用に使用されると述べた。AISはまた、まだバンコクで900MHzの3Gサービスと別の20の主要な州のための機器をインポートするNTCの承認を必要としていました。

AISは、その後、それは3Gサービスのライセンスが付与された場合、それは2009年から2011年まで毎年THB25億(米国7.35億ドル)投資すると言って、その3Gロールアウト計画の周りに詳細を提供する"予想どおり2009年第2四半期のを。" THB25億設備投資のうち、約80%〜90%が3Gインフラや運用のために特別に充てていた。3G支出が完了した後、同社は2012年から約THB10億ドルに減少する支出の年間投資額を予想。また、バンコクや他の主要都市に商用3Gサービスを拡大する計画を確認した。NTCは、最終的にバンコクに含まれているUMTS - 900ネットワークのロールアウトに3G/3.5G設備等を輸入するためにAISのために2008年に許可を与えた。

2008年後半にAISは、その提案された3Gネットワ​​ークのインフラストラクチャへの支出を縮小するために動いていた。
同社は2009年の150百万米ドル、それが元々割り当てられていた6億米ドルのちょうど四半期には3Gの予算を削減していた。また、最初は20から10に覆われている州の数を減らし、ネットワークの計画的なサイズをカット。2009年半ばまでに3Gサービスを開発するための予算は、10州で300の基地局の最大の展開が含まれています。同社は、その疎需要と世界的な経済状況が予算削減を求められたと述べた。他の演算子と同様に、AISは3Gライセンスを発行するために政府に待っていた。

2010年8月にTOTは、AISのお客様はAIS全国の2Gネットワ​​ークでは、お客様によってローミング声と引き換えに、データサービスのためTOTの3Gネットワ​​ークにローミングできるようにすることに合意した。AISは20万TOT携帯電話番号は、全国の2Gネットワ​​ーク上の音声サービスにアクセスできるようになる間、契約のTOTの下、50,000 AISの携帯電話番号は、データサービスのためのTOTの3Gネットワ​​ークにローミングできるようになります。
ローミングサービスは、6ヶ月間の試用ごとに行われていました。試用期間中は、TOTは、MVNOのローミングの影響を受けるお客様かどうかを判断するために詳細な技術的なテストを実施するだろう。

NTCの3Gオークションが9月に崩壊計画を経て、10月、2010年AISは真剣に、3G選択肢を探していました。オペレータはTOTのネットワークを使ってMVNOになることをTOTとの契約を検討していた。さらにAISもTOTの3Gサービスでローミングするための以下の高度の2Gサービスのローミングを交換するのローミング契約を拡大して探していました。

5.2.1.7 AIS /アドバンスDatanetworkコミュニケーション(ADC)
タイの携帯電話オペレータのAISは、ブロードバンドインターネットサービスを開始したことを2004年後半で述べている。それは、TOTとの合弁事業のデータのビジネスにそのように設定されていました。TOTは49%の株式を保有しながらジョイントベンチャーは、AISが51%を所有すると、高度なDatanetworkコミュニケーション株式会社(ADC)と呼ばれていました。

ADCは、シーメンスの提供をインストールし、提示された全国的なイーサネットベースのブロードバンドネットワークを維持するために2005年初めに契約を授与されました。初期20万ブロードバンド加入者をターゲットにしながら、ISPはそれがオンラインの様々なサービスをバンドルされ、高速インターネットアクセスを提供するために準備されている。同社のバンドルブロードバンドサービスは、バディのブロードバンド烙印を押されました。

DSLベースのバディのブロードバンドは2005年に開始された。だけでなく、パーソナルコンピュータを経由してサービスを提供し、ADCは、従来のテレビを通じて提供されることも述べた。それは完全なホームエンターテインメント、通信センターにテレビを回して、顧客にテレビ、インターネット経由でテレビの受信およびVoDを経由して高速のインターネットアクセスを提供して見ていた。ほぼ100%でタイのテレビの普及率と、ADCは、それがビジネスチャンスは魅力的だったし、それがオンラインゲームだけでなく、VoIPとビデオ電話を含むようにそのサービスを拡張することであった、次のレベルに進むことに熱心だと考えていると述べた。

機器サプライヤーシーメンスは2006年にADCのため、タイ初のIPTVシステムを展開する、主要なIPTVセットトップボックスのサプライヤー、アミノ選択。ADCのブロードバンドサービス上で提供されることになっていたシステムは、、すでに数ヶ月の期間にわたって住宅のかなりの数に展開されていた。
同社は、ブロードバンドサービス提供へのオンデマンドおよびブロードキャストテレビのチャンネルを追加すると述べた。

エンド- 2006によって、ADCは、2005年末までに8万顧客の販売目標のはるかに短い7500ブロードバンド加入者を、サインアップしていた。

それは、ADCのために、最新の加入者番号を得ることは困難であった。しかし、タイ市場の全体的なサイズと大きいプレーヤーが宣言した加入者番号に基づいて、それは、ADCは2010年までに約3万のブロードバンド加入者を持っていたことが推定された。

5.2.1.7.1 WiMAXの
AISは、WiMAXとWiFiの両方のサービスを運用開始するためにライセンスを申請したこと、それが2005年初頭に知られることができます。これは、AISが2.4万円(70%)、アクティブデータサービスのユーザーはそのうちmultimediaenabled携帯電話で3.3万人の顧客を持っていたことが一度に指摘された。

モバイルオペレータは、WiMAXネットワークの第一段階の展開にTHB1.5億(米国4800万ドル)過ごすために、2008年に計画の概要を。オペレータは、郊外や主要都市だけでなく、何の固定回線網がなかった地域で350〜450、基地局間のインストールと述べた。AISは、WiMAXのトライアルライセンスを受けている12の企業間にあった。政府が完全なWiMAXのライセンスを発行するために2010年に同社はまだ待っていた。

5.2.2 DTAC

5.2.2.1概要
後でDTACブランドで取引するために移動したトータルアクセスコミュニケーション(TAC)は、正常に加入者と収益の両面で国内第2位のプレイヤーとしての地位を確立し、タイのモバイル市場で業務を展開しています。2010年までにほぼ2200万携帯電話加入者とオペレータは、、総加入者ベースの30%よりわずかに多くを持っていた。

同社は1989年に設立され、1990年にCATからの15年間のBTOの利権を確保した。最初の署名以降に二度延長されていたその譲歩は、2018年まで有効です。最初はそれが800 MHzおよび1800 MHzの周波数帯でのモバイル無線通信サービスを提供する免許が交付されました。

TACは、親会社UCOMが正常にセキュリティで保護されたノルウェーのTelenor社TACの株式の30%を見て戻って2000年に債務再編計画を完了したとき、その事業に経験豊富な外国のパートナーを紹介することができた。この動きは、ブランディング、モバイルサービスのDTAC、TAC、その後積極的なマーケティングキャンペーンに着手する企業に真のブーストを提供する。時点では、UCOMはTelenor社は、UCOMの25%の株式を保有するとともに、TACの42%持分を保有していた。2009年までのトータルアクセスコミュニケーションPCLの株式登録簿は、Telenor社の出資比率は33.96パーセントに上昇したことが示された。

5.2.2.2統計

表21 - DTAC:加入者と市場シェア - 2002 - 2003; 2005〜2010

表22 - DTAC:携帯電話加入者とARPU(ポストペイドとプリペイド) - 2010

表23 - DTAC:ARPU(ポストペイド、プリペイドおよびブレンド) - 2008年から2010年

5.2.2.3財務
2009年度の場合は、DTACは百万円1.4〜1.6の新規加入者をサインアップすることを目的としていた。 
しかし、国内景気の低迷、DTACは、それが集中する、その方向にシフトしたと語った  顧客維持、コスト効率と保守的な資本支出に。2009年6月の売上高は  四半期には、ダウンの同じ四半期に達成さTHB16.9億から、THB16億、5%減  2008年。同社は、コストを制御するための努力で20%、2009年のマーケティング予算を大幅に削減すると述べた。
それは、データサービスの力強い成長は相殺下がりローミング収入を助けることが期待。 
DTACは、強力なキャッシュフローの創出に支えられ、2010年9月までに正の正味キャッシュポジションになった。  2010年後半にDTACは3G携帯のライセンス上の任意の進展なしに、資本支出があった、と言える  、2011年には億THB5に億THB4間になりそう2010年までの同じようなレベル。

5.2.2.4 3G戦略
その継続的な開発の一環として、DTACは上のフルスケールの3Gサービスに移行することを公約している  ライセンスのプロセスはレギュレータによって確定されると2100MHzスペクトル。

オペレータは3G提供する合弁会社を形成するために2008年にCATとの協議を開始していた  、その850MHzの周波数でのサービスを。同社は急速に3G事業への進出に熱心だった  チェンマイで商用3Gサービスを開始するライバルAIS続く。DTACは、ロールへの見通し  2008年の終わりによって限られた商用3Gサービスがアウト。計画は、アナログ850MHzのアップグレードすることでした  それはCATテレコムからの承認を受けた後、高速パケットアクセス(HSPA)に周波数を。

CATテレコムは3G開発を始めるためにDTACと真の両方を移動するため、2008年半ばに承認を与えた  850MHzの周波数帯域でのモバイルサービスを。WCDMA / HSPAサービスの承認と引き換えに  また復帰しながら850MHzの帯域で、CATはCATとの共同ブランドへの携帯電話事業者の両方が必要  "主"ではなく、自らの施設のCATの国際的な音声ゲートウェイを使用する。その間に、  NTCはDTACが商用3.5Gの展開のためにHSPA機器をインポートするための承認を与えた  800MHzの- 850MHzの帯域を使用する。DTACは、2009年にバンコクで3G携帯電話サービスのトライアルを開始しました。

DTACは、NTCがロールアウトされるフルスケールの商業3G/3.5Gネットワ​​ークのための道を切り開いて、2008年末までにBTOのライセンスの枠組みの外でUMTS 3G譲歩を発行すること予想していた。しかし、これらのライセンスは最終的に〜になるしていない。

2010年にDTACは、その非商用の3G試験サービスの拡大を承認するにはCATテレコムによって不当な扱いとして述べたことに介入するためにタイ政府に請願。DTACはHSPAプラットフォームを使用して、約2年間、バンコクと主要な地方で試験的に部分的な3Gサービスを提供していた。しかし、それが真のと同時に、CAT Telecomは唯一、HSPAの試験サービスのために別のCATテレコムのコンセッションを36サイトを持つ企業を提供したと主張、600以上のサイトを持っていた。

その間に、DTACは依然として政府によって発行される3Gライセンスを待っていた。

5.2.3トゥルーコーポレーション

5.2.3.1背景
1992年に設立され、2004年に真の株式会社としての地位を再ブランドテレコムアジアは、固定電話、携帯電話、ケーブルテレビ、マルチメディア、インターネットと無線通信を含むタイの電気通信サービスの最大手プロバイダーの一つとなっている。固定電話網の開発のためのBTOの取り決めの下にTOTが授与two譲歩の一つとして、テレコムアジアが共同運用し、バンコク首都圏(BMA)の共同投資契約を割り当てられていました。

同社は、必要なネットワークを展開するために素早く移動し、大きくバンコクと付近を(ノンタブリ、サムットプラカーン、Patumthaniを含む)をカバーするその260万ラインの固定ネットワークを介して追加の電気通信サービスの範囲を提供し始めた。

同社は2004年にTrueとして自分自身を再ブランドすると、すべての子会社との製品は、その後、その名前の真含まれています。モバイルユニットは、真の移動になって、アジアインフォネットは、同社のISPは、真のインターネットなどと続いて真のオンラインとして知られるようになりました。

5.2.3.2会社の構造と金融の歴史

図表3 - 真Corpの主要株主 - 2010年3月

同社は、上記の図表2で設定したポイントを取得する株式の数々の変化を受けていた。ある段階で、ドイツのKfWは、会社の18.9%を所有しながら、巨大なタイのコングロマリットは、チャロンPokphand(CP)グループは、長い間、テレコムアジアの実質的な持分を保有していた。テレコムアジアとCPグループはまた、フランステレコムのモバイル腕、オレンジSAは、49%の株式を保有し、残りの51%がされていた携帯電話事業者の設立を見た合併や買収、TA -オレンジ、のシリーズの一部となっていたテレコムアジアとCPグループが共同で開催しました。

米国に本拠を置くベライゾンコミュニケーションズは、同社の13.8%を持つ利害関係者であったが、2003年に株式を売却していた。Verizonの出口は、米国のオペレータがはるかに市場価値以下でその株を売却したとして、タイの固定電話部門で大幅に損なわ投資家の信頼を持っている時に見られた。それは結果的に47%まで出資比率を引き上げCPグループに売却。ベライゾンは、タイからの撤退は、米国市場に集中する戦略の一環と述べた。

長期にわたって企業は大幅な債務負担に苦しんでいる。1990年代後半のアジア経済危機に続いて、その後、テレコムアジアは急激な為替差損がヒットし、タイバーツは1997年に切り下げられた後、その債務のレベルの打撃を見た。オペレータは、制御下で、その負債を得ることで着実に取り組んできました。

2003年までにそれはそれによって、アジア危機以降、企業の主要なドラッグをしていた債務の一部を削除、約THB40億(米国9.3億ドル)への債務を減少させることを発表することができた。テレコムアジアは、この期間に対外債務の借り換えを債券で約THB22億を販売した。THB2.4億(6000万米ドル)、2004年に保護された七年社債のamortisingした後、収入はドル建て債務の真の最後のトランシェ、KfWは米ドルから52百万借換えに使用された。それは事実上、同社の米ドル建ての外国為替リスクを排除、これは重要な移動だった。

それはその年のために宣言された純利益は1997年から1998年のアジア経済危機以来初めて黒字、通期を表すので、2004年の真のCorpの業績は、会社にとって重要なマイルストーンでした。同社の将来の方向性を示すものとして、結果も真のブロードバンドインターネットサービスの人気が高まって、これから起こることの兆候で免疫した。

2004年初頭にテレコムアジアは事業拡大のために新鮮な資金調達を目的とした私募を通じて国際金融公社、その債権者と特定の投資家に株式のパッケージを販売。

テレコムアジアは、その譲歩の条件に反対し続けた。2003年には、その譲歩は政府が発表した提案された税の枠組みの下で変換された場合は5%の収益分配以上を支払う必要はないはずと言っていた。企業がより多くを支払うことを余儀なくされた場合、それは税金の払い戻しが同社の株主と債権者に公平に提供されるべきであると信じていた。

戦略的な面では、トゥルーコーポレーションは、それが依然として強く、3Gモバイルブロードバンドの機会への投資にコミットしていることを維持している。

5.2.3.3財務
改善された業績にもかかわらず、同社は債務と格闘し続けた。債務水準は2008年までTHB110億に達していた。THB5 2009年のために十億と2010年にはさらにTHB10億円の債務の支払いに。同社は2010年にTHB5.7億円の債務返済を報告した。これは、今年末までにTHB67億円の連結債務を残した。

表24 - 真の総売上 - 2004〜2010

2010年11月にはTrue Corpは、そのブロードバンド、モバイル、有料テレビ事業に牽引され、2011年には5%〜6%の収益成長率を予想している。ブロードバンド収入は約15%で、2011年に成長が期待されていた。真のCorpは、2010年にTHB62億(20億米ドル)の収入を報告した。
収入は固定収入の減少に、他のもののうち、原因で、年にわずか1%増加した。

表25 - トゥルーコーポレーション:資本支出 - 2007〜2011

図2 - 真の移動の財務 - 2007〜2010

5.2.3.4固定回線サービス
真の固定通信事業は、真のオンライン子会社の一部です。このユニットは、固定ブロードバンド機能も含まれています。固定通信事業は減少ARPUと一緒に、比較的静的な加入者ベースを持っています。かつてもうかる公衆電話事業は、衰退にも今の市場全体でのモバイルサービスの広い受け入れとアプリケーションの犠牲者です。

表26 - 真の固定回線加入者 - 2004年から2010年

表27 - 真の固定回線のARPU - 2004〜2010

表28 - 真の公衆電話ARPU - 2004〜2010

5.2.3.5トゥルームーブ

5.2.3.5.1概要
真の移動、トゥルーコーポレーションのモバイルユニットは、アライアンスとパートナーシップの興味深い一連の外に成長してきました。

モバイル子会社、TAオレンジは、テレコムアジアとフランスの事業者Orange SAとの間のアライアンスとして2001年に設立されました。TAオレンジが2002年にタイのモバイル市場にサービス開始時には相対的な後発でしたが、二つの大きな携帯プレーヤー、AISとDTACは、既にそれまでに十分に確立的になった。new演算子はまた、GPRSを組み込んだ8億米ドルGSM 1800ネットワークを展開する、しかし、市場に強く移動。オレンジは、その後2003年に株式を売却、パートナーシップを残しました。ユニットは2006年の真の移動を再ブランド化されるまでオレンジのブランドは保持されました。

真の移動は、現地市場での革新的で競争力の両方であることが証明されている。2011年初頭では、これは17百万加入者のマイルストーン、24%の市場シェアの周りに表す加入者ベースを通過するために大幅に成長していた。その収益の分配は、一度に約16%で実行されていると推定された。鈍化市場では、真はその加入者の成長のモメンタムを維持するために熱心なようで、ロールアウトの主要な3Gを追求するために探していた。

2009年に真の移動は、iPhoneの販売を開始しました。その広範な通信ポートフォリオから活用する重要な利点を続け、真の移動は、全国16000ホットスポットを経由して接続を備えた真のオンラインのWiFiネットワークにアクセスできるようにiPhone 3Gを顧客に提供する。真の移動は、その後の3G iPhoneの8GBモデルを販売するだけでなく、16GBと32Gの発売を発表開始。

真の移動は、ハチソンCATワイヤレスマルチメディア(ハッチ)、国のCDMA2000の携帯電話事業を引き継ぐために交渉していたことが2010年11月に確認した。真は、3G事業計画の可能な代替モデルとして、ハチソンテレコムインターナショナルリミテッド(HTIL)と交渉を再開していた。

買収は、オークションのプロセスは、2011以下の法的紛争まで中断された後、UMTSライセンスのない状態で3Gモバイルブロードバンドサービスを提供する真のショートカットかもしれない。
ハッチの残りの5年間のマーケティング契約では、850MHzの上でサービスを提供できるように、主要なアトラクションでした。それはマーケティングの契約ではなく、譲歩だったので、それの期限が切れた後にまた、契約は、更新することができます。

真の移動は、事業を買収する2010年末にHTILと契約を締結。"TrueMove H"としてサービスを再ブランド買収のTrueMoveに続く2011年3月。同社は、新ブランドの立ち上げと連動して、既存の850MHzのスペクトラムで商用3Gサービスを開始する計画を明らかにした。

5.2.3.5.2統計

表29 - 真の移動:加入者と市場シェア - 2004〜2010

表30 - 真の移動:携帯電話加入者とARPU(ポストペイドとプリペイド) - 2010

表31 - 真の移動:ARPU(ポストペイド、プリペイドおよびブレンド) - 2007年から2010年

5.2.3.5.3財務
真は、2009年に携帯電話事業における設備投資は2008年に同じようなレベルに維持することが示された。同時に、真のCorpが、それはおそらく、3Gライセンスの買収提案を資金援助するために追加資金を必要とし、増資を経由してTHB19.5億を調達しようとしたという。同社はその後、それが2009年にモバイルネットワークを拡大するTHB8億を投資することが示された。総投資予算のうち、THB5億は、同社の3Gネットワ​​ークとその2Gネットワ​​ークのTHB3億に充てていた。

同社のモバイルユニット真の移動は、トータルサービスの売上高の約38%を占め、THB23.6億の12ヶ月のサービス収益を(接続料を除く)掲載。その結果、両方のポストペイドの成長(9%)と非音声(13%)でサポートされている、2009年に若干上昇した。ライジングモバイルインターネットやスマートフォンの使用状況は、モバイルインターネットの売上高はほぼ倍増して、非音声収益の力強い伸びを牽引。しかし、プリペイド収益は7%減少した。

THB9億真CorpのTHB5億1200 2G基地局とHSPA基地局のロールアウトのためのTHB4億を展開するために使用されていた、2011年にネットワークの拡張に充てています。

表32 - 真の移動:非音声からの収入の割合 - 2008〜2011

5.2.3.5.4 3G戦略
ライバルとしての心のと同じフレームで、真の移動は3Gサービスの展開に尽力してきましたが、重くリソースを費やす前に、最初の選別規制やライセンスの問題を持ってすることに力を入れています。
離れてNTCは、最終的に3Gライセンス、またCATとの譲歩の条件を回避するために必要な真の移動とそれらがどのように同社の3Gビジネスの構造に影響を与える可能性のあるを発行する際の問題から。

CAT Telecom gave its approval to True Move (and DTAC) in 2008 to begin developing 3G mobile services in the 800MHz frequency band. In exchange for the approval of WCDMA/HSPA services in the 800MHz band, CAT was demanding that both mobile operators co-brand their service and revert to ‘mainly’ using CAT’s international voice gateway instead of their own facilities.

The NTC rejected CAT Telecom’s initial request to be allowed to import 3.5G HSPA equipment to upgrade existing 2.5G base stations. The NTC said CAT was seeking permission for True Move to install HSPA equipment at 650 base stations. The regulator said it needed more information from CAT on the reallocation of frequencies involved. The NTC also wanted to know whether CAT had attached any conditions that might affect the NTC’s endorsement of the request.

Later in 2008 True announced that it had initially allocated THB5 billion (US$150 million) to roll out a 3G mobile network using the 850MHz spectrum after CAT Telecom had agreed to allocate it 5MHz of bandwidth in that frequency band. True Move was planning to deploy HSPA technology to roll out a network with capacity for 1.5 million subscribers. It said it expected that commercial 3G services would be launched by the end of 2008. True Move subsequently announced plans to roll out at least 600 3G base stations making use of the 800MHz-850MHz spectrum, at a cost of over THB1 billion.

Under a contract with CAT Telecom, True committed to a total investment of THB13 billion to build 4,500 3G base stations over a three year period with 3,000 sites using CDMA technology and 1,500 sites using HSPA technology. TrueMove said it would focus on providing 2G services and conduct HSPA mobile broadband trials on 600 base stations until its concession expires in 2013. The company plans to then shift all of its customers to subsidiary Real Move, which has a 14-year contract with CAT.

As with the rest of the telecom industry in Thailand, True continued to wait on the government to announce its decision on 3G licensing.

5.2.3.5.5 PCT network
During 2000, TelecomAsia (later to become True Corp) successfully launched its PCT service in Bangkok. Based on Japan’s Personal Handy Service (PHS) standard, the network became the second largest installed base of subscribers outside Japan. The company had over 350,000 subscribers on its PCT network in 2003. True Corp said in 2004 that the monthly ARPU of the PCT service was running at THB250-300.

During 2006 the PCT service started to decline. From a high point of 440,000 subscribers, it had fallen to around 290,000 by 2007. The company responded by cutting prices. By that stage True Corp was also working on bundling its PCT service with the GSM service of its subsidiary True Move and planned to introduce a dual-mode PCT/GSM handset. The company was further considering renovating its PCT network infrastructure to provide WiFi and WiMAX services in metropolitan areas.

In early 2008 the PCT service was bundled with True Move’s mobile service. The bundling required the customer to acquire a dual-mode handset that worked on both PCT and GSM mobile systems.
Almost all PCT customers, 40% of whom were pre-teens, were based in Bangkok.

True announced in 2008 that it was aiming to maintain its PCT subscriber base at 400,000 with a monthly ARPU of THB210 (US$6.5) giving a total revenue of THB800 million, up from THB700 million in 2007. The company also aimed to upgrade its PCT network to provide WiFi and WiMAX services in 2009/10, once the NTC had issued the relevant licences. By late 2010 these licences had not been issued.

By the end of 2010 the number of PCT subscribers had dropped to just under 90,000; ARPU was running at THB160.

Table 33 – True’s PCT subscribers – 2004 - 2010

5.2.3.6 True Online

Comments