オークション

ネットオークションに関連した情報ページ 

・日本におけるオークションサイトの状況

・ネットオークションを利用する際の注意

・代表的なオークションサイトのURL

・オークションで儲ける

1. 日本におけるオークションサイトの状況

 日本ではYahoo!オークション(運営:ヤフージャパン 1999年9月サービス開始)が最大手のサイトとなっており、他に楽天ビッダーズなどの検索サイトオンラインショッピングサイトが独自のサービスを展開、利用者を集めている。ネットオークションサイト世界最大規模のeBay(イーベイ)も2001年に日本へ進出したが、先行していたYahoo!オークションに太刀打ちできず、不振で翌2002年3月で日本から撤退した。その後、eBayは2007年12月にYahoo!オークションと提携を行った。

近年ではKDDIauオークションを提供し、NTTドコモもオークション事業に進出するなど、携帯電話によるオークションも活発化している。ただ、携帯電話用オークション最大手のスーパーガールズオークション(略称ガルオク。ゼイヴェルが運営)で「出品されているルイ・ヴィトンの9割以上に偽造品の可能性」との指摘があるなど、ヤフーや楽天といった従来の企業に比べ運営者の管理が甘いといった問題への指摘がある。

Yahoo!オークションは利用者が多く、平均して942万件(2006年3月現在)にのぼる物品が出品されている。2002年には出品手数料及び落札手数料が導入され、2006年には出品手数料が3%から5%に引き上げられたが、それでもなお利用者は大幅には減っていない。これは、Yahoo!オークションの知名度が高く、出品者、利用者双方とも集まりやすいためといわれている。

---------------------------------------------------

2. ネットオークションを利用する際の注意

---------------------------------------------------

3. 代表的なオークションサイトのURL

・Yahoo!オークション http://auctions.yahoo.co.jp/jp/

・Bidders http://www.bidders.co.jp/index.html

・Amazonマーケットプレイス http://www.amazon.co.jp/gp/seller/sell-your-stuff.html/

----------------------------------------------------

4. オークションで儲ける

・Google (オークションで儲ける

ヤフーオークション(ヤフオク)で儲ける

・ヤフーオークション(ヤフオク)で儲ける 出品編