ビジネスモデル
BusinessModel

 
 

・Google (ビジネスモデルの構造図)

-------------------------------------------------------

ビジネスモデル

http://www.blwisdom.com/ikey/index.html#key6

1 ビジネスモデルのトレンド

2 ビジネスモデルとビジネスプラン

3 フィージビリティスタディ(FS)

4 ビジネス・アイデア

5 ターゲット・プロファイリング

6 ターゲット・ピラミッド(ポジショニング・マップ)

7 リドメイン、リモデル

8 ビジネス構造(ビジネス・スキーム)

1.ビジネス構造とは?

ビジネスの概要を示すもの。 そのビジネスのプレイヤーの定義、モノ・カネ・情報などの流れの全体像を 描いたものである。 顧客を起点として、ソリューションを実現するための発想で、最適なビジネス 構造を描ける事がビジネスモデル成功の必要条件となる。

1.1 ビジネス構造5つのステップ

(1)プレーヤーを決める (エンドユーザー、パートナー、自社)

(2)モノの流通構造を決める

(3)情報の流通構造を決める

(4)収益構造を考える

(5)インターフェース(接点)機能および、インターフェースを実現するシステム機能を決定する。

 エンドユーザー以外の力関係はすべて並列で考える事がふさわしい。

5つの項目のうち、(5)インターフェースは、最もオリジナリティが表れる部分である。特許の対象となるのもこの部分である。

2.実践のためのポイント

モノ・情報・カネが全体で完結していることが必要! 

全ての登場人物がWin-Winの関係になる事を目指して!

践ポイント1:ベストプラクティスを重視する!

 インターネットが当たり前に普及してる現代において、ビジネス構造自体が優位性を持つことは無いに等しい。ビジネス構造としては大きく、B2B、B2C、C2C、C2Bの4つの市場パターンで変化する。また、サービスの形態によっても変化する。自社のビジネスモデルに近いカテゴリのなかで、ベストプラクティスとなるビジネス構造を比較検討し、参考にしてみよう!

実践ポイント2:Win-Win度をチェックする!

力関係でビジネスが成り立つ時代はとっくに終わっている。お互いが幸せになれる関係を構築する必要がある。チェック項目として、

(1)収益構造

(2)情報の流通構造

(3)顧客に対しての役割・ブランドアイデンティティがあげられる。

実践ポイント3:起点はユーザー!

現在のビジネスモデルは、双方化し、複雑化している。 情報、収益すべてユーザーから得られるものである。Win-Winの関係を築くには、得た情報と収益を公平に行き渡らせる構造にしなくてはならない。 逆を返せば、顧客に対してそれぞれのパートナーが、どのような責任と役割を担っているのか、どのようにしてブランドを創り上げていくのか、についても明確にしておく必要がある。

9 ビジネスモデル・マトリックス

10 ビジネスモデル・プラットフォーム

11 ビジネスモデルコンセプト

12 ビジネスモデル・戦略体系

13 事業収支シミュレーション

14 リスクマネジメント

15 ビジネスモデル特許

-------------------------------------------------------

ビジネスモデル

www.ps.ritsumei.ac.jp/assoc/policy_science/112/11201.pdf